スポンサーリンク

【横浜観光FAQ】横浜中華街の歩き方(目的・お店探し編 その1)

横浜中華街

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分23秒です。

【横浜観光FAQ】横浜中華街の歩き方(目的・お店探し編 その1)

横浜中華街で、何をする?

ランチ or ディナー、エンタメ

簡易中華街史と横浜中華街の歩き方については、以前に別記事でまとめました(参考:【横浜観光FAQ】横浜中華街の歩き方)。

今回はその部分を前提(地形把握はOK!)とした上で、”中華街街歩き”の中身=お店選びの要領(個人的オススメ)について、特に「中華街は初めて」「中華街には滅多に行かない」というような閲覧者の方の来訪を想定してまとめました。

 

横浜中華街と、中華街のお店

まずは目的の確定から!

【横浜の定番】みなとみらい線全駅・一日で回れる沿線観光スポット5選“の記事の中で、”オススメpoint:横浜中華街“という記事をまとめた際、「中華街公式から一軒」という形でお店選びのポイントを書いておいたのですが、「中華街へ行こう!」というプランを立てる場合、まずは目当てのお店をあらかじめ決めておくというやり方がお勧めです。

「完全ノープランでぶらりと立ち寄って、目についたお店、なんとなく気になったお店に気分で入る」というようなやり方も楽しいといえば楽しいのですが(特にある程度馴染んだ後や、来訪直後の再訪時などですね)、あらかじめ目当てのお店を決めておくという計画の立て方をすることによって、より「お楽しみ」を充実させることが出来るためです。

中華街に求めるものとしてよくあるところを(ネットサーフの結果や現地での様子を参考にして)大雑把に区分すると、やはりグルメ的なものの人気が高いようで、

1.コース料理を求めるのか(高級店など)

2.一品料理を求めるのか(名物店)

3.点心・飲茶・食べ歩き・食べ放題を求めるのか(オススメ多数)

4.中華以外を求めるのか(お店の数的になくはない、あるにはあります)

5.エンタメを求めるのか(例えば手相占いや花文字のような、”食”以外の中華街名物もあります)

およそこの辺りに収束するのが、よくある、よく見かける”中華街詣で”のお楽しみです(概して、およそこの辺りの人気が高いです)。

 

点心・飲茶・食べ放題

ちなみに点心とは、間食・軽食(主菜とスープ以外の食べ物)のことです。

点心にお茶(中国茶)を付けたものが飲茶(やむちゃ)で、それぞれの起源はお茶(中国茶)とお茶請け(点心)の関係(点心+中国茶=飲茶)にあります。横浜中華街でも、点心が楽しめるお店と飲茶が楽しめるお店、両方用意されていますが、この双方を凌駕する勢いがあるのが“食べ放題”店です。

軽食・間食食べ放題ならついでに主菜や汁物も、飲み物にしても中国茶に限らずアルコールやソフトドリンクもといった形に進化した、点心・飲茶の最終形態のような(あるいは日本向けの)サービスを提供してくれるお店ですね。

食べ放題コースが用意されているお店では”大が小を兼ねている”(なんでもありの中から、あえて点心や飲茶に拘ってみるなど、こだわりのメニューを選択すればOK!)ということで、点心を食べることも飲茶を食べることも可能です。

 

大まかな価格帯について

元々食べ放題のお店に点心や飲茶のコースが用意されていることもしばしばありますが、横浜中華街の場合、

点心・飲茶は大体2500円程度から

食べ放題は3000円程度から

食べ放題+飲み放題は4000円程度から

このあたりが相場で(例えば高級店や食べ放題設定がされていないお店など、この価格以上の料金を取るお店もあります)、値段はどのお店に入ったとしてもほぼ固定されています。

高級店のランチメニューは大体3000円~4000円程度から、ディナーは最安で5000円~6000円程度、相場としては10000円前後からの価格設定をよく見かけますが、後述するようにコース料理は2人以上からという設定がされているお店も少なくないので、特に一人旅・一人街歩きの場合などには事前に注意が必要です。

このほか、まずは値段で選ぶ、名物の一品料理を食べてお腹を満たしたいという場合は、お店やメニューにもよりますが、大体一人前1000円程度から名物料理を一食食べることが出来ます。

 

ケース別の”お勧め”

