自己啓発

【書評/自己啓発】「手帳」や「メモ」の能動的利用法 その1

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分23秒です。

「手帳」や「メモ」の能動的利用法 準備編

スティーブン・コヴィー『7つの習慣』(キング・ベアー出版、1996年)

「7つの習慣」とは、自分の行動を考えるにあたっての7つの「要注意ポイント」のことです。

些細な習慣が未来を大きく変えることになる、とは「夢をかなえるゾウ」でもいわれていたことですが、「7つの習慣」では重要習慣が7点に具体化されています。

自分自身について3点、「相手」を絡めた(公的、社会的な)部分で3点、それらを総合的に判断した「行動計画」立案について1点、計7点ですね。

もちろん1~6番目のポイントについても大切なことは書いてあるのですが、最短距離を行きたい場合、最後の「7点目」だけを抑えて進みましょう。

7点目=「行動計画立案」では、自分自身の1.肉体、2.知性、3.精神、4.社会・情緒的な面、それぞれを「目標達成能力」を持ったものに近づけるべく計画を立てて実行していこう、計画にあたっては「必要か必要でないか」「急ぎか、急ぎでないか」を要点として進めよう、ということが提唱されています。

体力を付けて、知力を付けて、メンタルを鍛えて、そこにコミュ力も伴わせていくことを主目標としたプランを立てよう、その際には「必要な行動」を最優先して考えようという話しですね。

特に「急ぎではないけど、自分の夢や目標を考えたら絶対に必要となってくる」予定、代表例として習い事の類や、体力づくりのために進めているウォーキング、ジョギングなどの類が重視されている部分に「7つの習慣」の特徴があります。

「必要ない行動は思い切って全て捨ててしまおう、代わりに自分の夢や目標にとって有益な行動を積極的に取り入れていこう」、このメソッドを丁寧に説明するために、冒頭から終章にわたって膨大なページ数が割かれています。

とはいえ、「7つの習慣」は確かに理屈としてはわかりやすく、かつ魅力的でもあるのですが、これを丸ごと実行しようとしたら相当強靭な精神力が求められます。

総じて、かなり高いハードルが待ち受けることになるでしょう。

極端な話、良くも悪くも昨日までの自分を完全に捨てるくらいの気持ちが無いと続かないんじゃないかとすら思います。

なので、丸ごとすべてを飲み込んで進めていくというよりは、「自分にとって必要なところをいかにうまく取り込んで行くか」にメソッドの生命線があるのだと捉える位がおすすめです。

ということで、今となっては関連書籍が山ほど出版されているので、一冊読めばそれで十分だと思います(当然のこととして、どの本でも言っていることはほぼ同じです)。

その一冊をしっかり読んで、内容を取捨選択しましょう。「長すぎる!」と思った場合、最終章(7つ目の習慣について)から読むという読み方がおすすめです。

この手のことで悩んでいるなら一冊くらい読んでおいても損はないでしょう、ともいえるでしょうが、選ぶとしたら自分が「一番読みやすい」と感じたものをお勧めしたいです。

 

田中ウルヴェ京『人生最強の自分に出会う7日間ノート』(ディスカバー・トゥエンティワン、2018年)

この本の要所を一言でいうなら「あらゆる局面での自分の感情と向かい合い、それを「メモに残して」自分で自分を理解しよう」というものです。

『7つの習慣』がどちらかというと頭で考えた行動計画、理詰めで純度の高いプランを設計していくためのノウハウだとすると、『人生最強の自分』は徹底した感情チェックから自分自身を把握しよう、という趣旨の本にあたります。

その意味では「7つの習慣」と好対照を為す、うまい事相互補完しあってくれる可能性の高い本です。

著者の田中ウルヴェ京さんは元シンクロナイズドスイミングの五輪メダリストだとのことで、「メンタル面で最強の自分を目指す」ためのアドバイスが綴られているのですが、読者の立場からのこの手の本の生命線は「感情メモ作成にあたり、どこまで自分に素直になれるか」にあるといっても過言ではないでしょう。

素直になればなるほど、ところによっては心に痛すぎて耐えがたいなんて話しが出てくる場合もあるかもしれませんし、その上でところにより、残したメモ自体が人生最強クラスの「黒歴史ノート」に化けてしまうという可能性も秘めていますが(笑)、そこで痛ければ痛いほど、恥ずかしければ恥ずかしいほど、「そこを乗り越えた自分がその分大きくなれる」わけでもあるんですね。

そんな「自室外秘推奨メモ」作成ですが、結局のところ開き直ればのめりこめます。のめり込めれば、明日以降を念頭においたプラン作成にしても、その分有益なものとなってくれるでしょう。

これらの材料を基に、「手帳チェック」を進めていくと、手帳の能動的な利用が可能となります。