スポンサーリンク

神奈川県立歴史博物館特別展 “洞窟遺跡を掘る(海蝕洞窟の考古学)”

横須賀/三浦街歩き

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分46秒です。

神奈川県立歴史博物館特別展 “洞窟遺跡を掘る(海蝕洞窟の考古学)”

三浦半島と海蝕洞窟

洞窟とは、地下にある空間のうち入り口の大きさよりも奥行きが深いものを指しますが、このうち海の波によって崖面が削られた洞窟が海蝕洞窟と呼ばれます。

四方を海に囲まれた日本では全国各地に存在するタイプの洞窟ですが、三浦半島では1924年に初めて東京湾沿い(横須賀市鳥が崎)にて発見されて以来発掘調査の対象となっていて、弥生時代から古墳時代にかけて使われていた道具が数多く出土しています。

今回の特別展『洞窟遺跡を掘る』では、三浦半島(東京湾沿いと、特に南端)の海蝕洞窟にて出土した原始時代の人類の生活の跡が、多数展示されていました。

 

特別展 “洞窟遺跡を掘る(海蝕洞窟の考古学)”

出土作業関連

特別展示室に入るなり”工事中”の雰囲気を醸すカラーコーンと立ち入り禁止バーで作られた一画があるので、一見しただけだと、なんとなく「準備中コーナーがあるのかな」ということが伝わってくるのですが、

実は展示はここから始まっています。

出土したあとに振り分けられた出土品と、

作業に使う道具等々。

このライブ感強めの展示も演出のうちですということで、展示品が一気に身近なところに引き上げられた上で出土品が展示されたコーナーへと続きます。

 

出土品の展示

放射性炭素年代測定法

未だ人類の祖先が文字を使用していなかった時代は、”人類が文字を使用する前の時代”、つまり文献資料で解釈することが出来る”歴史”時代に先立つ時代だったということで先史時代(=原始時代)と呼ばれ、目下のところ、その時代のあり方は人々の生活跡(遺跡や出土品の様子)のみから推定されています。

「過去のことを知ろうとすればそうせざるを得ないからそうしているのだ」という理屈ですが、出土品が使われていた時期を知るための手段として、現在は”放射性炭素年代測定法“が用いられています。

放射性炭素年代測定法では、本来その出土品に含まれているはずの”ある特定の成分”(自然界にごく微量存在する、炭素の同位体である14C)がどの程度残っているのかを調べることによって、出土品の”鮮度”を明らかにします。

同位体とは、原子核の構造が通常の原子とは異なる(=中性子の数が異なる)原子のことです。

炭素原子には通常の12Cのほか、13Cと14Cの同位体が存在しますが(”C”の左斜め上についている”12、13、14″は、それぞれ陽子+中性子の数を表しています)、12C、13C、14Cの陽子の数はいずれも6個であることに対して、中性子の数は、それぞれ12Cが6個、13Cが7個、14Cが8個と異なっています。

このうち特に14C(原子核内に6個の陽子と8個の中性子を持つ炭素原子)が以下のような特徴を持つことから、こと年代測定にとって”都合がいい”原子に当たると判断されています。

“元々が不安定な状態にあることから、より安定した状態を目指そうとする”14Cは、原子核中の中性子が放射線を出しながら崩壊し、陽子となって、原子番号が一つ多いN=窒素へ(原子番号は、それぞれ炭素が6、窒素が7です)と変化する動きを自発的に起こすのですが、その際、”5730年で元の量の半分に減る(半減期といいます)“という特徴がある他、”死滅してしまった動植物の体内では新たに(14Cが)補充されることがない“という性質も併せ持っているため、14Cの減り方を調べることによって、その出土品の年代を特定することが可能となるんですね。

例えていうなら、動植物の体内に取り込まれた14Cは、その動植物が死滅した瞬間にスイッチが入るストップウォッチのような役割を果たしているのですが、現在のところその成分におよそ炭素を含むものであれば全て、放射性炭素年代測定法による測定の対象物とすることが出来ます。

 

弥生時代の三浦半島

弥生時代の三浦半島では、既に現生人類の祖先による活発な活動が行われていたようです。

弥生時代の特徴というと”農耕生活が定着したこと”がしばしば挙げられますが、だから狩猟が無くなったのだ(逆に縄文時代には農耕が行われなかったのだ)とはならず、狩猟は狩猟で並行して行われていました。

同様に、縄文時代にも農耕はあったようですが、定住生活が進まなかったため、それが定着することが無かったというのが正確なところのようです。

三浦半島では特に海での漁も活発に行われていたようで、海産物を用いた道具の展示や、食べた後に残された貝殻や骨などの展示も行われていました。

 

