スポンサーリンク

【ネット/PC/SNS】ハッシュタグとRe〇〇

ネット/PC/SNS

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分34秒です。

【ネット/PC/SNS】ハッシュタグとRe〇〇

ハッシュタグ

タグをつけた投稿

ハッシュタグ(#)は、自分の投稿に”#”(ハッシュタグ。以下タグ)を付けて投稿することが「そのことについての話題だ」という意思表示になるという、Twitterインスタなど、SNS利用時の入門知識の一つです。

一般的には文末にタグ(タグ+固有名詞等)を付けることが多いですが、文中にタグをつけた投稿や、文章丸ごとタグだらけという投稿も稀に見かけます。

よくある形としては、例えば「今日の勝利でCS進出決定! #baystars」みたいに書くやり方ですが、これに対して「今日、#baystars が勝利してCS進出決定!」みたいに書くことや、「今日、baystars が勝利してCS進出決定! #これでポストシーズンも #野球観戦を楽しむことが出来る #今年は最高!」のように、文節ごとに丸ごとタグをつけることも出来ます。

前者が原則、後二者はどちらかというと変則的というか派生的な利用法ですが、注意点としては、タグを利用する場合、前後の言葉との間に半角以上のスペースを開けることが必要です(でないと、どの言葉にタグが付されているのかをアプリが認識できないためです)。

もちろん、タグはつけて投稿してもつけずに投稿してもどちらでもいいのですが、タグを付けずに投稿すると、多くのフォロワー(≒ネット上の友達)を持っている人以外、せっかくの投稿が誰の目にも触れずに終わってしまうということになりかねません。

なので、およそアカウントを公開している状態であれば、通常は付けるユーザーが多いです。

概して、定番的なタグ利用は多くのユーザーと繋がること、変則的なタグ利用は自分自身の投稿のみを把握・整理することに適していると言われていますが、投稿の目的を明確にすることによって、より効果的なSNS利用が期待出来ます。

 

タグ検索

タグの付いた言葉(固有名詞や文節等々)をクリックすることによって、同じタグが付された投稿を一気に表示することが出来ます。

例えば”#baystars”であれば、このタグの付いた全投稿が時系列順、あるいは注目度の高さ順に一覧表示されるので、この機能(タグ検索)を有効利用することによって、同じ話題に興味を持つ人とつながったり、あるいはその話題についての多くのユーザーの声を知っていくことが出来るんですね。

逆に、多くの人が注目している話題にタグ付きワードを添えて投稿することで、自分自身の投稿に注目を集めさせることも可能となります。

 

リツイートやリポストなど、Re〇〇

例えばハッシュタグ検索などで、自分がある特定の投稿について良くも悪くも目を惹かれた場合、その投稿を自分自身のタイムライン(自分の投稿をメインとした画面)に投稿しなおすことが出来るのですが、この「誰かの投稿を自分の投稿として投稿しなおすこと」はリツイート(Twitter)、リポスト(Instagram)、あるいは各種ブログ(アメブロやtumblrなど)の場合はリブログと呼ばれています。

SNSによってはボタン一つで可能となる”Re〇〇”では、個人ユーザーレベルによる”投稿の紹介”が狙いとされています。

リポストであれリツイートであれリブログであれ、どれもそのSNSが持つ重要機能の一つであることに違いはないのですが、それぞれのSNSの特性が反映される部分が多いのも特徴です。例えばインスタ界隈ではリポストがあまり浸透していない反面、Twitterユーザーの間では、リツイートはメイン機能の一つとして認識されています。

けんいち

横浜・みなとみらい線沿線を中心とした国内街歩き・小旅行記事etcを執筆・投稿・管理しています。

けんいちをフォローする
ネット/PC/SNS
スポンサーリンク
けんいちをフォローする
横浜・みなとみらい線沿線街歩き
タイトルとURLをコピーしました