【首都圏日帰り小旅行】箱根ガラスの森美術館のクリスマス

"ガラスの森"の四季

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分27秒です。

【首都圏日帰り小旅行】箱根ガラスの森美術館のクリスマス

クリスマスの”ガラスの森”

秋の初めにはクリスタルガラスのススキが見所だった箱根ガラスの森美術館の庭園は、冬本番の年末モードに入っていました。

冬のガラスの森は、クリスタルガラスの結晶が雪の結晶の様に見えなくもない、クリスマスモードのガラスの森です。

 

ライトアップを待つガラスの森

入場門をくぐると「光の回廊」。背景には箱根山と大涌谷という、毎度お馴染みの風景ですね。

入り口すぐそばでくるくる回る、小さいオブジェ前を通過し、

ミュージアムにつながる橋に架けられた「光の回廊」前へ。

橋の両側にある池は、光の回廊越しに見ると、どこか水の都風。夕暮れ時の光と相まって、とてもいい雰囲気を醸します。

 

ガラスの森のクリスマス

サンタさんがミュージアムショップ”アチェロ”の煙突を目指している様子は、庭園内のいろんなところから眺めることが出来ます。ガラスの森の、クリスマス名物ですね。

例えば、カフェ&レストラン”ラ・カンツォーネ”入り口付近から。

冬の寒さの中にある、テラス席越しに。

暖かい店内からも、その様子がうかがえますが、

店内では、カンツォーネ(イタリアの歌謡曲)のライブが行われています。

訪問回数が増えた分だけ染みてくる、ガラスの森の魅力の一つがカンツォーネです(箱根ガラスの森・YouTube公式チャンネル)。

 

ライトアップ

箱根の陽が沈むと、いよいよライトアップの時間です。

帰り際最後に「光の回廊」から。

 

アクセス・イベント情報

開館時間:10:00~17:30(最終入館17:00)
12月21日~24日まで:10:00~19:30(最終入館19:00)

入館料:大人1500円 大学生/高校生1100円 中学生/小学生600円

クリスマスガラスのツリー&トワイライト・キャンドル
~12月25日

タイトルとURLをコピーしました