道具の使用と進化

道具の利用は、打ち砕くだけで作れられた打製石器の時代(旧石器時代)を経て、やがて道具そのものが研磨して作られた磨製石器の時代へと続きますが、磨製石器の時代(新石器時代=縄文時代や弥生時代)には、土器や骨角器も併用されました。

それぞれ地質年代による区分では、旧石器時代は更新世に、新石器時代は完新世に該当しますが、旧石器時代から新石器時代への移行期(=更新世から完新世への移行期)には、氷期が終わりを迎えたことによって地球上で海面が上昇すると(氷床が融解したことによります)、それ以前の人々の生活跡の多くは海底に沈むこととなりました。

この”氷期の終わり”が、当時を生きた人類の祖先にとって、大きな節目となります。

縄文時代の中期には再び地球規模の寒冷な時期が訪れるのですが、概して気候自体も温暖なものとなって行ったことから毎日の生活環境はより安定した状態へと移り変わり、当時を生きた人々の間では定住化が進みます。

このことによって、使用される道具にも、単なる機能を超えた要素(主に当時を生きた人々の間のコミュニケーションがもたらしたと推定される、”飾りつけ”要素です)が含まれるようになっていきました。

同時に、狩猟の対象が大型動物から小型動物に変化するなど、気候の変化と共に食生活も変化したため、使用する道具にしてもそこに対応したものが登場します。

「ただ単に道具として使えればいい」という状態から、「どんな道具を使っているのか」という点にも目が向けられるようになっていくのが新石器時代以降の道具の特徴ですが、いずれの時代の道具も、毎日の生活の中から人力で可能な範囲での改良が繰り返されることになるため、長い時間をかけたゆるやかな成長が特徴として挙げられます。

 

磨製石器

ただ単に打ち砕かれただけではなく、磨かれた跡が見える磨製石器が、

石斧と共に展示されていました。

 

尖頭器・石鏃・貝刃

ちなみに弥生時代の三浦半島では、海産物だけではなく野生動物も食用とされていたようで、旧石器時代から使われている尖頭器や打製の石鏃(せきぞく。矢の部分)と磨製の石鏃、

さらには貝殻が道具として使われた貝刃なども展示されていました。石鏃は、道具としては縄文時代の草創期以来使われている道具ですが、その道具が進化している様子も見て取れます。

三浦半島の遺跡の出土品の特徴としては、貝殻に関するものが多いことも挙げられるようですが、貝刃は、貝殻の縁がのこぎり状に加工されたものです。このほか、貝包丁や匙形の貝も出土されているようです。

 

弥生土器・土師器・須恵器

土器の展示では、日常生活用途として使われた土師器や、

祭祀用・副葬品として用いられた須恵器の他、

さらには弥生中期(紀元前5世紀から3世紀半ば)に作られた弥生土器など。

日常に土器が用いられて久しくなった時代に使用された土器の展示もありました。

弥生土器は、縄文土器に比べて薄型で硬く、赤褐色をしていることに特徴があるとされていますが、今から約5000年ほど前に誕生した縄文時代中期(5000年~4000年前)の縄文式土器に比べると、その違いが一目瞭然です。

縄文土器については箱根の箱根美術館などに展示がある他、縄文土器を代表する”火焔型土器”の”火焔”の名が、日本で初めて出土された新潟県内で”信濃川火焔街道“(日本遺産 火炎型土器信濃川火焔街道 縄文の旅“)として用いられています。

 

卜骨・勾玉

日常生活まわりの道具から毎日の生活のあり方が推定されるほか、他地域からの文化の流入や当時の交易状況を思わせるものとして、動物の骨を使った”骨占い”で用いられた卜骨や、

ヒスイで作られた勾玉(装身具)の展示もありました。

卜骨を使った占いは中国大陸から伝わり、弥生時代の日本で広まったものだといわれていますが、その出土から推察されることとしては、この場合大陸経由の文化が三浦半島にまで伝わっていたということが挙げられます。

このほかに日本海側(新潟県糸魚川市の姫川流域)の特産品であるヒスイを用いた勾玉が出土しているということからは、この時代の日本列島では、既に日本海側と太平洋側をつなぐ交易ルートが開拓されていたということが明らかになります。

旧石器時代であれば人々が移住を繰り返して生活していたところ、新石器時代(縄文時代や弥生時代)には人々の定住化が進んだ上で物流が発達していったというところに、その時代固有の特徴が見出されています。

 

(参考:神奈川県立歴史博物館 『特別展 洞窟遺跡を掘る 海蝕洞窟の考古学』)

アクセス

タイトルとURLをコピーしました