【横浜観光FAQ】山手本通り観光と公園・庭園・西洋館

横浜観光FAQ

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分1秒です。

【横浜観光FAQ】山手本通り観光と公園・庭園・西洋館

横浜の山手といえばここ!

横浜港を見下ろす丘の上で東西に広がる山手町の、特に西側を横断するように通された上下二車線のバス通りが山手本通りです。

みなとみらい線であれば元町・中華街駅が、JR根岸線であれば石川町駅が、それぞれ山手本通りへの最寄り駅となりますが、元町・中華街駅からであれば山手本通りの東側から、JR石川町駅からであれば山手本通りの西側から、それぞれ通りに入ることになります。

その際、元町中華街駅経由の場合はアメリカ山公園もしくは谷戸坂から、JR石川町駅経由の場合は大丸谷坂もしくはフェリス坂から、それぞれ山手本通りへと入るのが最短ルートです。

外国人居留地として拓かれたことが近代化のスタートとなったという歴史からか、イメージ的には敷居の高さを感じさせる雰囲気が付きまといがちですが、観光地としての横浜・山手はどちらかといえば地味な部類に入り、強烈なインパクトというよりは静的な癒しを与えてくれるスポットであることが魅力です。

 

見どころは西洋館、公園・庭園、四季の風景

横浜山手の山手本通りで楽しめるのは、ざっくり言うと公園めぐりと西洋館めぐりの二つです。

この二通りの楽しみ方を中心とした山手本通り観光での街歩きでは、写真や絵などを目的にするとより充実するという側面がありますが、山手本通り歩きのルートについては、石川町駅から本牧通りから元町中華街駅からという、それぞれ3通りのルートがあります。

いずれかのルートから山手本通りへ入り、公園や西洋館を転々とするわけですね。

公園や西洋館をめぐるためには山手本通りを歩く必要がある、結果、通りを歩いているときに楽しい気分が継続することもあるといった意味では「山手本通り歩き」自体に魅力が宿ることもあるかもしれませんが、車道は上下二車線、その両端に造られた歩道にしてもそれほど広くはないため(どちらかというと狭い部類に属するため)、あまりゆったり歩けるような通りでもありません。

そこが少々残念な点ではありますが、次に各目的地(公園や西洋館)自体はどうか。

港の見える丘公園やイタリア山庭園では春秋に楽しめるバラが名物となっている他、山手本通りの所々では桜や紅葉、新緑の季節の緑も楽しめる、さらに秋の終わりから年末にかけてはハロウィンイベント・クリスマスイベントも用意されているので、四季を満遍なく楽しめることも魅力です。

例外として、例えば山手資料館(公式Facebook、じゃらん”山手資料館“)入館に入館料が必要となる他、港の見える丘公園・元町公園・山手公園・イタリア山庭園内の一部施設では使用料が必要ですが、山手本通り沿いの西洋館は、原則として無料で見て回ることが出来るのも魅力のうちです。

観光地としての横浜山手にどこか地味さを感じるのは、恐らく「西洋館の入館料が原則無料」であることによってサービスが簡素化されていることとも無関係ではないのでしょうが、無料=完全放置ではありません。

通常時であれば月一開催される館内ガイドや、季節ごとに開催される西洋館の飾りつけイベントなど、西洋館や季節に華を添えるイベントが用意されていますが、以下、簡単に山手本通り沿いの公園と庭園についてまとめます。

 

山手本通り沿いの公園・庭園と西洋館

数もそれなり、公園間の距離の総和もそれなりですが、一度に全て周れないこともありません。

ということで、1.一度に全部回ることそれ自体を目標にするか、2.「これ!」という公園・庭園に的を絞って回ることを目標にするか、どちらかへ固定することがお勧めです。

 

アメリカ山公園

【横浜山手の公園】アメリカ山公園
【横浜山手の公園】アメリカ山公園 アメリカ山公園の沿革 元町中華街駅のビル屋上に位置し、山手本通り方面へのショートカットルートになっている公園がアメリカ山公園です。 駅から公園へは、改札奥にあるエスカレーター、もしくはエレベーター...

元町・中華街駅の屋上に位置しているのがアメリカ山公園です。谷戸坂やフランス山地区を登るコースを選択しない限り、「元町中華街駅からの山手本通り歩き」にあたって、最初の通過ポイントとなる公園です。

 

港の見える丘公園

港の見える丘公園 | みなとみらい線沿線街歩き + 小旅行&Indoor Life
みなとみらい線沿線,outdoor & indoor

アメリカ山公園開園以前、みなとみらい線・元町中華街駅最寄りの公園だった港の見える丘公園は、山手本通りの西端に位置します。

公園内に山手111番館横浜市イギリス館の二つの西洋館があることや、横浜港を見渡せる展望台があることから、季節や時間帯によって様々な表情を見せてくれることが魅力です。

山手本通り沿い、港の見える丘公園・元町公園間には、横浜外国人墓地があります。

 

元町公園

元町公園 | みなとみらい線沿線街歩き + 小旅行&Indoor Life
みなとみらい線沿線,outdoor & indoor

山手の丘の斜面に沿って作られた公園が元町公園です。実は結構大きかったりします。

山手本通り沿いということでは、春の桜、初夏のアジサイ、秋の桜紅葉が魅力の公園です。

公園内にエリスマン邸と山手80番館遺構が、山手本通りの向かいに山手234番館が、公園隣にベーリックホールがあるという、西洋館の密集地を有する公園でもあります。かつて関東大震災以前は、現在の元町公園の山手本通り沿い付近が外国人居留地の中心地でもあったようです。

 

元町百段公園

【横浜山手の公園】元町百段公園
【横浜山手の公園】元町百段公園 about "百段公園" 代官坂の途中から伸びた高田坂を上った時、その道なり右側に出てくる公園が、元町百段公園です。 初めから公園の由緒や存在を知っている人があえて目的地にすることが多いとい...

かつて元町商店街と外国人居留地(現・山手町)を結んでいたという「元町百段」の名を冠す、1980年代に造られた公園が元町百段公園です。

元町商店街から山手本通りに向かって延びた代官坂沿いから派生する、高田坂を登った先に位置しますが、山手本通り沿いからは少し距離があります。

 

山手公園

山手公園 | みなとみらい線沿線街歩き + 小旅行&Indoor Life
みなとみらい線沿線,outdoor & indoor

カトリック山手教会傍にある”山手公園北側入り口”交差点を下っていった先にある、日本で初めてテニスがプレイされた、日本初の洋式公園が山手公園です。公園内にはテニスコートやテニス発祥記念館、旧山手68番館などがあります。

 

イタリア山庭園

【横浜山手の公園】イタリア山庭園
【横浜山手の公園】イタリア山庭園 about イタリア山庭園 かつて(1880年~1886年)この地にイタリア領事館が置かれたことに因んで「イタリア山庭園」と名づけられた庭園には、外交官の家、ブラフ18番館、二軒の西洋館が建てられていま...

イタリア山庭園は、山手本通りから脇道に沿って少し進んだところに位置している庭園です。石川町駅側から、山手本通り側からと二つの入り口があって、庭園内には外交官の家、ブラフ18番館という二軒の西洋館があります。

 

アクセス

タイトルとURLをコピーしました