あくまで”無難な選択の一つ”ですというだけで、これが絶対的な正解だというわけではありませんが、それぞれの目的のオススメ要素をざっくりまとめてみると、

目的 オススメのケース
高級店のコース料理 二人以上の中華街歩きで、記念行事・記念日等が絡んでいる場合
名物店での名物料理 その料理が自分の好物である場合や、安く上げたい場合、さらには二度目以降の中華街で「これを食べてみたい」という目当てが出来た場合
食べ歩き・食べ放題 初回の中華街訪問や、特に食べたいものはないんだけどなんとなく中華を食べたい場合、とにかくお腹を満たしたい場合など、万能のお勧め
中華以外 中華街にいるんだけど”中華”のお腹ではない、あるいはたまには中華以外のものを食べてみたい場合など。お寿司やエスニックなどがあります。
.エンタメ メインにもなり得る、”サブ”=二番目以降のお楽しみとして。

大体こんな感じに分かれてくるのがよくあるところではないでしょうか。

中華街を満喫したい場合の万人向け(個人的な)お勧めは、”コース or 点心・飲茶含む食べ放題 (+ お土産選びを含むエンタメ)“です。ゆっくり楽しんだとして、中華街丸々1~2時間コースです(もちろん、もっと長くも短くも出来ます。30分程度~数時間程度が、大体オススメゾーンです)。

 

お店選びでは、ガイドブックの利用もお勧め

ここで改めて悩ましいところとなってくるのが、やはり一にも二にもお店の数、さらにはお店ごとの個性です。

“味”については、少なくとも”中華街で料理を出すお店を営業出来ている”時点で、あくまで知る限りの話しですが、最低限の味は保証されていることが多いです。個人的な好みの部分で細かい評価(さらにはその部分から派生する、お店や中華街への根本的なイメージ)がばらつくこともありますが、単純に中華街=街の中華屋さんの集積だと捉えると、そのお店が”大当たり店”かどうかはともかく、味についての大ハズレ店はまずありません。

探せばあるかもしれませんが、およそそのくらいの確率だと思っていても、間違いはない気はします。

一方で”接客”については必ずしも”味”同様ではなく、大雑把だったり雑だったり不愛想だったりと、お店によっては良からぬ話しがボチボチ聞こえてくることがあるにはあります。

そういわれてみると、一利用者として思い当たる節がないわけでもないというのが正直なところですが、例えば日本の一般的高級店等と比べた場合には「それでも引けを取らない」というような評価につながるケースは少ないでしょう。

ここは”あえて厳しい目で気にしてみるのであれば”というところですが、ある意味、中華街の”ならでは感”が強いところでもありますね。

諸々合わせて考えると、特に初回の訪問時や、これから色々お店を開拓してみたいと思う場合、結局は定番店から攻めていくのが一番手っ取り早い、かつ確実なやり方です。珍しいものを食べさせてくれるお店、老舗の高級店、食べ放題や”食べ歩き向け”を売りにしているお店等々。どこかで定評のある、あるいは人気のある手堅いお店を、まずはガイドブックその他から自分の好みに合わせて見繕って目当てにするというやり方ですね。

「地元民のおススメ」的な触れ込みでお店を紹介している記事等を見かけることがありますが、私見としては、計画段階ではガチガチの王道からの情報収集をオススメします。およそ中華街の名物店、おすすめ店であれば、ガイドブックの数分存在するプロの編集者が丸々見逃すはずはないですし、横浜をターゲットとしたガイドブックであればまず十中八九中華街特集が組まれているので、手間暇も少なく、より確実な情報を手に入れることが出来ますからね。

まずは手堅くお店を絞り込む、その上で例えばGoogleの口コミ(マップについているお店評ですね)を参考にしてみるというようなやり方をすると、効率良く計画も進むのではないでしょうか。

ネットの場合、中華街公式(中華街公式サイト “ショップ“)に限らず、”るるぶ”(公式サイトるるぶmore公式)や”まっぷる”(公式サイト)などの定番観光ガイドや、そのほか例えばJAL公式の観光ガイドである”Ontrip JAL”(公式サイト)内の”横浜中華街の食べ歩きマップ2022年最新版“のように、旅行業界の会社が運営している横浜中華街関連の特集記事も充実していますが、ネット記事と紙媒体(雑誌等)の比較では、選択の余地があるのであれば”紙媒体”の方を推しておきます(情報源を探す手間暇まで含めると、それが結局一番お手軽かつ確実です)。

一番無難なのは、やはり”るるぶ”(公式サイト)や”まっぷる”(公式サイト)、他には例えばぴあMOOKなどの”食”に特化した特集号です。後者を見つけることが出来れば、より詳しい情報を手に入れることが出来ます(それが”地元民”の情報源になることもしばしばあります)。

 

