【鎌倉街歩き】江ノ電極楽寺駅周辺

鎌倉・湘南街歩き

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分25秒です。

【鎌倉街歩き】江ノ電・極楽寺駅周辺

江ノ電・極楽寺駅

史跡やフォトジェニックスポット満載の一帯に造られた江ノ電・極楽寺駅は、

江ノ電の単線区間にあって、同じ鎌倉市内にあるJRの北鎌倉駅や鎌倉駅、江ノ電の鎌倉高校前駅と共に関東の駅百選(国土交通省関東運輸局関東の駅百選・神奈川県“)に認定されています。

 

桜橋/極楽洞

二つの銘板

駅を出てすぐの坂道(駅舎に向かって右手方向)を上って桜橋方向に歩いていくと、

桜橋傍には極楽洞と江ノ電を記念する、鉄製の銘板が設置されています。

極楽洞の開通前、江ノ電は既に藤沢ー江の島間で開通していたのですが(1902年=明治35年)、1907年=明治40年に極楽洞が開通することによって、その三年後(1910年=明治43年)の藤沢ー小町間全線開通へと繋がっていきます。

ちなみに”小町駅”は江ノ電鎌倉駅の旧称で、1915年=大正4年に”鎌倉駅”へ名称変更されています。

江ノ電自体が”土木学会選奨土木遺産”に認定されていることから(土木学会選奨土木遺産委員会江ノ島電鉄“)、

沿線の四か所に銘板が置かれている(江ノ電公式サイト土木遺産認定 銘板の設置について“)のですが、桜橋・極楽洞傍はそのうちの一か所にあたります。

 

桜橋

向かって左が極楽寺駅方面、右が極楽洞方面ですが、

駅傍にある坂を上った上にある赤い橋が、桜橋です。橋上からは、

極楽寺駅を出発した電車が極楽洞に入る様子、反対に極楽洞から出て来た電車が極楽寺駅へ到着する様子を望むことが出来ます。

極楽洞へ向かい、

鎌倉駅方面を目指す電車。次の停車駅は大仏アジサイ寺のある長谷です。

反対に、長谷を出発した電車は、

極楽洞経由で極楽寺駅へと向かいます。

 

極楽寺

極楽寺駅の駅名ともなっているお寺・極楽寺は、桜橋を渡ってすぐのところに入り口があります。

1257年~1259年頃、鎌倉の深沢地域(旧深沢村だった、湘南モノレールの沿線地区)にあったとされる、阿弥陀如来像が安置された草堂(草ぶきの家)が、現在の極楽寺のルーツです。

僧・忍性によって開山された「草ぶき」の極楽寺では、大々的な福祉事業が展開されたようですが、やがて1259年、鎌倉幕府の第二代執権・北条義時の次男・重時が、”極楽寺”を現在地に移転・再建し、開基しました。

これが現在の極楽寺のルーツです。

開山はおよそお寺としての実態が伴った状態、開基はそこに経済的な実態が伴った状態を指します。信仰対象としてのお寺が作られた後、ほどなくそこにお寺としての実態が伴うことになった極楽寺ですが、元々はかなり規模の大きいお寺だったようです(現在は本堂のみが残されています)。

桜橋付近にある入り口手前から、

まっすぐ本堂に向かって伸びた参道の長さが、大寺院だったかつてを偲ばせますが、

境内は撮影禁止なのが残念なところです。

境内には、かつて施薬院、悲田院で使われていた薬鉢が本堂前に置かれている他、北条時宗縁の桜の木が植えられています。

 

伝上杉憲方墓

明月院を作った上杉憲方の墓も、江ノ電極楽寺駅傍です。極楽寺駅から成就院方向に向かって歩いていく道すがら、アパート横を入っていった先にあります。

位置的には桜橋傍、本当にすぐのところなのですが、少々わかりにくいところに位置しています。

 

成就院

about 成就院

極楽寺駅下車後、桜橋方面への坂を上り、桜橋を渡らずに由比ガ浜に向かう道沿いを歩いて進むと、

道沿い右側に階段坂が出てきますが、この階段坂を上ると成就院の境内に向かいます。

成就院は、平安時代の僧である弘法大師=空海が諸国巡礼の際、百日間にわたって修法を行ったことが縁起とされ、不動明王を本尊としています。

ただし、開基・創建はそれから約400年後、鎌倉時代のこと(1219年)です。

鎌倉幕府の第二代執権・北条泰時が成就院を開基するにあたっては北条一族の繁栄が祈念されるのですが、開基の約100年後(1333年)、残念ながら鎌倉幕府滅亡につながった鎌倉の戦いの戦禍で焼け落ちてしまいます。

ということで、現在の成就院は江戸時代に再建されたものであるようです。

 

成就院へ

成就院の山門前を通って海岸方向に抜けるように通されているのが、極楽寺切通しの階段です。

切通しの階段を上って、成就院の境内へ。

上りきったところは展望台のような踊り場になっていて、アジサイも咲いています。

極楽寺駅方面から歩くのではなく、由比ガ浜方面から”切り通し”を上ってくる場合、

由比ガ浜を背にして上ってくることになるため、道中や上りきった地点からは、由比ガ浜が臨めます。

山門には、成就院の山号”普明山(ふみょうざん)”が刻まれていますが、

“普明山 法立(ほうりゅう)寺 成就院”が、成就院の正式名称です。

成就院に縁のある弘法大師の像。

境内にある縁結び不動明王像は、本尊の分身です。

現在の成就院は縁結びのパワースポットとして有名なお寺で、鎌倉をテーマとした旅番組にもしばしば登場しますが、その際にお寺へのルートとして紹介されることが多いのが、由比ガ浜側から伸びている風光明媚な切通しです。

 

アクセス

極楽寺駅

 

桜橋/極楽洞

駅を出てすぐの坂道(駅舎に向かって右手方向)を上っていくと左手に桜橋があり、桜橋上から極楽洞が望めます。

 

極楽寺

開門時間は9時~16時30分です。

 

伝上杉憲方墓

 

成就院

開門時間は季節により異なります。3月2日~10月31日は8時~17時、11月1日~3月1日は8時~16時30分です。

タイトルとURLをコピーしました