ドライブ

【首都圏日帰り小旅行】”小さなヨーロッパ” 河口湖・オルゴールの森美術館

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分35秒です。

【首都圏日帰り小旅行】”小さなヨーロッパ” 河口湖・オルゴールの森美術館

11月も終わりの時期、美術館入り口付近にはまだ紅葉が残っていました。

ですが、施設入り口付近は早くもクリスマスモード。

秋も深まった、季節の移り変わり期を感じさせます。

 

“小さなヨーロッパ”

オルゴールの森からは、到着前にもずっと見えていた富士山が臨めます。

キャッチコピーは、”小さなヨーロッパ”。

河口湖畔にあるということは、施設内からもよくわかりますが、

おしゃれなベンチなんかも置かれています。

 

小さな教会

河口湖畔で、富士山が近くにあって、かつ山に囲まれてもいるという立地条件。レマン湖があって、アルプス山脈が傍にあるというスイスに近いものがありますが、”小さなヨーロッパ”にはスイスの国旗が出ています。

スイス国旗のそばにある”小さな教会”は「香りの館」。石鹸やアロマオイル等を扱ったお土産屋さんです。

 

カリヨン広場

同じ庭園内にあって、こちらは”水の都”っぽい一帯です。

中央にあるのはカリヨン広場。「香りの館」が奥にあって、その向こうが河口湖です。

カリヨン広場の真ん中にある噴水。手前の椅子とテーブルが、水の都のオープンカフェを思わせます。

 

オルゴールミュージアム

入り口傍にあるコンサートホール(オルゴールミュージアム)。

フルートを演奏してくれるオートマタと、鏡に映ったクマさんのオートマタ。ちなみにオートマタとは、自動で動いてくれる機械人形のことです。

二階へ続く階段を上がっていくと、

ヴェルサイユ宮殿をインスパイアして造られたという、ドイツ南部・ヘレンキムゼー城(ルードヴィヒ2世築城)がモデルとされたお城が展示されています。

鮮やかな白の外観の他、室内の天井に描かれた空がちょっとした感動を誘いますが、オルゴールの森のヘレンキムゼー城については、内部にこそ「売り」があります。内部に、オートマタが仕込まれているんですね。

ヘレンキムゼー城を築いたのは、19世紀半ばの第4代バイエルン国王・ルードヴィヒ2世です。

在位中には、後にドイツを統一し、鉄血宰相と呼ばれることになったビスマルクとも面識があった他、オーストリア皇后であり、ハンガリーの王妃でもあったエリザベートとも親交がありました。

癖があって宮廷社会を嫌っていたルードヴィヒ2世と、生来奔放だったエリザベート。二人とも類まれな美形であり、お互いを理解し合っていたといわれていますが、残念ながらこの二人は、ルードヴィヒ2世の(エリザベートの妹であるゾフィー・シャルロッテとの)婚約とその破棄を通じ、絶縁となってしまいました。

苦難に満ちた上ハッピーエンドにもつながらなかったという、ミュージカルにもなったエリザベートの人生同様、ルードヴィヒ2世の人生も時世に翻弄される形で下り坂になって行くのですが、そんなルードヴィヒ2世の精神の逃避先が、まさにこの絢爛な世界にあったとのことです。

 

 

音楽とオルゴールと富士山

“小さなヨーロッパ”は「オルゴール」の森でもあるので、いろんなところで「音楽」がモチーフにされています。

ミュージアムショップの前に置かれているのはハーブのオブジェ。

遊歩道脇に置かれたオブジェは鍵盤楽器をモチーフにしたものぽいですけど、二段なんでなんとなくチェンバロあたりでしょうか。

エレクトーンとかパイプオルガンとか、候補は結構ありそうです。

レストランの窓際席からも富士山が臨めます。

どこにいても富士山が見えるというロケーション、やっぱりすごく良いです。

ミュージアムショップには、たくさんオルゴールが置いてあります。

晩秋から冬への季節。

紅葉からクリスマスシーズンへの流れも見どころですね。

 

アクセス・開館情報

開館時間

原則として9:30~18:00開館(最終入館17:30)

入館料

入館料は大人1500円、大学生・高校生1100円、小中学生800円

ただしこのほかに各種の割引があります。

二度目以降の入館の場合:前回入館時のチケット提示で大人1100円、大学生・高校生800円、小中学生500円

16:00以降の入館の場合:一律(大人~小学生まで)500円、等々。

他、詳細は公式サイトに記載があります。

アクセス

都心部から富士五湖・河口湖へは東名で御殿場インターを目指すルートか、あるいは中央道・富士吉田線で河口湖インターを目指すルートがあります。

東名御殿場インターからだと高速を降りてからが長いので、中央道で河口湖インターを目指すルートがおすすめです。

オルゴールの森美術館到着後、駐車場は施設のすぐ隣、駐車場から車道を渡ることになるのですが、係員の方がナビをしてくれます。