【首都圏日帰り小旅行/ちょっと遅めの初詣と箱根 2】芦ノ湖と大涌谷

箱根/富士/三島/御殿場/富士五湖

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分51秒です。

【首都圏日帰り小旅行/ちょっと遅めの初詣と箱根 2】芦ノ湖と大涌谷

芦ノ湖畔

道中の山道も箱根の魅力のうちなのですが、芦ノ湖に着いた瞬間も格別。

アップダウンや曲がりくねりの激しい山道を抜け、道の突き当りに芦ノ湖が見えた瞬間は、どうしても気分がハイになります。

湖畔に置かれた芦ノ湖とその周辺の地形図、写真中央付近の黒い部分が芦ノ湖です。

“芦ノ湖と箱根の歴史について”は、別記事に分離しました。

【blog/首都圏日帰り小旅行】芦ノ湖と箱根の歴史
【blog/首都圏日帰り小旅行】芦ノ湖と箱根の歴史 芦ノ湖の誕生 芦ノ湖は、今から約3000年前に起こった箱根山の水蒸気爆発によってできた湖ですが、「水蒸気爆発」とは、大量の地下水が地下のマグマと接触することによって起こる爆発のことを言...

雲一つない日の芦ノ湖畔、やっぱり気分がいいものです。

湖畔を歩きつつ、少し遅めの朝食は、芦ノ湖畔のパン屋さん”bakery & table”にて。

湖畔にあって広い窓を持つおしゃれな作り、かつ出してくるパンもおいしいと、いかにも流行りそうな避暑地のお店感満載なお店です。

”bakery & table”の窓から臨める風景。目の前すぐが芦ノ湖です。

今回はモーニングではなく、パンとカフェオレというセットで朝食をとりました。

 

大涌谷と箱根山

箱根の山々の向こうに富士山が見えるという、大涌谷からのおなじみの風景です。

間近に迫る噴煙と「黒卵」。

噴煙で満たされている展望台からの風景。

そこかしこから上がっている噴煙は、箱根が現在も活火山であることの証です。

つい何年か前までは歩けたはずの遊歩道にしても、今は通行止め。

再びこの先を歩けるのはいつの日のことになるのでしょうか。

とはいえ現在でも、芦ノ湖畔(桃源台駅)から早雲山駅まで全線開通したロープウェーで、上空からであれば雰囲気を味わうことはできます。

大涌谷着後、早雲山駅へ向かって噴煙地帯を上るロープウェー。

これまで土砂崩れ、土石流、地滑りといった(地盤が原因となった)自然災害が散々発生し続けてきたことも、大涌谷一帯が持つ負の歴史でした。

今ではその上空にロープウェイが通され、箱根・大涌谷は神奈川県下の一大観光地として認知されています。

 

アクセス・芦ノ湖

アクセス・大涌谷

タイトルとURLをコピーしました