【鎌倉・湘南街歩き】長谷寺・見晴台から臨める風景

鎌倉エリア

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分27秒です。

【鎌倉・湘南街歩き】長谷寺・見晴台から臨める風景

材木座から逗子の海岸へ

長谷寺の見晴台からは、三浦半島方向の陸地部分が手前に一つ、奥に一つ臨めます。

おそらくですが、海の向こうの手前が逗子マリーナ界隈、その奥が葉山マリーナや森戸海岸界隈で、長谷寺の見晴台からだと見えるかどうか微妙な位置に、葉山の御用邸があります。

 

鎌倉から逗子へ

鎌倉から国道134号線を使って海岸沿いに葉山方面に向かうとき、気が付くと超えているのが鎌倉市と逗子市の境ですが、滑川の交差点で由比ガ浜と隣り合っている材木座海岸の隣からが逗子市エリアです。

海岸線を走る国道134号線に対して内陸部を走る県道311号線上に、ミステリースポットとして有名な小坪トンネルがあるエリアです。

ただし、残念ながら(?)、地元の逗子市や葉山町の人で「小坪で出た」と言っている人はまずいません笑。

この辺は、「小坪」を語っているのが誰なのかによって、温度差を感じる部分でもありますね。

内陸部と併せて海沿いの公園や海岸線にも広く「小坪」という地名が付いている一帯ですが、大体この辺りが長谷寺の見晴台から臨める風景中、手前部分の陸にあたります。

 

葉山町へ

そんな小坪エリアを過ぎると、海岸沿いから葉山港葉山マリーナを臨める逗子海岸エリアに入ります。

道沿いに「太陽の季節」記念碑があり、晴天の日であれば相模湾の向こうに江の島と富士山を同時に眺めることが出来る渚橋が(国道上に)かかっているという、大体逗子市と葉山町の境あたりの一帯ですね。

鎌倉側からだと、渚橋を過ぎて入るのが葉山町で、逗子市・横須賀市に隣接しています。

ちなみに、葉山町とほぼ同緯度にある東京湾沿いの横須賀市が”軍港”エリア、「横須賀」といった場合になんとなくイメージされるような一帯にあたります。

海岸沿いであれば、葉山マリーナから森戸海岸真名瀬(しんなせ)海岸・シュノーケリングスポットとしても知名度の高い柴崎海岸の海岸線を経て、一色海岸しおさい公園近代美術館、最終的には御用邸付近までがいわゆる「葉山」に該当するエリアです。

およそ「湘南」の東端にあたるエリアでもありますが、体感的にはいわゆる湘南海岸(鎌倉~茅ヶ崎の海岸線)より落ち着いているように感じられるのも特徴であり、魅力です。

南端は長者ヶ崎で、ここより先、横須賀市に入ります。

葉山町の海岸線は、晴れた日であればもれなく相模湾の向こうに江の島や富士山が望めるというおしゃれスポットでもありますが、例えば真名瀬海岸には漁港もあり、朝一も開催されているというように「おいしい」一帯でもあります。相模湾沿いの海岸エリア一流のメリットでもありますね。

 

 

軍港横須賀と三浦半島

横須賀といったらここ、みたいなエリアとしては、やはり東岸(東京湾沿い)の軍港エリアでしょう。

三浦半島の中心部に位置する横須賀市、東京湾と相模湾双方に面していて結構広かったりもするのですが、世間一般に浸透した「横須賀」イメージは東京湾沿いが担っています。

海上自衛隊・横須賀地方総監部米海軍横須賀基地(U.S. Fleet Activities Yokosuka)、傍には記念艦・三笠三笠公園があって、少し離れたところには防大もある、「軍港エリア」の南部にはペリー上陸の跡を始めとする史跡が多くあるなど、隣接する横浜や鎌倉に対する横須賀一流の風土が強く伝わってくるのは、やはり東京湾沿いです。

べたべたな感覚ですが、やはり「ここに来るとカレーを食べたくなる」一帯ですね。

横須賀にある自衛隊のほぼすべての施設と米海軍基地では、原則として一般向けのイベントが行われているので、関係者以外でも「そこに基地があること」を体感できたりしますが、横須賀の相模湾側には、陸自の施設(高等工科学校武山駐屯地)、海自の施設(横須賀教育隊)、空自の施設(武山分屯基地)がある小田和(おだわ)湾があり・・・

さらにその先に進むと三浦半島の最南端・三浦市に至り、三崎の漁港マリンパーク城ヶ島などが見どころとなります。

横浜を基準とした神奈川県イメージを持っている場合、いい意味で神奈川っぽくない一帯でもあるので、一度来るとまた定期的に来たくなる一帯でもあります。

ものすごくざっくりですが、現在も国防の拠点となっている軍港ゆかりの街・横須賀(東京湾側エリア)があり、太平洋に面した漁港があり(三浦)と、そういうのがステレオタイプな「三浦半島」イメージでしょうか。

横須賀市・三浦市双方にも、例えば上記の地図に赤境界線で記したような多くの観光エリアがあったりするので、その辺も追々機会があれば紹介していこうと思っています。

タイトルとURLをコピーしました