【首都圏日帰り小旅行】箱根へのドライブ アクセス&ルート情報

箱根・芦ノ湖エリア

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分20秒です。

【首都圏日帰り小旅行】箱根へのドライブ アクセス&ルート情報

箱根エリアまで

23区、埼玉、千葉、横浜市内等からの箱根へのアプローチについては、湯本側から入るか、それとも御殿場側から入るかという二択があることをプランに含めておくと、より効率よく進めます。

すごく大雑把には以下の違いがありますが、基本どっちからでも行けるには行けます。

湯本・芦ノ湖方面 温泉街芦ノ湖箱根神社、大涌谷等 東名厚木IC
小田原厚木道路西湘バイパス経由で箱根口下車
→湯本へはそのまま道なり
→芦ノ湖・箱根神社方面へは3ルートあり
仙石原方面 ススキ草原・湿生花園・各美術館等 東名御殿場IC下車
→道なりに仙石原方面へ

 

箱根湯本界隈から芦ノ湖方面へ

相模湾沿いから箱根方面を目指す場合、箱根への最初の入り口となるのは小田急・箱根湯本駅前界隈です。

下道であれば国道1号線等で、東名高速方面からであれば小田原厚木道路・西湘バイパスなどの乗り継ぎによって、それぞれ箱根湯本駅前一帯までたどり着くことが出来ます。

 

二本の「国道一号線」と県道732号線

箱根湯本付近から芦ノ湖方面へのルートで迷走の基となるのは、国道一号線が二本あるように見える部分です。

元々二本あるというよりは、箱根湯本駅付近を起点として一本の道が二又に分かれている感じに見えるので、「あれ?」となってしまうんですよね。

二又に分かれる道のうちの一本である”東海道”の方の一号線は、ご存じ箱根駅伝5区(往路)&6区(復路)のルートです。

そして箱根を走る国道一号線”残りの一本”は、かつては有料だった自動車専用道路・箱根新道(こちらも国道一号線)です。

箱根新道は、箱根湯本の駅前で二本に分離した国道一号線のうち、南側のルートを取って芦ノ湖南端を目指し、芦ノ湖畔では東海道(前記した箱根駅伝ルートの一号線)と合流、静岡方面へと抜けていく道路で、箱根地区では旧東海道(旧道=県道732号線。後述)や須雲川に並走しています。

旧東海道(県道732号線)に沿うように通された箱根新道ですが、旧・高速道路の名残りは今も旧道沿いに遺された”インター”に見て取れます。

湯本付近から芦ノ湖方面へ向かう場合の選択肢としては、この二本の”国道一号線”の他、旧東海道=旧道と呼ばれているもう一本の道、県道732号線があります。旧東海道もやはり”東海道”同様路線バスのルートであり、道沿いには見どころがたくさんあります。

箱根界隈の有料道路各線

旧東海道(県道732号線)や箱根新道(国道一号線)のさらに南側には、現在も有料道路である箱根ターンパイクがありますが、芦ノ湖の周りということだと芦ノ湖スカイラインがあります。

芦ノ湖スカイラインは湖尻峠で箱根スカイラインとの分岐を持ちますが、箱根・芦ノ湖両スカイラインは神奈川・静岡の県境の静岡側を多めに走っている有料道路で、芦ノ湖が見えれば箱根の山々が見えて、さらには富士山も見えるという絶景が楽しめます。

いずれも湯本から芦ノ湖までの道であれば山道を走ることになるので、カーブは多く高低差もあり、自然の中を走っているということを実感できるルートが続きます。

タイトルとURLをコピーしました