【ブックレビュー/実務】池田純『空気のつくり方』(幻冬舎、2016年)

blog

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分13秒です。

【ブックレビュー/実務】池田純『空気のつくり方』(幻冬舎、2016年)

ベイスターズの前球団社長・池田純さんの著書です。

DeNAによる球団買収から始まり、「キヨシ」「ラミちゃん」両監督が盛り立てた、新生ベイスターズの内側部分が解説されています。

そもそも万年Bクラスなどといわれることが多かったホエールズ・ベイスターズの歴史にあっても、DeNAが買収した当時(00年代中盤以降の10年程度)のチーム状況は特にひどいものでした。

試合内容や対戦成績、その結果の順位自体もさることながら、生え抜き選手が自チームに対して言いたい放題だったり、移籍選手が悪い意味での衝撃を受けることが割とあるあるだった、畜生なのはチームを露骨に批判する選手なのか、それともその状況を良しとする「誰か」「何か」なのか。

そんな混とんとした議論がチームを取り巻く中、決定打として出てきたのが賛否両論あったDeNAによる球団買収劇でした。

世論が醸す買収評としては、賛否両論とはいえどちらかというと「否」の方が強めだった記憶もあるのですが(新興IT企業に対するステレオタイプ的な不信感が醸した評ですね)、『空気のつくり方』では、買収成立後のベイスターズをいかに作りこんでいくか、いかに売り込んでいくかというプランや実際の売り込み方について、全編通じてシンプルに面白く、かつカッコ良くまとめられています。

無駄なべたつき、必要以上のぎらつきも皆無で、引き締めるべきところが引き締められているという、爽やかなカッコよさがあります。どこか生臭い地方都市・横浜を客観的に分析している点や、その分析が的を射ている点、その上で感じるチーム愛や郷土愛も好印象でした。

横浜出身・在住。現在、主に横浜(みなとみらい線沿線中心)の街歩きガイド記事を書いています。鎌倉・江ノ電沿線街歩きや箱根エリアの他国内小旅行記事をはじめ、その他の話題もボチボチ。サイトへのご意見・ご感想等々は、お手数ですがPCからお願いします。

けんいちをフォローする
blogブックレビュー横浜街歩き
けんいちをフォローする
みなとみらい線沿線街歩き + 小旅行&Indoor Life
タイトルとURLをコピーしました