写真撮影

【Outdoor Life/写真撮影】光の取り込み方とISO感度/F値/シャッタースピード

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分51秒です。

【Outdoor Life/写真撮影】光の取り込み方とISO感度/F値/シャッタースピード

ISO感度

ISO感度とは、カメラが光をとらえることが出来る能力を数値化した値です。フィルムカメラではフィルム感度を表していた数値が、デジカメではカメラ側の性能を表す数値となりました。

値が小さければ小さいほど、撮影には多くの光を必要としますが、反対に数値が大きければ大きいだけ、少ない光で撮影することが出来ます。

最低が100、ここから×2という形で増えていきます(200、400、800、1600~)が、数値をあげすぎるとノイズも増えてくる(画質が荒くなる)ので、あまり高い数値にせずに撮影するのが無難です。

「あげすぎ」注意は、特に光がほぼないような場で夜景撮影をする場合などですね。

ISO感度はAUTO(自動)設定でも撮影できるので、特にこだわりが無ければAUTO設定のまま、F値やシャッタースピードを意識していくという方法がお勧めです。

 

F値

F値とは絞り値のことで、レンズをどこまで開放するかを表す値です。この場合の「解放」とは、光の絞り込み(取り込む量を減らすこと)に対する「解放」(取り込む量を増やす)を意味します。

F値小(解放) 数値が小さければ小さいほど少ない光量での撮影が可能で、かつピントを合わせた部分以外のボケが写真で表現しやすくなります。

F値が最も小さい場合=もっとも光を多く取り込める状態だということで、絞り値解放といいます。

F値大(絞り) 数値が大きければ大きいほど、撮影には多くの光量を必要とします。

全体的にくっきりとした写真になるという特徴があります。

F値最大=最も光を少なく取り込む状態のことを小絞り(こしぼり)と言いますが、単にその状態を称して「小絞り」であるとはあまり言わないようです。

絞り値優先モード 昼間の写真で「ボケ」を使った写真を撮りたい場合や、反対に全体をくっきり写したい場合などは、自分で絞り値のみを調整して、後の設定はカメラにお任せするという、絞り値優先モードを使います。

手元に寄せて被写体のみを強調したい場合はF値を小さく、風景写真のように全体を綺麗に撮りたい場合はF値を大きめにとるのが一般的です。

ただし一般に、そのレンズの性能が一番良く出るのがF8だといわれています。

なので基本的にはF8に固定して、特に狙いたい写真がある場合にF値を動かしていくというやり方が、カメラの性能に忠実な撮影だとはいえるでしょう。

 

 

シャッタースピード

シャッタースピードとはシャッターを開け続けている時間のことです。

昼間の撮影では1秒未満であることが原則ですが、夜景撮影などでは数秒開きっ放しということもあります。

値が小さければ小さいほど取り込める光の量は少なくなりますが、反対に、値が大きい場合はより多くの光を取り込むことが出来ます。

前者はごく短い時間しかシャッターが開かないため、後者はシャッターが長時間開いているためですね。

シャッタースピードが短い場合 「一瞬」を撮影できます。例えば野球の試合を撮影していて、バットがボールをとらえたまさにその瞬間を撮影したいというような場合は、シャッタースピードを短く取ります。
シャッタースピードが長い場合 カメラが一定時間を捉えることになって、流れのある写真が撮影できます。例えば水がつながって見える川や滝の流れ、噴水、夜景撮影で車のヘッドライトが流れていく様子をとらえた写真等ですね。
シャッタースピード優先モード 夜景撮影や、昼間の撮影で「時間」を意識した撮影に適したモードです。シャッタースピードのみを自分で調整して、あとの設定はカメラにお任せするという、シャッタースピード優先モードを使います。

ちなみに、夜景撮影の場合はカメラの手持ち時間が長くなるので、三脚が必須です。