【ネット/PC/SNS】巣ごもり生活とスマートスピーカー

ネット/PC/SNS

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分50秒です。

【ネット/PC/SNS】巣ごもり生活とスマートスピーカー

IoT、スマート〇〇

特にここ数年、スマートフォンとかスマートウォッチとか、スマートテレビ、スマートグラス(メガネ)、スマートリング(指輪)、スマート洗濯機、果てはスマートIC(インターチェンジ)、スマートシティ(都市一般)にいたるまで、やたらと「スマート〇〇」(高性能化した〇〇、位の意)という「モノ」、あるいは「モノの集合体」の露出が増えてきた印象がありました。

ガラケーが国内市場から駆逐されて久しい昨今、スマートフォン=スマホについてはさすがに今更感がありますが、概して、そのスマホに続く各種ツールの進展が著しい感じですね。

そんなスマート〇〇の普及ですが、いわゆるIoT=”Internet of Things”(『モノ』のインターネット)の進化と共にあります、なんて言い方もできるかもしれません。

IoT=”ThingsのInternet”をもう少し砕いて言うと、「通信に必要なコンピュータやソフトウエア等が組み込まれた『モノ』が形成している」インターネット通信の世界を指します。

モノとモノがネットを通じて繋がっている、だから人がそこに介入することによって、『モノ』をネット上で管理できるのだ、どうだすごいだろう? ということですね。

ネットを通じて管理できる状態にある『モノ』がIoTの構成物となっているということで、一例として最近の家電であれば、「スマホで操作できる家電」もIoTを形成しています。

スマホも家電も、どちらもIoTのいうところの『モノ』に該当するためですが、IoTの概念が現実化することによって、身近にある『モノ』をネットで管理することが出来る状態がもたらされます。

結果、IoTの実用化は必然的にスマート〇〇を生み出すと同時に進化をもたらすことになり、反対にスマート〇〇の進化によって、IoTはさらに使い勝手のいいものになっていくわけです。

そんなこんなで、一昔前の近未来観満載ともいえるその利点だけを追えば、ただひたすら便利なIoTなのですが、一面において「オール電化」的なメンテナンスと表裏一体の関係が要求される(電気が使えなくなると全てが終わってしまう!)ことから、IoT一辺倒になることについてはその致命的な脆さ危うさを指摘する声もなくはないです。

オール電化の脆さについては、特に東日本大震災の直後、しばしば巷で取り上げられた話題でもありましたが、通常利用においてはそれでも便利さの方が先に立ってしまうということで重宝され、普及も加速しているという現実があるんですね。

 

スマートスピーカー/スマートディスプレイ

スピーカーが”スマート”であるとは?

そんなIoT、スマート〇〇の中で、スマートウォッチと並んで個人的に気になっていたのが、スマートスピーカーでした。

いわゆる「スマート〇〇」の文脈から最大公約数的な部分を当てはめるのであれば、スマートスピーカーとはすなわち「ネットにつながれた高性能スピーカー」であることを意味しますが、高性能とはこの場合「多機能である」ことを意味します。

「高音質」ではなくて「高性能」=「多機能」であることが前面に出されているスピーカーだということが、この場合のセールスポイントですね。

有名どころ(一般的な売れ線)だと、Googleの”Google Nest hub“、AmazonのEcho ShowEcho Dot、appleのHomePodあたりですが、「めちゃくちゃいい音」ではなく「そこそこいい音」で聞けるという前提下、どんな音を聞けるのか、単純に音を出す以外に何が出来るのか、といったあたりで「非スマート」スピーカーとの差別化が図られているようなところがあります。

ちなみに、例えば音響機器メーカーのBOSEでは、双方(音質+操作性等)を追求したようなスマートスピーカーを販売していますが、やはりお値段もそれなりです。

スマートスピーカーの世界で「スピーカーとしての極」を追求すれば、やはりどうしてもそうなってしまう部分が出てくるでしょうが、音響機器としての本質を追求しつつ多機能・高機能の極をも模索するというような「超・意識の高い世界」を望むのでなければ、通常は「音の分を機能に」となってしまうところが目下のスマートスピーカーの現実でもあります。