横浜中華街・オススメ有名店/名物店

以下、実際に立ち寄ったことがあるお店を中心に、幾つかオススメ店を紹介します。

 

高級店

“中華街の歴史と共にある”ことが目立つのが、現在の高級店です。コース料理は二人以上からが原則です。味・雰囲気共に大衆店とは一線を画すお店が多く、お財布に余裕がある場合は行きつけになってしまう可能性もありますが、そうでない場合にしても、機会があれば一度は味わっておきたいお店ですね。

華正樓

華正樓(公式サイトロケーション)は、中華街大通り入ってすぐのところに位置している、老舗の高級店です。現在は、原則として本店ではなく新館の方で営業されています。注意点としては、ランチも含め、コースは全て二人以上からで用意されているという点です(一人だけど立ち寄ってみたいというような場合には、単品メニュー=アラカルトも用意されています)。

 

萬珍樓本店

萬珍樓本店(公式サイトロケーション)は、華正樓同様中華街大通り沿いにある、老舗の高級店です。朝陽門側からだと奥に進んだ所に位置している、善隣門傍にあります。価格帯的には華正樓とほぼ同じで、コース料理はランチ・ディナーとも二人以上から、コースの他に単品料理=アラカルトが用意されています。

 

重慶飯店

重慶飯店(公式サイト本館ロケーション)は、本館が開港道沿いに、新館がローズホテル内にあります。2人以上のコースも用意されていますが、特にそのことのみを売りにしているわけではなく、かつ大人数での予約も承っているようです。

 

食べ放題・食べ歩き店

横浜中華街で一つの典型といえる出店形式が、食べ放題系のお店です。

実数をカウントしたわけではないので正確なところはわかりませんが、中華街のメインストリートである中華街大通りをはじめ、中華街大通りと関帝廟通りを結ぶ細い道(上海路、市場通り、香港路、中山路)沿いなどでもこの形式のお店が密集していて、“芸能人・有名人が来店した”あるいは“テレビで紹介された”ということが一つの売りになっているお店もたくさんあります。

以下、どのお店も有名店ばかりですが、個人的なおすすめを三店ほど紹介します。

皇朝

皇朝(公式サイトロケーション)は、関帝廟傍に通された香港路(中華街大通り関帝廟通りを結ぶ、細い通りです)沿いにある、食べ放題のお店です。”世界チャンピオンの肉まん””口コミランキング一位”が売りになっているお店で、ひところ市内でも大々的に広告が打たれていました。中華街に数ある食べ放題店の中でも、特におすすめ最上位付近にランクしてくるお店の一つです。

 

王府井

王府井(ワンフーチン。公式サイト本店ロケーション)は、中華街大通り沿いに複数店舗を出店している、食べ歩き系のお店です。どちらかというと後発のお店にあたると思いますが、やはりひところ大々的に広告が打たれていて、中華街大通り沿いのあちこちにお店が増えていきました。”中華街で食べ歩き”が好きな人であれば、一度は何か食べたことがあるというお店の一つにあたると思います。

 

上海小籠包専門店 鵬天閣

上海小籠包専門店 鵬天閣(ほうてんかく。公式サイトロケーション)は、中華街大通り東門(朝陽門)寄りのところに位置する、やはり食べ歩き系のお店です。かつては大通りに面したところで屋台に近いような形で小籠包を焼いていたお店だった記憶がありますが、今はファストフード風の店構えになっていて、小籠包やスープ、ゴマ団子の他にも豊富なメニューが楽しめるお店になっています。個人的には、食べ歩き系の中ではイチ押しのお店です。

 

お土産店/エンタメ店/動物カフェ

初回訪問時、さらには二回目以降の”中華街遊び”でもお目当てになり得るという、”食”以外のお店やお土産店について紹介します。

 

横浜大世界(お土産他)

横浜大世界(公式サイトロケーション)は、中華街東門近くから元町商店街方面に向かって伸びた、南門シルクロード沿い(関帝廟通り前)に位置する、お土産屋さんその他の複合施設です。イメージとしては”お土産屋さん”的なものが強く伝わってくるのですが、そのほかエンタメ関係も充実しているには充実していて、食べ歩き要素も持ち合わせています。「初めての中華街で、次いつ来るかわからない」というような場合には、お土産探しついでに色々見てみると、楽しいかもしれません。

 

シウマイBAR(お土産・食べ歩き)

シウマイBAR(公式サイトロケーション)は、中華街東門傍にある、崎陽軒のお店です。その場で焼き立てのシウマイその他を食べることが出来る他、定番のシウマイ弁当や持ち帰り用のシウマイ、レトルト食品なども充実しているので、シウマイ好きにはかなりお勧め度の高いお店です。

