鎌倉エリア

【鎌倉・湘南街歩き】パーク&レールライドと鎌倉・江の島パス

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分19秒です。

【鎌倉・湘南街歩き】パーク&レールライドと鎌倉・江の島パス

“定額制鎌倉環状鉄道” 鎌倉・江の島パス

江ノ電沿線にはパーク&ライドという沿線観光にとても便利なサービスがあるのですが、鎌倉・江の島エリアにはそれとは別に、市内の”環状線”を対象としたとても便利なサービス=鎌倉・江の島パスがあります。

例えば、鎌倉と江ノ電沿線エリアを公共交通機関を使って観光しよう、という場合。

JR北鎌倉駅・鎌倉駅間が鎌倉の山間部に、江ノ電鎌倉駅・江の島駅間が鎌倉の海岸部にそれぞれ通されていますが、双方はJR鎌倉駅をターミナル駅としてJRと江ノ電でつながっています。

さらに江ノ電・江の島駅とJR大船駅(横須賀線・北鎌倉駅隣)は湘南モノレールでつながれているので、大船駅ー鎌倉駅間がJR横須賀線で、鎌倉駅ー江の島駅間が江ノ電で、江の島駅ー大船駅間が湘南モノレールでという形で、一本の環状線で鎌倉がぐるっと結ばれています。

 

鎌倉・江の島パス
710円(自動券売機で購入可能)で下記路線一日乗り放題

東海道線:大船駅ー藤沢駅間

横須賀線:大船駅ー鎌倉駅間

江ノ電全区間:鎌倉駅ー藤沢駅間

湘南モノレール全区間:江の島駅ー大船駅間

パーク&ライド、鎌倉・江の島パス双方のコンセプト的な違いは、車の利用を前提としているかどうかにあって、パーク&ライドは車の利用を前提としたサービス、鎌倉・江の島パスは特に車の利用を前提としないサービスです。

広範に、全域を観光したいというような場合は鎌倉・江の島パス、自家用車を利用した上で江ノ電を乗り継ぎつつ、沿線の何か所かをじっくり見たいというような場合はパーク&ライドを使うといったように、二つのチケットを目的次第で使い分けると、より鎌倉・江ノ電沿線街歩きを楽しむことが出来ます。