【街歩きと日本史】五畿七道と東海道、江戸時代の「聖地巡礼」

街歩きと社会

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分13秒です。

【街歩きと日本史】五畿七道と東海道、江戸時代の「聖地巡礼」

現在の「街道」には、およそ江戸時代までに整備された旧街道以来の由緒を持つものと、その後新たに「街道」と命名されたもの、二つのパターンがありますが、今回は小旅行ドライブ道中に通過することになった「旧街道」の歴史等について取り上げます。

江戸時代の街道整備

「旧街道」の大きな転換点は、江戸時代のはじまりと共にありました。

未だ戦国の気風を強く残していたのが江戸幕府が開かれた直後の日本社会だったということで、開祖である徳川家康は幕府の支配をより盤石なものとするため、数々の政策と共に主要な街道の整備に着手しました。

その手はじめとして整備されたのが、江戸と本州の主要拠点をつなぐ道である五街道で、元々あった道が再整備される形で整えられたか、あるいは新たに作られたか、二つのうちどちらかの方法によって整えられていきます。

「元々あった道」とは、大化の改新以降、律令制下の全国統一事業と共に整えられた五畿七道のうちの「七道」へ通された道のことで(後述します)、江戸時代に整備された五街道は、それぞれ東海道、中山道、甲州街道、日光街道、奥州街道です。

五街道のうち「元々あった道」にあたるのは東海道、中山道、新たに作られた道にあたるのは甲州街道、日光街道、奥州街道です。

五街道というメインストリートからは、さらに「脇街道」あるいは「脇往還」などと呼ばれる「脇道」が派生していくことになるのですが、ここでいう「脇」とは「その他(=五街道以外)の道」であることを意味します。

 

五街道と五畿七道

古代の「五畿」および「七道」とは、交通路によって分けられた当時の地方区画を指します。

当時の政治の中心地だった「畿内」の五地区(五畿=現在の京都府・大阪府・兵庫県・奈良県)以外の七地区へとつながる七道は、それぞれ東海道、東山道(中部・東北)、北陸道、山陰道、山陽道、南海道(四国)、西海道(九州)と命名されました。

東海道 現在の茨城、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨、静岡、愛知、三重(熊野地方を除く)の各都県を合わせた地域
東山道 現在の青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島の東北6県と、栃木、群馬、長野、岐阜、滋賀の各県を合わせた地域
北陸道 現在の新潟、富山、石川、福井の各県を合わせた地域
山陽道 現在の兵庫県南部と、岡山、広島、山口の各県を合わせた地域
山陰道 現在の京都府北部と兵庫県北部および、鳥取、島根の各県を合わせた地域
南海道 現在の香川、徳島、愛媛、高知の四国4県と、三重県熊野地方、和歌山県、淡路島を合わせた地域
西海道 現在の福岡、佐賀、長崎、大分、宮崎、熊本、鹿児島の九州7県

「東海」「北陸」「山陰」「山陽」などは今でも残っていますが、五畿七道の制定によって中央(=政治の中心である五畿)に地方(=七道)が組み込まれていき、駅伝制の整備と共に通された道にしても、もっぱら公用のために利用されていました。

ですが、そもそも整備された動機が律令制実施のためだったということで、「七道」は元々時の政権と命運を共にする運命にありました。

ということで鎌倉幕府の成立以降、それでも鎌倉と京を結ぶ道として機能し続けたという東海道のような例外を除くと、多くは維持困難となって廃れていきます。

代わりに栄えたのが、元々民間人が私生活で用いる私道だったのですが、それらの道については元々の地形や自然環境を克服できないままだったという面が多々あった上、戦国期には各々の大名の勢力範囲ごとに防衛線が張られる形で領土も道も分割され、日本全国は事実上分断状態へ向かいました。

安土桃山時代以降江戸時代にかけて整備されたのがこれらの状況だったということで、江戸時代に入って改めて整備された五街道の東海道や中山道にしても、「なぜそこに通されたのか」のルーツを辿ると律令制下の五畿「七道」にさかのぼることができるのですが、かつての「東海道」に通されていたメインストリートが五街道の東海道となり、やはり七道時代の「東山道」のメインストリートの一部が中山道となります。

整備された五街道は全て幕府直轄とされた上、道中奉行によって管理された街道上には宿駅の他に関所(後述)が置かれ、警備の拠点とされました。

 

