【首都圏小旅行/箱根ラリック美術館】”オリエント急行カフェ”Le Train(ル・トラン)

箱根/富士/三島/御殿場/富士五湖

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分29秒です。

【首都圏小旅行/箱根ラリック美術館】”オリエント急行カフェ”Le Train(ル・トラン)

年の瀬が押し迫った12月半ば、箱根のラリック美術館まで。

美術館の敷地内は自然と共生している色が濃く、紅葉シーズンであればそれを実感できるムードに満ちた空間になっているんだろうな、なんてことが想像できます。

今回は美術館は見学せず、ラリック美術館の代名詞ともなっている”オリエント急行カフェ”、Le Train(ル・トラン)での時間を楽しんできました。

ラリック美術館の名前となっているルネ・ラリックさんは、19世紀から20世紀にかけてのフランスのジュエリー作家・ガラス工芸家で、オリエント急行の内装を手掛けた実績を持っています。

「カフェ」の車両が持つ歴史には、元々はパリと南仏を結ぶ列車であるコートダジュール号だったが、やがてオリエント急行として運用されるようになったという流れがあります。

ラリックさんの美術館を箱根に作るにあたり、彼がコートダジュール号=オリエント急行の内装を手掛けた縁から、2004年4月、その車両が箱根にやってくることとなりました。

 

Le Train(ル・トラン)

カフェの入り口は、美術館の敷地内、駐車場寄りのところにありますが、日本に運ばれたオリエント急行の車両内では、現在、人数限定・完全予約制でカフェを楽しむことが出来ます。

オリエント急行乗車口は、”PASSAGE”の向こうです。

入り口を入ると待合室へ。オリエント急行カフェの待合室は向かって左側にありますが、右側には美術館のカフェがあります。

待合室内から望めるオリエント急行カフェ”Le Train”

乗車前には、車両前部に造られたスペースでオリエント急行の歴史やラリックさんについてのDVDを見せてもらえるので、最低限の知識を持った状態で乗車することが出来ます。

保存されているオリエント急行の車両は、遠目に見ても雰囲気があることが分かるのですが、

現在は、かつて2001年まで欧州大陸を走っていた電車だとは思えないくらい、綺麗な状態で保存されています。

いざ、乗車! 入り口付近は日本でいうところの寝台列車のような雰囲気を醸していますが、

客室内に入ると、通常の日本の特急列車等ではあまり見かけることが出来ないような、豪華な内装になっています。

この空間に入った辺りで「乗客」の雰囲気が変わったことをなんとなく覚えていますが、その場にいるだけで心地良さを味わえるような客室内でした。

ラリックさんの作品である工芸品によって飾られている点も、オリエント急行の個性にあたります。

すぐ横は駐車場なのですが、どこか車窓からの風景を思わせます。

そしてはじまったカフェの時間。飲み物は紅茶かコーヒー、予約段階で好きな方を選ぶことが出来ます。

着席してから40分の乗車時間は、数字だけ見せられると長いようにも感じますが、その場にいると割とあっという間です。

ちなみにこの日はカップルが大半、他は女性同士の乗客ばかりでしたが、「おひとり様」だったとしても文庫本一冊、スマホカメラひとつあれば十分楽しむことが出来ます。車内と車両横で一回ずつ、スタッフの方に記念写真を撮ってもらうことも出来る(希望者のみ)ので、その点でも安心ですね。

注意点としては、人数限定サービスである点と、電話予約が出来ない点(現地での予約限定)が挙げられます。午前の早い段階で予約がいっぱいいっぱいになってしまう感じなので、初めから「オリエント急行」狙いの場合か、あるいは箱根に宿泊する予定がある場合にお勧めです。

 

予約時間・方法・料金

予約時間・方法 初回10時、最終16時。通常時は一時間毎、現在は2時間毎(新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため)。現地での予約限定(電話予約不可)。
定員・所要時間 各回20名・40分
料金 2200円

 

公式サイト

 

参考サイト(いずれも、ラリック美術館公式サイト)

ルネ・ラリックさんについて

オリエント急行の内装について

 

アクセス

周辺には仙石原のススキ草原、箱根湿生花園(12/1~3/19まで冬季休業)、ガラスの森美術館などがあります。

タイトルとURLをコピーしました