三渓園と本牧エリア

三渓園と本牧エリア

【街歩きと横浜史】三渓園 -旧燈明寺三重塔-

【街歩きと横浜史】三渓園 -旧燈明寺三重塔- 旧燈明寺三重塔 出世観音前から、さらに少し歩いて三重塔へ。 三渓園のシンボルともいえる三重塔は、大正3年(1914年)、京都の燈明寺から移築されました。 築年は1...
三渓園と本牧エリア

【街歩きと横浜史】三渓園 -松風閣(展望台)と出世観音-

【街歩きと横浜史】三渓園 -松風閣(展望台)と出世観音- 松風閣(展望台) 三渓記念館や原善三郎像の案内などがある大池のほとりから始まる上り坂を登り、 最初の分岐を右側に進むと、展望台である松風閣へつながります。 一...
三渓園と本牧エリア

【街歩きと横浜史】三渓園 -聴秋閣-

【街歩きと横浜史】三渓園 -聴秋閣- 聴秋閣 月華殿からの下り坂道に並行して流れる小川の先に位置しているのが、 現在、国指定の重要文化財となっている、聴秋閣です。 三渓園に正門から入った場合、月華殿や天授院等と並んで...
三渓園と本牧エリア

【街歩きと横浜史】三渓園 -月華殿、天授院、金毛窟、春草廬-

【街歩きと横浜史】三渓園 -月華殿、天授院、金毛窟、春草廬- 月華殿 三渓園の内苑地区に移築された重要文化財、月華殿への上り階段です。 階段途中から、臨春閣の向こうには園内のシンボルである三重塔が見えたりもしますが、 ...
三渓園と本牧エリア

【街歩きと横浜史】三渓園 -亭榭(ていしゃ)-

【街歩きと横浜史】三渓園 -亭榭(ていしゃ)- 臨春閣と亭榭 小さい池の向こうに臨春閣を望める位置にかけられた橋である亭榭(ていしゃ)は、 そのすぐ傍にある重要文化財・旧天瑞寺寿塔覆堂に合わせたものだと思われます。 ...
三渓園と本牧エリア

【街歩きと横浜史】三渓園 -臨春閣と身代わり灯篭-

【街歩きと横浜史】三渓園・内苑地区 -臨春閣と身代わり灯篭- 臨春閣 三渓園の内苑地区で最初に目に入るのは、 大正6年(1917年)、三渓園に移築された国指定重要文化財・臨春閣です。 三渓園の内苑地区に移築さ...
三渓園と本牧エリア

【街歩きと横浜史】三渓園 -三渓記念館と御門-

【街歩きと横浜史】三渓園 -三渓記念館と御門- 三渓記念館 三渓記念館(公式サイト)は、三渓園の園内中央部、内苑地区入り口付近に設けられた施設です。 お土産品が購入できるほか、抹茶を楽しむことが出来ます。 ...
三渓園と本牧エリア

【横浜街歩き/元町・中華街エリア】横浜港シンボルタワー

【横浜街歩き/元町・中華街エリア】横浜港シンボルタワー about シンボルタワー 横浜港シンボルタワーは、1986年(昭和61年)7月、本牧ふ頭の先端に位置するD突堤に開業した、海上保安庁・第三管区海上保安本部管轄下にある信号所です。...
みなとみらい線沿線の四季

【港町の四季】三渓園の秋

【港町の四季】三渓園の秋 内苑地区 気がつけば秋もそろそろ終わりですねということで、晩秋の三渓園まで行ってきました。 入ってすぐに望める大池に浮かぶ木造の船の他、 園内は正面に広く視界が開け、ほぼ360度の緑...
三渓園と本牧エリア

【港町の日常】ほんのちょっとだけ懐かしい本牧エリア

【港町の日常】ほんのちょっとだけ懐かしい本牧エリア ということで、先日懐かし写真をあげてみたら、少しだけフォルダ回顧が捗ってしまって、またまた懐かしい写真を見つけました。 在りし日の、というよりは最末期のマイカル5番街、右側...
みなとみらい線沿線の四季

【春の横浜】本牧通りの夜桜

【春の横浜】本牧通りの夜桜 今年の桜開花からはや十日程度。いよいよこれから桜が見ごろを迎えますが、気分的にはその前夜祭的な感じで、みなとみらい線沿線のめぼしいところを見て回ってきました。 もちろんすべてのスポットを回ったわけではない...
三渓園と本牧エリア

【街歩きと横浜史】三渓園

【街歩きと横浜史】三渓園 about 三渓園 本牧地区と三渓園 横浜を代表する日本庭園である三渓園は、生糸貿易で財を成した原家によって、明治39年に本牧の地に開園されました。ちなみに三渓園が公園名に冠している「三渓」とは、三渓...
タイトルとURLをコピーしました