【首都圏小旅行/静岡】三島スカイウォーク

箱根/富士/三島/御殿場/富士五湖

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分22秒です。

【首都圏小旅行/静岡】三島スカイウォーク

芦ノ湖北端・湖尻方面から、芦ノ湖スカイライン経由で静岡・三島方面まで。

天気がいい時は道沿いに富士山が望めることでおなじみの有料道路が芦ノ湖スカイラインですが、快晴とはいかないまでも雲がほとんどなかったこの日、やはり道沿いに富士山を眺めながらのドライブとなりました。

箱根でも特に芦ノ湖界隈は、北上すれば御殿場市、西進すれば裾野市、南下すれば三島市という、静岡県との県境、神奈川県の西端に位置しています。

そんなところから、富士・箱根エリアで前々から気になっていた施設の一つが、芦ノ湖の南側に位置する三島市にある、三島スカイウォークだったんです。

神奈川県内から静岡へ行くというと、「言うほど遠くはないかもしれないけど、でも近くもないよね」という、どこか近からず遠からずなイメージがあるというのが率直なところですが、それはあくまで神奈川東部から移動することを考えた場合の話しで、神奈川西端の箱根エリアそれも芦ノ湖界隈からの移動であれば、三島市はすぐ隣にあります。

御殿場や裾野に行く場合にもほぼ同じ感覚を持つことが出来ますが、湖尻(芦ノ湖北端)付近から三島スカイウォークまでだと30分程度、箱根町(芦ノ湖南端)付近からであればさらにその半分、15分程度で到着するとのこと。

ならせっかくだから三島スカイウォークへ行ってみよう、となりました。

 

三島スカイウォーク

到着前から見えていた巨大なつり橋は、入場券を買って場内に入るとほどなく目の前に現れます。

三島スカイウォークは、全長400メートルの、日本一長い歩行者専用つり橋です。

原則として年中無休で9時~17時まで営業、入場料は大人1100円(中高生500円、小学生200円)で、一度入場してしまえば、あとは好きなだけつり橋を往復することが出来ます。

橋を目の前にして全体を眺めてみると、相当長く、かつ高いところに架けられた橋であることが分かります。パッと見で圧倒された瞬間でした。

ここまで長く、かつ高所に架けられた橋を見るのは、昨年秋に訪れた信越大橋(新潟・長野県境)や、2018年夏に訪れた、群馬にある不動大橋以来かもしれません、なんて思いつつ。

正直言うと高さと橋の全景を見て臆してしまい、写真を撮るだけ撮って帰ろうかとも思ったのですが笑、さすがにそれじゃ何をしに来たのかわからないだろうということで、若干迷った挙句にGO!

つり橋歩きに慣れるまで、というか丁度つり橋の真ん中くらいまでの道のりは、恐怖以外の何物でもなかったです。確かに、眺めはとてもいいのですが、

何分にも足元はつり橋の道一本で、しかも吊られている高さがものすごく高いんですよ。

そんな人は結構多かったように見受けられたのですが、つり橋歩行は、普通に歩くというよりはすり足気味の歩き方ですね。少しでも揺れを減らそうみたいな、そんな歩き方で歩く400メートルは中々に長い道のりでした。

ということで、往路踏破。橋のすぐ傍にある展望エリアから。

残念ながら山頂付近が雲に隠れていますが、富士山も見えます。

しばしの休憩の後、復路へ。

渡りきった時に口の中がカラカラになるほど緊張していた往路に比べて、さすがに復路は多少余裕がありました。

ということで、少しばかり低いアングルから。

無事到着!

最後に、三島スカイウォーク内の施設について。

場内(つり橋の周囲)には、つり橋の構造や周辺環境が学べるスカイウォークミュージアムをはじめ様々な施設がありますが、特に季節限定のあじさい小道があったり、付近の森でバギーを楽しむことが出来たりと、自然を近くに感じられるお楽しみが用意されているところが魅力です。

中でも、ロングジップスライドはある意味(?)一番の目玉といえるでしょうか。

ロングジップスライドは、一般的にはジップラインと呼ばれているようですが、高所にある木々をワイヤーで結び、そのワイヤーに架けた滑車を使って滑っていく遊びですね。

日本一長いつり橋の傍に造られたロングジップスライド、楽しむ人はぼちぼちいるようなのですが、バンジージャンプをするのと同じくらいの思い切りが必要になるところのようにも思えます。どちらかというと高所が苦手気味な僕はとてもじゃないけど挑戦できませんでしたが笑、その手のスリルには目がないというような人は、是非ともチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

アクセス

三島市内と箱根・芦ノ湖を結ぶ国道一号線沿いに駐車場入り口があります。

タイトルとURLをコピーしました