 

横浜博覧館(お土産他)

横浜博覧館(公式サイトロケーション)は、中華街大通り善隣門傍にある、お土産・カフェのお店です。東門から中華街に入ったとすると、大通りを歩ききる少し手前位のところに位置しています。一階がそのままお土産屋さんになっているので、特に”はじめて中華街”の場合などには、もしかすると入りやすいお店かもしれません。二階は後述するベビースターランド、三階がカフェになっています。

 

ベビースターランド(エンタメ・食べ歩き)

ベビースターランド(公式サイトロケーション)は、横浜博覧館の二階に位置する、おやつカンパニー社”ベビースター”(おやつカンパニー公式サイト)のお店です。ご当地ベビースターをはじめ、オリジナルグッズ、さらにはあらゆるタイプのベビースターが揃っていて、なおかつ出来立てのベビースターを食べることも出来るので、初回訪問時の”ついで寄り”や、二回目以降の本命目的になり得るという、ベビースター好きにはかなりお勧め度の高いお店です。

 

チャイナスクエア(エンタメ)

チャイナスクエア(公式サイトロケーション)は、中華街大通り善隣門傍に位置する”水族館と占い(後述する”鳳占やかた”です)”が名物(?)の複合施設です。前記”横浜博覧館”のとなりです。他にもゲームコーナーやカラオケ、さらにはエスニック(ブラジル料理)なども用意されているのですが、あくまで体感からのイメージでということだと、占いと水族館の人気が高いように見える節がなくはないです。通りからやや奥に入ったところに入口があって、そこにエレベーターが用意されています。

 

鳳占やかた(手相占い・算命学)

鳳占やかた(公式サイト)は、手相占いと算命学(干支を柱とした占い)のお店です。中華街ではチャイナスクエアの他、3店舗(公式サイト “ショップリスト“)で営業されています。中華街では至る所に手相占いのお店が出されていますが、その中でも知名度では恐らくトップクラスです。口コミでも好評を得ていることが多く、およそ占いに興味がある人であれば、見てもらって後悔するようなことはまずないお店だと思います。

 

ハリネズミカフェ®️ HARRY(小動物カフェ)

“ハリネズミカフェ®️ HARRY”(横浜店公式サイトロケーション)は、ハリネズミをメインとした動物カフェです。ハリネズミの他には、ミーアキャットフェレットと触れ合えるようです。南門シルクロード沿い、”横浜大世界”の隣、”マツキヨ”と同じビルの二階です。

 

猫ちゃんといっしょ(猫カフェ)

“猫ちゃんといっしょ”(公式サイトロケーション)は、その名の通り、猫カフェです。中華街界隈、南門シルクロード隣に通された、本町通り沿いに位置しています。

 

史跡/廟所

関帝廟

関帝廟(公式サイトロケーション)は、関帝廟通りと中山路(中華街大通り関帝廟通りを結ぶ、細い通りです)が交差する一画に位置しています。古代中国の武将である関羽が、”関聖帝君”として祀られている廟所です。後漢時代、初代皇帝である劉備玄徳に仕えた武将である関羽は、義に厚く、三国志の武将の中でも最強クラスだと評価されていますが、そのほかにも算盤の発明者であったことから、商運にまつわる御利益があると考えられています。

 

媽祖廟/山下町公園

媽祖廟(公式サイトロケーション)は、南門シルクロード沿いに位置しています。関帝廟通りに位置する山下町公園の裏手、同じく南門シルクロード沿いにある横浜大世界の斜め前です。道教の神様を祀る廟で、正式な名称は「横浜大天后宮」、”媽祖”は道教の神々の中で位の高い女神であり、最も人気のある崇拝神の一人です(公式サイトより引用)。

ちなみに道教とは、儒教と仏教に並ぶ中国の三大宗教の一つで、そのルーツは”関帝廟”の関羽在りし日の後漢に興った”五斗米道””太平道”という民間宗教に、五斗米道や太平道のルーツは、後漢ありし日の中国からさかのぼること数百年、春秋戦国時代の諸子百家・道家にあるようです(参考:UTokyo Biblio Plaza道教の歴史“)。

諸子百家の道家が時代と共に形を変えて道教になっていった、”媽祖”はその道教の世界の中でも位の高い女神なのだということですね。

 

リピート時チェックがおすすめ・名物店/オススメ店

別記事(【横浜観光FAQ】横浜中華街の歩き方(目的・お店探し編 その2))にまとめました(近日公開予定)。

タイトルとURLをコピーしました