【街歩きと社会】神社・お寺参拝と御朱印帳

街歩きと社会

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分14秒です。

【街歩きと社会】神社・お寺参拝と御朱印帳

「御朱印」の歴史・神社とお寺

御朱印とは、神社やお寺を参拝した証として、それぞれからもらう印のことです。

市販されている御朱印帳に書いてもらうのですが、御朱印帳自体はお寺や神社でも売っていますし、ネットで「御朱印帳」検索すればAmazonや楽天からも大量に出てきます。

当然のことながら神社やお寺によって印は異なるので、集めれば集めただけ思い出も増えてくるというのが、御朱印集めのわかりやすい魅力ですね。

記録に残るところだと、奈良~平安時代に仏閣に経典を納めたことの印としてもらうものを起源として、やがて室町・江戸期以降、それが神社仏閣参拝をしたことの証明印となっていく形で日本社会に根付いてきたようです。

元々現在の御朱印帳は納経帳(のうきょうちょう)といわれ、四国八十八ヶ所巡礼(お遍路)西国三十三所巡礼の際、写経を納めた証明としていただく印のために使われていました。

ちなみに、現在でもお遍路等特定の巡礼では、一般の御朱印帳とは別の納経帳が使われる習慣がある(お遍路については服装規定もあります)ことと同時に、納経を受け付けているお寺、納経を受け付けた上で御朱印をいただけるお寺もあるようです(例えば鎌倉のお寺であれば、鎌倉五山第一位の建長寺や、「アジサイ寺」の長谷寺などでも写経が可能です)。

以上は御朱印のルーツと名残りにあたる部分(お寺との関連)ですが、以下は現在の「御朱印旅」につながる神社との関連についてです。

詣でる対象が仏閣であれば「仏(=釈迦)の教え」という具体的な写経の対象がありますが、神社の場合信仰の対象は八百万の土着の信仰/神様となるため(山や森や木etcに神様が宿るという考え方)、写経の対象となる具体的な経典が存在しません。

この辺り、お寺と神社の根本的な違いといえそうな部分ですね。

そんな中、なぜ室町・江戸期に「納経証明」印=朱印が参拝の証明印になるという変化が起こったのかといえば、一つには、特に江戸時代以降国内の交通網が発達したこと、次いで長期にわたって政情が安定したことによって国民がそれ以前の時代に比べて裕福となり、「旅行」需要自体がピークへと向かっていったためではないかと推定できます。

そんな時流に追い打ちをかけたのが江戸中期に興った国学、中でも復古神道(日本人古来の民族性や精神性の探求を目的とする学問)の普及です。

国学の発展によって「神社の持つ世界観」にあたる神道の理論が体系化され、日本中に広まっていくわけです。

仏教であれば経典そのものが教えとなるところ、神社の精神世界の支柱となる神道の理論には、そもそも信仰対象自体が八百万の神々全て、究極的には自然と共生する日本民族の歴史そのものといったとてつもなく広範な母体があります。

その母体を対象とした学究的な活動の成果の集大成ともいえるものが神道の理論であって、「教え」から解釈を導いていく仏教との間には好対照ともいえる違いがあるんですが、神社の信仰対象が信仰対象なだけに、お寺参拝時の納経帳よろしく「経典を納めた証明に」朱印を与えるというわけにもいきません。

自然な流れとして「ならば参拝したことの証明を」となるわけですが、室町時代に形作られた文化の原型が江戸期になって花開いた、「朱印」をもらう旅もその流れに乗って徐々に姿を変えていったという形ですね。

【街歩きと日本史】五畿七道と東海道、江戸時代の「聖地巡礼」
今回のドライブ旅行では、数々の「旧街道」沿いを通過しました。街道といっても、近世以前からあった街道、近代化の過程で新たに街道と命名されて通された街道、大雑把に分類してもふた通りの種類があるわけですが、このうち「近世以前から」の街道の事情についてまとめました。

やがて開国・文明開化の時代を過ぎて国中に鉄道網が整備されると、「かつて」のお遍路さん的な巡礼が一般化し、参拝をしたことの証明印としての御朱印集めを目的とした旅行も盛んにおこなわれるようになった、”御朱印”という呼び名も、この時期以降定着するようになったとのことです。

 

主要参照サイト

 

御朱印集め・はじめの一歩

現在、御朱印を書いてもらうにあたっては、初穂料(平たく言えば料金、名分としては神様への供え物)として300円を納めるのが一般的だとされています。

神と仏(神社とお寺)が別のものだと判断されるようになったのは江戸時代後半以降のことですが(極端な動きとしては明治維新以降の短期間)、既述のように「御朱印」自体は神仏習合(神道の神様=土着の神様と日本の仏教の仏様を特に区別しない捉え方)時代以来の習わしだということで、お遍路などのようにその寺社詣でが特定の目的や特定のしきたりの中で行われているものでない限り、お寺と神社は一緒になってもいいと判断されることが多いようです(個人的にも、特にお寺と神社を分けての御朱印帳利用はしていませんが、あくまで一般論を根拠としているので、中にはそれをNGとするお寺・神社もあるかもしれません)。

ですが、既述のような歴史的な沿革があることからか、御朱印をもらうにあたっては、一枚の紙を渡して「これに書いてください」はマナーとして失礼にあたるとのことです(さすがに、それはそうですよね笑)。

御朱印帳忘れちゃった、でもどうしてもここの御朱印が欲しい! なんて思った時。あるいはその場でどうしても御朱印が欲しくなった、そんな時には一冊新たにその場で購入した上で、新規に書いてもらえばいいんだという話ですね。

そんな御朱印集めの旅のはじまりを前に、梅雨明け前に買った御朱印帳。

実はかなりお気に入りの一品です。

インスタの投稿日を見ると6月23日となっていますが、「せっかくこういう旅行をするんだから御朱印帳の一発目は夏の旅行中にしよう!」と、スタートとなる弥彦神社詣でを楽しみにしていました。

 

タイトルとURLをコピーしました