開港都市めぐり

スポンサーリンク
00年代の函館

【00年代の函館 その15】箱館丸(日本初の洋式商用帆船)

【00年代の函館 その15】箱館丸(日本初の洋式商用帆船) 箱館丸 箱館丸(函館市公式観光情報 "箱館丸")は、幕末(安政4年=1857年)に建造された、日本初の洋式商用帆船です(重さ56トン、長さは30メートル)。 日米...
00年代の函館

【00年代の函館 その14】函館市青函連絡船記念館・摩周丸(JR函館駅、函館朝市傍)

【00年代の函館 その14】函館市青函連絡船記念館・摩周丸(JR函館駅、函館朝市傍) 青函連絡船記念館・摩周丸 摩周丸(函館市青函連絡船記念館摩周丸公式サイト)は、かつて青函連絡船在りし日に青森・函館間を結んでいた連絡船です。青...
00年代の函館

【00年代の函館 その13】天下の号外屋翁の墓他(函館市船見町)

【00年代の函館 その13】天下の号外屋翁の墓他(函館市船見町) 函館市内の墓所 "天下の号外屋翁"こと信濃助治さんのお墓は、函館市のほぼ西端、基坂や金森赤レンガ倉庫などがある函館観光の中心部からもそう遠くないところ(函館市船見...
00年代の函館

【00年代の函館 その12】鯨族供養塔(函館市内、千歳坂沿い)

【00年代の函館 その12】鯨族供養塔(函館市内、千歳坂沿い) 鯨族供養塔 鯨族供養塔(函館市公式観光情報 "鯨族供養塔")は、食用や油の採取を目的に捕えられた鯨(くじら)の供養のために作られた供養塔です。 基坂や金森赤レ...
00年代の函館

【00年代の函館 その11】新島襄海外渡航の地

【00年代の函館 その11】新島襄海外渡航の地 新島襄海外渡航の地 新島襄海外渡航の地(函館市公式観光情報 "新島襄海外渡航の地碑")は、アメリカへの密航(当時は幕府によって海外渡航が禁じられていました)を企てた新島襄が、アメリ...
00年代の函館

【00年代の函館 その10】北海道第一歩の地碑

【00年代の函館 その10】北海道第一歩の地碑 北海道第一歩の地碑 北海道第一歩の地碑(函館市公式観光情報 "北海道第一歩の地碑")は、明治6年に函館と青森、安渡(大湊)間に青函連絡船の定期航路が就航して以来、北海道の入り口とな...
国内港町めぐり

【00年代の函館 その9】函館ハリストス正教会・函館聖ヨハネ教会・トラピスチヌ修道院

【00年代の函館 その9】函館ハリストス正教会・函館聖ヨハネ教会・トラピスチヌ修道院 函館市内のキリスト教系施設 幕末の動乱の足跡同様、函館市内で目立つのがキリスト教関連の施設です。 "教会のある港町"は開港都市(函館の他横浜、長...
国内港町めぐり

【00年代の函館 その8】石川啄木と立待岬

【00年代の函館 その8】石川啄木と立待岬 居住地跡と一族のお墓 函館縁の人物の一人に、明治の世を生きた歌人である石川啄木がいます。 岩手県出身の石川啄木と函館の縁は、函館市中が大火に見舞われた不運などもあって、明治40年の5月か...
開港都市めぐり

【00年代の函館 その7】護国神社坂

【00年代の函館 その7】護国神社坂 高田屋嘉兵衛像 護国神社坂の起点に立つのは、江戸時代後期の豪商・高田屋嘉兵衛の銅像です。 像が右手に持つのは松前奉行からの諭書(ゆしょ)、左手に持つのは正装に着替えた際に脱いだ衣装だと...
"聖地"探訪

【00年代の函館 その6】土方歳三と五稜郭、戊辰戦争

【00年代の函館 その6】土方歳三と五稜郭、戊辰戦争 土方歳三最期の地/五稜郭 "土方歳三の最期の地"(函館市公式観光情報 "土方歳三最期の地碑")付近に置かれていた、雪の季節の土方歳三像です。かつて土方歳三の像は外に出されてい...
国内港町めぐり

【00年代の函館 その5】函館山 -百万ドルの夜景 –

【00年代の函館 その5】函館山 -百万ドルの夜景 - 函館山の山頂へ 函館山と夜景 函館山(北海道公式観光サイト "函館山")から望める夜景は、イタリアのナポリ(ポジリポの丘)や香港(ヴィクトリア・ピーク=太平山)の夜景と共に"世界...
00年代の函館

【00年代の函館 その4】金森赤レンガ倉庫(西波止場傍)

【00年代の函館 その4】金森赤レンガ倉庫(西波止場傍) 金森赤レンガ倉庫 金森赤レンガ倉庫の歴史 金森赤レンガ倉庫は、明治2年に開業した舶来雑貨等の販売店である、金森洋物店(函館市公式観光情報 "旧金森洋物店")にその起源が...
国内港町めぐり

【開港都市・新潟の風景】旧第四銀行住吉町支店

【開港都市・新潟の風景】旧第四銀行住吉町支店 旧第四銀行住吉町支店 ロケーション 信濃川河口付近の左岸に位置するみなとぴあ=新潟市歴史博物館の周辺には、旧新潟税関庁舎や荷揚げ場、保税倉庫など開港当時を思わせるような施設がいくつか残され...
国内港町めぐり

【開港都市・新潟の風景】荷揚げ場と石倉(保税倉庫)

【開港都市・新潟の風景】荷揚げ場と石倉(保税倉庫) 旧新潟税関庁舎と荷揚げ場、石倉(保税倉庫) 新潟税関庁舎と荷揚げ場 1869年(明治2年)に新潟運上所として竣工し、やがて1873年(明治6年)に新潟税関と名を変えた旧・新潟...
国内港町めぐり

【開港都市・新潟の風景】旧新潟税関庁舎

【開港都市・新潟の風景】旧新潟税関庁舎 旧新潟税関庁舎 みなとぴあと新潟港 みなとぴあ=新潟市歴史博物館の敷地内には、現在も開港5港の一港である新潟港を思わせる施設がいくつか残されています。 周辺図を見ると、信濃川沿いで...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました