スポンサーリンク

【日帰りドライブ】箱根大涌谷へ

富士箱根エリア

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分55秒です。

【日帰りドライブ】箱根大涌谷へ

大涌谷

自然環境と交通事情

大涌谷では、有毒ガス(硫化水素)の発生によって地盤が緩み地滑りを起こす土壌が、旧来より深刻な被害をもたらしてきました。

ということで、現在進行形で地滑り対策の工事が進められています。

これまでの流れを追っても、今現在を見ても、中々難しい地であることは確かなのですが、逆にそのことが人気観光スポットとしての大涌谷の魅力にもなって来ました。

ひところは火山活動の活発化によって入山規制がかかっていたのですが、現在はまた観光ができる状態に回復しています。

ただし大涌谷への道(県道734号線)には夜間の交通規制がかかっていて、通行可能な時間帯は9:00~17:00(神奈川公式サイト箱根・大涌谷情報 “大涌谷周辺の警戒区域”より)、日中のみ観光が可能です。

 

大涌谷からの風景

遠くに富士山が望めることも大涌谷の持つ大きな魅力ですが、

すぐ近くでは現在も活発な噴気活動(=火山ガスの湧出活動)が続いています。

一か所二か所ではなく、展望エリアから視認できる範囲だけでも、山の斜面の方々からガスが噴き出しているのがわかります。

 

大涌谷からの富士山

箱根の大涌谷といえば、富士山が望めるスポットとしても有名です。

富士山は正面に位置しているので、ほぼ公園内のどこからでも視界に入るのはうれしいところです。

黒たまご館(公式サイト)の前や、

延命地蔵尊の前、

風景案内板の傍などなど。

大涌谷そのものと並び、遠くに臨める富士山も人気抜群です。

 

黒アイス・黒たまご

折角大涌谷に来たのだからということで、まずは黒アイスから。

なんでか食べる前に傾いてしまったのですが、元々は普通にまっすぐ立っていました。

この色からはちょっと想像が難しい(?)、バニラ味のアイスクリームです。

普通においしかったのですが、普通のソフトクリームに比べてやや強めの弾力というか、さっぱりした粘り気というか、独特な食感が混じっています。色が色なので、食べると口の周りに炭がついたように黒くなる点には注意が必要ですね(ティッシュなどで簡単に取れる程度のものです)。

黒卵はお持ち帰り用に5個ほど購入しましたが、殻の剥きやすさも好印象で、味自体もばっちりでした。

ちなみにこの日のドライブでは、大涌谷の次は仙石原のススキ草原へ、”ススキ”の次はガラスの森美術館を予定していました。

秋の箱根お楽しみコースですね。

 

アクセス

タイトルとURLをコピーしました