スポンサーリンク

【横浜の夜景】夜の山下臨港線プロムナード(山下公園・象の鼻パーク間)

横浜の夜景

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分27秒です。

【横浜の夜景】夜の山下臨港線プロムナード(山下公園・象の鼻パーク間)

プロムナードからの夜景

かつて”山下臨港線”が通されていた区間の一部(廃線跡)を遊歩道として整備し観光利用しているのが、山下公園端から象の鼻パークエリアを経由する形で赤レンガパーク前付近まで続く、山下臨港線プロムナードです。

陸側には夕闇に溶け込み始めた神奈川県庁本庁舎公式サイト)をはじめとする日本大通り方面(つきあたりには横浜スタジアムの照明が見えています)の風景が、

進行方向には”クイーンの塔”こと横浜税関が、

同じく遊歩道沿い海側には、みなとみらいの高層ビル群やコスモワールドの大観覧車、赤レンガ倉庫などが、それぞれ望めます。

山下臨港線プロムナードの真下から見るとよくわかるのですが、

“プロムナード”は横浜税関横を通って新港ふ頭方向へ、最終的に象の鼻パークの真横、赤レンガ倉庫の手前辺りまで続きます。

ちなみにここは、山下公園側から象の鼻エリアに入ってほぼすぐのところにあたる、昼夜を問わない”映えスポット”として有名な一帯です(アパレルのセレクトショップ”Blue Blue Yokohama”(公式サイト)”付近)。

ということで、プロムナードは象の鼻パークエリアの真上に通されています。

遠景にはもちろん大さん橋やベイブリッジが望めますが、

進行方向右手(写真左手)には象の鼻パークが、進行方向左手(写真右手)を走る道路の向こう側には横浜税関が、それぞれ位置しています。

ここより先、プロムナードから延びた道は新港ふ頭(横浜市公式サイト)へと入りますが、

日本大通りエリアと新港ふ頭を結ぶのは、新港橋梁(あるいは単に新港橋)と呼ばれる鉄橋です。

ここもかつての山下臨港線の路線跡で、現在は新港橋梁が横浜市認定歴史的建造物(横浜市公式サイト)に指定されています。

 

アクセス

タイトルとURLをコピーしました