【横浜の夜景/日本大通りエリア】夜の山下臨港線プロムナード

開港広場一帯

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分55秒です。

【横浜の夜景/日本大通りエリア】夜の山下臨港線プロムナード

プロムナードからの夜景

廃線跡を遊歩道として観光利用しているのが、赤レンガ前から象の鼻エリアを経由する形で山下公園端まで続く、山下臨港線プロムナードです。

【横浜街歩き/日本大通り(県庁・大さん橋)エリア】山下臨港線プロムナード
【横浜街歩き/日本大通り(県庁・大さん橋)エリア】山下臨港線プロムナード 山下臨港線プロムナードは、廃線(山下臨港線)跡を利用する形で2002年に開通した、高架の歩道橋です。基となった廃線・山下臨港線自体は、1960年代に旧横浜港駅(赤レ...

かつての山下臨港線は、新港ふ頭から山下公園方面に向かって延びた路線だったのだということで、やはり、みなとみらい線沿線の夜景スポットの中では外せないエリアになっています。

山下公園側から入った場合、丁度日本大通り象の鼻(港部分)の間を歩いて進むことになるのですが、遊歩道沿い陸側には夕闇に溶け込み始めた神奈川県庁や、

日本大通り方面(日本大通りのつきあたりにはハマスタの照明が見えています)、

さらには”クイーンの塔”こと横浜税関が、

同じく遊歩道沿い海側には、みなとみらいの高層ビル群やコスモワールドの大観覧車、赤レンガ倉庫などが、それぞれ望めます。

山下臨港線プロムナード真下、象の鼻エリアの端から見るとよくわかるのですが、

「プロムナード」は横浜税関横を通って新港ふ頭方向へ、最終的に象の鼻パークの真横、赤レンガ倉庫の手前辺りまで続きます。

ちなみにここは、山下公園側から象の鼻エリアに入ってほぼすぐのところにあたるのですが、インスタ等では昼夜問わず「映える」定番スポットとして有名なところです。

もちろん、象の鼻は単体でも由緒ある人気スポットなのですが、強いてここがということでは、写真右手に写っているアパレルのセレクトショップ”Blue Blue Yokohama“の外観がウケていることが挙げられます。特に、象の鼻に面した部分の壁面部が持つ、ストリート風の爽やかなおしゃれっぽさが人気のようです。

象の鼻の風景に加わるアクセントとしての+αに、「海の傍」や「倉庫風」を意識したような店構えが、うまいこと合致している感じですね。

すぐ隣にあるのが開港以来の港である象の鼻であることを加味したとしても、景観的には申し分ないものでしょう。

ということで、山下公園や日本大通り側から入った場合、象の鼻エリアを歩いたとしても、プロムナードを歩いたとしても、いずれにしても映えスポットを起点として夜景が華やかな一帯に向かって進んでいくことになるのですが、プロムナードは象の鼻エリアの真上に通されています。

開港当初の貿易港として栄えた一帯には、今でも観光船用の港があるので、海はすぐ傍。

遠景にはもちろん大さん橋やベイブリッジが望めますが、

プロムナードを歩ききったあたり、進行方向右手(写真左手)には象の鼻パークへの入り口が、進行方向左手(写真右手)を走る道路の向こう側には横浜税関が、それぞれ位置しています。

ここより先、プロムナードから延びた道は新港ふ頭へと入りますが、

日本大通りエリアと新港ふ頭を結ぶのは、新港橋梁(あるいは単に新港橋)と呼ばれる鉄橋です。

ここもかつての山下臨港線の路線跡で、現在は横浜市認定歴史的建造物に指定されています。

赤レンガ倉庫(FAQ)、赤レンガパークは(日本大通り方面→馬車道方面と進んだ場合の)進行方向右側に、新港中央広場汽車道、コスモワールド等は左側に、それぞれ位置しています。

「みなと横浜・街歩き」的には、他の臨海部の観光スポット同様、やはり昼夜を問わず楽しめるのが山下臨港線プロムナードの魅力です。日中の街歩きにもおすすめですが、徐々に陽が落ちてくるあたりからの風景にも、また一流の魅力が宿ります。

山下臨港線プロムナード | みなとみらい線沿線街歩き + 小旅行&Indoor Life
みなとみらい線沿線,outdoor & indoor

 

アクセス

横浜出身・在住。現在、主に横浜(みなとみらい線沿線中心)の街歩きガイド記事を書いています。鎌倉・江ノ電沿線街歩きや箱根エリアの他国内小旅行記事をはじめ、その他の話題もボチボチ。サイトへのご意見・ご感想等々は、お手数ですがPCからお願いします。

けんいちをフォローする
開港広場一帯新港地区横浜の夜景
けんいちをフォローする
みなとみらい線沿線街歩き + 小旅行&Indoor Life
タイトルとURLをコピーしました