スポンサーリンク

【横浜街歩き】みなとみらい線全駅紹介/公式サイト他一覧

横浜観光FAQ

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分27秒です。

【横浜街歩き】みなとみらい線全駅紹介/公式サイト他一覧

みなとみらい線全駅紹介

元町・中華街(山下公園)駅

元町中華街駅公式サイト)はみなとみらい線の終着駅かつ始発駅で、ホームは地下四階にあります。正式名称は”元町・中華街(山下公園)駅”です。

駅構内は、モノトーン調の壁面に、かつての横浜の様子が写された写真が描かれています。

出口は大きく二方向、元町商店街傍に出るか、中華街山下公園の傍に出るかという分かれ方になっていますが、元町側に出る場合は車両前方に、中華街・山下公園側に出る場合は車両中盤より後ろに乗車しておくと、改札が近くなります。

 

日本大通り(県庁・大さん橋)駅

日本大通り駅公式サイト)は元町中華街駅馬車道駅の間にある駅で、ホームは地下三階です。正式名称は日本大通り(県庁・大さん橋)駅です。

1.県庁口、2.スタジアム口、3.情文センター口、3つの出口がありますが、車両のどこから乗っても一度中央の改札口(地下一階)に誘導されるので、乗車位置による違いはそれほどありません。

“港町・横浜はじまりの地に作られた”という歴史的由緒を持つ地の駅でもあるのですが、同時に現在は横浜DeNAベイスターズの本拠地・横浜スタジアムの最寄り駅でもありますということで、構内のそこかしこがベイスターズ一色となっています。

 

馬車道(横浜市役所)駅

馬車道駅公式サイト)は、日本大通り駅みなとみらい駅の間にある駅で、ホームは地下三階です。正式名称は馬車道(横浜市役所)駅です。

前方から乗車しても後方から乗車しても、改札階(地下二階)で一度中央に誘導されるので、乗車位置による違いはそれほどありません。その意味では日本大通り駅と同じ構造です。

 

みなとみらい駅

みなとみらい線沿線の新興エリア・みなとみらいの中心部に造られたみなとみらい駅公式サイト)は、馬車道駅新高島駅の間の駅に位置していて、ホームは地下四階です。

駅自体がクイーンズスクエア付近からマークイズの前にかけての地下に作られているため、クイーンズスクエアやマークイズへの直結出口があるのもみなとみらい駅の特徴です。公式サイトでは中央改札の改札階は地下三階であるとされているのですが、現地では改札階は地下四階であると表記されています。

けやき通り沿いやクイーンズスクエア、ランドマークタワーなどが目的地の場合は中央改札が最寄りなので元町中華街駅寄りの車両に、通り一本向こうに通されたいちょう通り沿いが目的地の場合は新高島・横浜寄り車両に乗車するのがそれぞれおすすめです。

 

新高島駅

横浜・みなとみらいエリアの北端にあって、みなとみらい駅横浜駅という沿線で一二を争う巨大駅に挟まれ、双方の駅から徒歩圏内に存在しているのが新高島駅公式サイト)です。

ホーム階・地下5階から改札階・2階までを一気に上る、とてつもなく長いエスカレーターが個性の一つになっている駅ですが、駅名及び町名に付された”高島”の由来は、創成期の横浜の発展に多大な尽力をした、高島嘉右衛門さんの”高島”にあります。

 

横浜駅

みなとみらい線・JRその他の横浜駅みなとみらい線公式サイト)は、神奈川県下最大のターミナル駅です。人の数や流れが醸す雰囲気的に、元町中華街日本大通り馬車道みなとみらい新高島各駅とは若干空気が違ったりもしますが、東横沿線や、東横線直通の東京メトロ・西武線・東武線でみなとみらい線沿線に乗り入れる場合は、横浜駅まで乗車すれば、横浜駅より先はかなり楽になります。

注意点としては、みなとみらいや馬車道、日本大通り、元町・中華街、山手地区等からは多少離れたところに作られているので、残念ながら横浜観光の中心部からは少々距離がある点が挙げられます。もちろん、JR横浜駅を起点とした横浜観光にも利点はある他、そもそも徒歩で横浜的な観光スポットを周れないこともないといえばないのですが、その場合には若干力業が必要となってくるため、注意が必要です。

参考:【横浜観光FAQ】横浜駅と観光地・横浜(ロケーション、距離、利便性)

 

空港・主要駅からみなとみらい線沿線へのアクセス

空港・主要駅からみなとみらい線沿線へのアクセス(まとめ)

 

公式他関連サイト一覧

みなとみらい線公式サイト 路線図・乗り換え(公式) 一日乗車券(公式)
エリア別周辺スポット(公式) 目的別観光スポット(公式) おすすめコース(公式)
公式Twitter 公式Instagram 駅別時刻表他(ジョルダン)
みなとみらい線(横浜市公式) ワンデーパス(東急公式)
タイトルとURLをコピーしました