関所の江戸時代前後

江戸時代の街道整備においてそれ以前との違いということでは、例えば織田信長は室町時代以降に増えすぎた関所を撤廃しましたが、家康はこの関所を復活させ、江戸防備のために機能させます。

戦国の気風がいまだ色濃く残る世にあっては、街道整備によって交通の便が良くなったことは江戸が丸裸も同然になったことをも意味するため、そのことへの対処が必須だったんですね。

ここに「入り鉄砲(江戸に入る武器)に出女(大名の妻=人質の逃亡防止)」に特に厳しかったと言われる、関所の厳格な取り締まりが始まるわけですが、この点は江戸時代の関所に特有の性格と言えるものです。

元々中世の関所に与えられていた役割は、街道上の通行取り締まりではなく、もっぱら関銭(通行料)徴収にありました。

鎌倉・室町期には民間人の街道利用による往来が急増するようになったことから、前記したように「公用」以外で使われていた私道の需要も増え、通行量に比例して伸びていく関銭の収入が期待できる状況が整っていきます。

その結果関銭は室町幕府や守護大名、さらには荘園領主にとっての貴重な財源となって、主要な街道上に多くの関所が造られたわけですが、増えすぎた関所はやがて通行に支障をきたすようになり、最終的には織田信長によって廃止されることにつながっていきます。

このような事情を経たのち、江戸期に入って整備された街道上に改めて置かれた関所は、かつてとは別機能が重視されたものとなりました。

 

江戸社会の旅と聖地巡礼

結果として安定に向かった政情や街道整備の恩恵を被る形で、江戸社会では、整備された街道を利用した旅行、例えばお伊勢参り、金比羅参り、富士山や大山(丹沢)などの霊山巡礼、江戸見物や上方(主に京都)見物、善光寺詣で、厳島参拝等々、民間信仰に基づいた聖地巡礼が盛んとなります。

ここでいう「巡礼」は、ただ厳かなだけのものではなく、10年・20年に一度、あるいは生涯に一度の非日常経験でもあったようです。

特に伊勢参りの場合、旅行を手引きしてくれるのは、民間信仰の総元締め的な地位にある伊勢神宮の御師さんです。ちなみに御師さんとは、おし、おんしなどと呼ばれる、神社の案内を請け負った人たちのことですが、特に「おんし」と読む場合、伊勢神宮の案内人のことを指します。

出発の前後が日常の民間信仰と結びつけられた旅=伊勢参りは、旅のメインである伊勢参拝時の待遇が豪華なら食事もまた豪勢だということで、一生ものの思い出になったといわれています。その他の旅であったとしても、「五穀豊穣を祈る旅に出る」と言ってしまえば旅そのものが仕事とかかわりを持つことになるため、旅の一部である道中についても「全てご自由にどうぞ」が通例だったようです。

その場合の「自由」は、およそ民間信仰に基づいたものであり、かつ幕府の支配原理に背くものでなければ、むしろ制度の中に組み込まれたものとして奨励され、道中の放蕩についても原則黙認されました。

もちろん、旅のあり方(宿のグレードや宿での待遇など)については旅費の高低によって随分違ったようですが、支配者である幕府側からしても間違いなく全てわかった上でのことであって、まぁ、粋な話ですよね。

 

追伸・幕府サイドの事情

「情けは人の為ならず」という裏の話しがあってこその「巡礼旅」ではあるのですが、統治側である幕府の財政にしても、庶民が旅行によってお金を使うことで成り立つ面を持っていたため、「聖地巡礼」各種については文句を言うに言えなかったというのが本当のところだったようです。

伊勢を案内する立場にあった御師さん、元々は神職だったはずですが、近世にいたってその実態は旅行業(伊勢参りのあっせん等)化します。御師さんはただ厳かな神職だったというよりは、見方によっては江戸社会発展の仕掛け人的な立場にいたわけです。

また宿場町を盛り上げていた飯盛女さんについては、表向きの仕事は宿の給仕や客引きなのですが、隠されたもう一つの仕事として「宿泊客の夜のお供」(要は売春)が公然と行われていました。とはいえ今の世から一般的に想像されるような後ろ暗さと共にあるというよりはむしろ真逆で、どこかあけっぴろげ、時に強引、結果として宿屋の切り札だったりエースだったりと、欠くことが出来ない存在だったようです。

タイトルとURLをコピーしました