スマートスピーカーが出す音がいい音か悪い音かと問われれば、いい音であることに違いはなく、スピーカーとしても性能の高い部類に入ることが多いのではないかと思えるのですが、ではそれが値段分の音かと問われると、そこで若干疑問符が付くには付く(こともある)、という感じですね。

 

スマートスピーカーの向き不向き

昔ながらのオーディオ製品のように「まず第一に音質を重視した結果を製品に反映させる」という形の商品化であれば、「値段相応の音が追求出来ているかどうか」という形でその製品に対する万人共通の指標を設定しやすい(そしてその部分のみで評価しやすい)のですが、スマートスピーカー/ディスプレイの場合、その位置づけ的に音以外にもセールスポイントがあるのが常です。

これってつまりは、かつてSonyがウォークマンでやった、あるいはAppleがiPhoneでやったことのように、スマートスピーカー、あるいはスマートディスプレイを通じ、ライフスタイルそのものに切り込んできているということでもあるので、本当に機能分すごいものだと思えるかどうかは、恐らく人によってくる部分が多々あります。

極論すると、スマートスピーカー、あるいはスマートディスプレイのいう「スマート」部分は、必ずしも現時点で万人に必要なものではないようにも思えるんですね。

これを便利だと感じるタイプとそうでないタイプ、割とハッキリ分かれてくる気がするんです。

ちなみにGoogle Nest hubやEcho Showなど、機器がディスプレイを搭載しているタイプのものは、スマートスピーカーではなくスマートディスプレイと呼ばれますが、スピーカー機能をメインで使うことも出来る上、機能自体もスピーカーに寄せられているため(個人的にも、ディスプレイの付いたスマートスピーカーとして使っています)、しばしば「スピーカー」に分類されます。

スピーカーやディスプレイの「スマート」化とは、概ね、音源周りのことを色々やってくれる(色々な曲を聞かせてくれる)、簡単な調べものもお願いすることが出来る(天気、レシピ、ニュース等々)、さらに+αの遊び心を持っているという類の「高性能」化なので、それを特に必要としないタイプのユーザーにとっては、値段分のありがたみは感じないかもしれません。

ちなみに値段的には、スマートスピーカーであれば4000円、スマートディスプレイであれば1万5千円が一つの基準です。あくまでざっくりですが、これ以上の値段であれば、それぞれそれなりに高性能の製品を購入することが可能となります。

いわゆる「スマート」の類ではない、「PCでも使えるアクティブ(=アンプ内蔵型)スピーカー」に4000円かければかなり高音質のスピーカーを選ぶことが出来ますし、1万5千円かけることが出来るのであれば、メーカーによってはハイエンドモデルを購入することもできるでしょう。

そこをスマートスピーカー/ディスプレイの比較対象とするのであれば、決して安い買い物ではなさそうにも思えてきます。

反対に、音にそこまでうるさい拘りはない(ある程度粒がそろっていて、メリハリが効いていればそれでOK!)、その分を便利機能に回してくれたらありがたい(操作性と遊び心重視!)と感じるような場合、あるいはこの価格設定を安く感じるなんてことも、あるかもしれません。

人それぞれ、スマートスピーカー/ディスプレイとの相性も異なる部分が多々あることかと思いますが、とりあえず個人的には、今のところぼちぼち満足しながら使えています。

また、購入前に持っていたイメージが、購入後若干変わったことも確かです。

ということで、次回の【ネット/PC/SNS】カテゴリの記事では、スマートディスプレイを実際に使ってみた結果、「個人的に特に重宝している」という機能を5つほどまとめてみます。

横浜出身・在住。現在、主に横浜(みなとみらい線沿線中心)の街歩きガイド記事を書いています。鎌倉・江ノ電沿線街歩きや箱根エリアの他国内小旅行記事をはじめ、その他の話題もボチボチ。サイトへのご意見・ご感想等々は、お手数ですがPCからお願いします。

けんいちをフォローする
ネット/PC/SNS
けんいちをフォローする
みなとみらい線沿線街歩き + 小旅行&Indoor Life
タイトルとURLをコピーしました