【首都圏日帰り小旅行/箱根ドライブ】ガラスの森美術館へ

"ガラスの森"の四季
庭園名物"光の回廊"と大涌谷方面の山々。

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分4秒です。

【首都圏日帰り小旅行/箱根ドライブ】ガラスの森美術館へ

夏前のアジサイ

ススキ草原経由で訪れた、ガラスの森美術館。初訪問は3~4年前、今年は春以来の訪問です。

春の訪問時には、庭園には天然のアジサイと共にガラスのアジサイが咲いていました。

 

秋のガラスの森へ

入り口の向こうにそびえる箱根の山々は、入館を前にして入館後を期待させますが、

早速入り口から中へ。

入ってすぐ目に入るのは、庭園名物”光の回廊”と大涌谷方面の山々です。

「光の回廊」手前から。

庭園内の「秋」を感じさせる一帯へと、順路は続きます。

 

カフェ&レストラン”ラ・カンツォーネ”

入り口から庭園に入った道沿いに位置する、カフェ&レストランの”ラ・カンツォーネ”。

入り口上部には、”Caffe ♪ Ristorante La Canzone”のイタリア語表記があります。

気候の優しい季節であれば居心地抜群となる、庭園をより身近に感じられるテラス席。

庭園を見ながらの軽食では、時が経つのを忘れがちになる心地よさがあります。

 

クリスタル・ガラスのススキ

庭園では、本物のススキと共に、クリスタル・ガラスのススキが植えられています。

一つ一つつながれた、クリスタルガラスの「ススキ」。

ススキとクリスタル・ガラスの向こうでは、クリスマス・イルミネーション用のものだと思われる鉄骨が組まれています。

 

ミュージアムショップ”アチェロ”

庭園内の奥にある、水車小屋が付いたお土産屋さん”acero(アチェロ)”。

メープルシロップ、ジャム、オリーブオイル、お菓子など、「食べるお土産」のお店です。

ジャムの売り場コーナー。

試食コーナーでは全種類が出されていますが、店員さんがガイド付きで試食を勧めてくれます。

 

大王松(三鈷の松)

美術館やミュージアムショップの立ち並ぶ一帯には、”大王松”という松が植えられています。

大王松は、通常の二本の松葉ではなく三本の松葉を持ち、「知恵」と「慈悲」と「真心」を授かるという言われがあるようです。

前にはガラスで飾り付けられた木、両サイドには撮影スポットが設置されています。

初回訪問者の30%だったり50%だったり、あるいは2人に1人だったりと、調査主体によって若干の違いはあるようですが、およそ2人~3人に1人はリピーターになるという、「二度目以降」の来訪者が多いのが「ガラスの森」の特徴でもあるようです(ex.ダイヤモンドオンラインの2013年7月の記事など)。

 

アクセス

タイトルとURLをコピーしました