【街歩き雑学/旧街道と宿場町】街道整備と江戸時代の旅

旧街道と宿場町

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分20秒です。

【街歩き雑学/旧街道と宿場町】街道整備と江戸時代の旅

現在の「街道」には、およそ江戸時代までに整備された旧街道以来の由緒を持つものと、その後新たに「街道」と命名されたもの、二つのパターンがありますが、今回は「旧街道」以来の由緒を持つものについて取り上げます。

 

五畿七道から五街道へ

五畿と七道

古代の「五畿」および「七道」とは、交通路によって分けられた当時の地方区画を指します。

 

東海道 現在の茨城、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨、静岡、愛知、三重(南海道に含まれる熊野地方を除く)の各都県を合わせた地域
東山道 現在の青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島の東北6県と、栃木、群馬、長野、岐阜、滋賀の各県を合わせた地域
北陸道 現在の新潟、富山、石川、福井の各県を合わせた地域
山陽道 現在の兵庫県南部と、岡山、広島、山口の各県を合わせた地域
山陰道 現在の京都府北部と兵庫県北部および、鳥取、島根の各県を合わせた地域
南海道 現在の香川、徳島、愛媛、高知の四国4県と、三重県熊野地方、和歌山県、淡路島を合わせた地域
西海道 現在の福岡、佐賀、長崎、大分、宮崎、熊本、鹿児島の九州7県

 

道そのものというよりは、道を含む地方と言ったニュアンスに近いのが古代の「七道」ですが、当時の政治の中心地=五畿から地方へ伸びた「七道」は、それぞれ東海道、東山道(中部・東北)、北陸道、山陰道、山陽道、南海道(四国)、西海道(九州)と命名されました。

ちなみに「畿」とは、語義的には都を意味する語です。

五畿とは大和国(奈良)、山城国(京都)、摂津国(大阪・兵庫)、河内国(大阪)、和泉国(大阪)の五か国を指しますが、古代の日本では、「五畿」の外にあるエリアが、律令制の実施と共に「五畿」に紐づけられて行ったわけです。

五畿七道の制定によって、駅伝制の整備と共に通された道はもっぱら公用のため、律令制を柱とした中央集権体制を固めるために使用されました。

つまり「七道」(この場合は地方そのものではなく、中央と地方を結ぶ道のことです)はその発祥以来、時の政権と命運を共にする運命にあったのだということで、鎌倉幕府の成立以降、それでも鎌倉と京を結ぶ道として機能し続けたという東海道のような例外を除くと、多くは維持困難となって廃れていきます。

 

七道の衰退と中世の道

中世以降、律令制に紐づけられていた「七道」の代わりに栄えたのは、元々民間人が私生活で用いていた私道でした。

鎌倉・室町期には、古代の「七道」とは別に、新たに栄えることになった私道・街道で民間人の往来が急増するようになったことから、関所が多く作られます。

通行量に比例して伸びていく、関銭収入が期待できるためですね。

実際、関銭は室町幕府や守護大名、さらには荘園領主にとっての貴重な財源となっていくのですが、織田信長の経済政策では通行の利便性が重視された結果、関銭徴収目当てで激増した関所が撤廃される運びとなります。

また、かつての「七道」と入れ替わりで栄えることとなった室町時代までの道の多くは、元々の地形や自然環境を克服できないままだったという面を持っていた上、戦国期には各々の大名の勢力範囲ごとに防衛線が張られる形で領土も街道も分割され、日本全国は事実上分断状態へ向かいます。

時の権威の後ろ盾がない以上、当然の帰結だったといえる展開なのかもしれませんね。

 

江戸時代の街道整備

そんな「旧街道」の大きな転換点は、江戸時代のはじまりと共にありました。

江戸幕府の開祖である徳川家康は幕府の支配をより盤石なものとするため、数々の政策と共に五街道の整備に着手するのですが、近代以降の交通網の拡充も、この時以降に整備された街道がベースとなる形で進みます。

「七道時代の東海道」は五街道の東海道となり、「七道時代の東山道」は同じく五街道の中山道となりますが、この二つの街道の他、新たに甲州街道、日光街道、奥州街道が通され、五街道となりました。

整備された五街道は全て幕府直轄とされた上、道中奉行によって管理された街道上には、宿駅の他に改めて関所が置かれ、警備の拠点とされます。

街道の整備と同時に江戸の防備を考える必要に迫られたということで、家康は信長が撤廃した関所を再興し警備の義務を与えますが、ここに「入り鉄砲(江戸に入る武器)に出女(大名の妻=人質の逃亡防止)」に特に厳しかったと言われる、関所の厳格な取り締まりが始まりました。

五街道からは、やがて脇街道、あるいは脇往還などと呼ばれる多くの脇道が派生していくのですが、ここでいう「脇」とは「その他(=五街道以外)の道」であることを意味します。

