【横浜観光とイメージBGM】横浜街歩きと”夜撫でるメノウ”

BGMとBGV

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分30秒です。

【横浜観光とイメージBGM】横浜街歩きと”夜撫でるメノウ”

私見”夜撫でるメノウ”の魅力

みなとみらい線沿線限定で「この曲に似合いそうなスポットは、どこかな?」ということを考えてみましたというコーナー、前回のクラシックに続く今回は、初音ミク(YOASOBIのAyaseさん)の”夜撫でるメノウ”と沿線スポットです。

“夜撫でるメノウ”は、終電後の時間帯を舞台としたすれ違いの果ての別離が伝えてくる、甘い寂しさが魅力の曲です。

ちなみにメノウ(瑪瑙)とはパワーストーンなどの類の天然石ですが、古来より貴重なもの、大切なものが表象されています。

つまりは一見したところ別れの歌でありながら、それを一人”夜に撫でる”時に感じる暖かさが表現された(?)というようなどこかパラドックスな世界、どん底まで落ちて再起不能になっていく”何か”というよりは、どこかその孤独を愛でているような世界が展開されます。

出会いあれば別れあり、その出会いと別れが一体となったような曲なんですね。

一つのテーマの中で今と昔を行ったり来たりという、割とAyaseさんやYOASOBIの曲にはボチボチありそうな、王道に近い世界です。

優しい言葉を用い、女性目線で描かれたようにも見える曲ですが、曲の世界から察せられる雰囲気的には男性側から発した言葉っぽく見えるあたり、YOASOBIの当たり曲にはしばしばあるといえばある感じなので(例えば”たぶん”-公式MV-あたりがまさにそんな感じです)、YOASOBI好きならまずハマれる曲ですね。

 

沿線のお似合いスポット

果してこういう曲が似合いそうなスポットはどこかなと。

全てを満たしそうなのって日本大通り界隈、象の鼻パーク(特に夜の象の鼻ですね)付近なのかな、なんて思えますが、終電後始発までの時間帯で考えるのであれば割とぴったりはまって来そうです。

一つには、山下公園側から、あるいは赤レンガ側から歩いたときに、なんとなく通過できてしまう中継点に位置しているのもポイントです。

すぐ隣にある山下公園にも似合いそうだといえば似合いそうな曲ではあるのですが(その意味では赤レンガ一帯も然り)、”この曲が似合いそうなスポット”という前提を加味すると、山下公園には(都市伝説的なものを含め)色んな情報が詰まりすぎている部分があるように見えなくもありません。

知名度が突出しているが故に、程よいマイナー感がないんですよね。

みなとみらい側だと、どうでしょうね。平成前半くらいまでの、ざっくり街区が整っていた頃のみなとみらい中心部であれば、程よく”一人”が染みてくる雰囲気を醸していたような記憶もありますが、今現在ということだと、少々人工的に整いすぎているイメージが無きにしも非ずです。

みなとみらいから歩いたとして、ギリギリその雰囲気が出てくる一帯が赤レンガが視界に入ってくるあたりからだということになると、やっぱり象の鼻付近が強そうではありますが、元々今に残されたインフラを含めて、今昔を行き来しやすい場所でもありそうです。

山手本通りからほどの距離があるわけでもないですが、ぼちぼち人混みが多そうな一帯にてきどな距離があるあたりもポイントというか、全てが終わった後に一人眺める夜景としてもほどよく優しいのではないかと、そんな雰囲気を持っている一帯のようにも思えてきますからね。

ということで、BGMを絡めたスポット巡りについては、今後もぼちぼちまとめていきたいなと思っています。

けんいち

横浜出身・在住。現在、横浜・みなとみらい線沿線を中心として、鎌倉・江ノ電沿線、箱根エリア、他国内街歩き・小旅行記事を書いています。サイトへのご意見・ご感想等々は、お手数ですがPCからお願いします。

けんいちをフォローする
BGMとBGV
けんいちをフォローする
みなとみらい線沿線街歩き + 小旅行&Indoor Life
タイトルとURLをコピーしました