以下、新潟へのドライブ道中で走行した、信州街道・草津道・草津街道の例で見てみます。

 

信州街道・草津道・草津街道

現在の草津街道=国道406号線は、かつては信州街道と呼ばれていました。

旧信州街道は、旧中山道の宿場町・高崎宿から分岐した脇街道にあたりますが、かつての草津道自体も、元々は旧信州街道の脇街道として整備されます。

中山道の脇街道にあたるのが旧信州街道で、旧信州街道の脇街道にあたるのが草津道だという関係にありますが、例えば江戸(日本橋)から草津へ湯治に行くなどという場合、中山道の旧高崎宿、さらには旧信州街道の須賀尾宿(後述)で、進む街道を変更する必要がありました。

高崎宿や須賀尾宿は鉄道でいうところの乗換駅にあたりますが、江戸・日本橋から中山道で高崎宿まで出て、高崎宿からは信州街道沿いに須賀尾宿まで、須賀尾宿から先は草津道で草津を目指す、といった形の行程になります。

 

信州街道と草津道

国道406号線=「草津街道」を高崎発の目線で見た場合、高崎市内で国道18号線との分岐があります(下図中央やや右側)。

地図のほぼ中央を走る国道18号線が旧五街道の中山道ルート、中山道の脇街道にあたる旧信州街道=「草津街道」=国道406号線は、地図上を北西に向かって伸びています。

その406号線上で草津を目指す道、現在であれば草津街道ですが、かつては、現在も跡を残す旧須賀尾宿を分岐点として、草津道が整備されていました。

上記の地図でいうと、草津街道・草津道共、左斜め上方向に位置します。

 

信州街道・須賀尾宿:草津道への分岐点

須賀尾宿は、17世紀初頭(1624年)に出来た旧信州街道沿いの宿場町です。

幕末の侠客であった国定忠治が関所破りをし、かつ処刑されて最期を迎えたという曰くのある大戸関所跡も同じ通り沿いにありますが、関所跡あり、宿場町跡あり、「草津街道」上でも近世以来の街道だったことを思わせる雰囲気を持っているのが、旧須賀尾宿一帯です。

ちなみにグーグルマップの写真で道路の両サイドに小さく写っている木製の看板は、かつての旅籠や商家の屋号と思しきものが書かれた木看板です。道沿い=かつての街道沿い宿場町のいたるところにかけられています。

 

草津街道

そんなかつての宿場町一帯を含む、旧信州街道沿いを過ぎ、現代の草津道=草津街道へ。須賀尾宿一帯を通過すると、時に道幅が狭くなり、カーブの連続になりという形で草津へと向かいます。

草津街道上、草津への道の丁度中盤あたりの山道です。

道沿いに街灯はほぼなく、道の横を見ればかなり奥の方まで見渡せる森、マップは晴天時のものですが、いかにも山の中に切り開かれた道といった風情を持っています。残念ながらこの道がそのまま昔の草津道だったということではなさそうなのですが、どこか時代小説の中の風景を思わせるような道でもありますね。

 

江戸社会の旅と聖地巡礼

そんな感じで、後の五街道につながる道が改めて整備されていったのが室町時代の話し、五街道からさらに幾つもの道が伸びる形で国内の交通網が整備されていったのが、江戸時代以降の話しです。

お伊勢参り、金比羅参り、富士山や大山(丹沢)などの霊山巡礼、江戸見物や上方(主に京都)見物、善光寺詣で、厳島参拝等々。民間信仰に基づいた聖地巡礼が江戸時代後半にかけて盛んとなったのも、結果として安定に向かった江戸時代の政情や、整備された街道の賜物だといえる面を持っています。

「巡礼」は、10年・20年に一度、あるいは生涯に一度の非日常経験でもあったようですが、出発の前後が日常の民間信仰と結びつけられた旅=伊勢参りは、旅のメインである伊勢参拝時の待遇が豪華なら食事もまた豪勢だということで、一生ものの思い出になったといわれています。

一般的な教科書イメージ(?)とは裏腹に、当時の人たちは当時の人たちなりに楽しくやっていた様子をうかがい知ることが出来るようですね。

横浜出身・在住。現在、主に横浜(みなとみらい線沿線中心)の街歩きガイド記事を書いています。鎌倉・江ノ電沿線街歩きや箱根エリアの他国内小旅行記事をはじめ、その他の話題もボチボチ。サイトへのご意見・ご感想等々は、お手数ですがPCからお願いします。

けんいちをフォローする
旧街道と宿場町街歩き雑学
けんいちをフォローする
みなとみらい線沿線街歩き + 小旅行&Indoor Life
タイトルとURLをコピーしました