【国内小旅行/ドライブto新潟】「下道」ドライブ初日、横浜から群馬へ

上信越
出発地・横浜

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分50秒です。

【国内小旅行/ドライブto新潟】「下道」ドライブ初日、横浜から群馬へ

保土ヶ谷バイパス・八王子バイパス・東京環状線

横浜中心部の土地勘ある道から保土ヶ谷バイパスへと向かう道路の状況は、概ねいつも通り。

ほどほどに流れている道は東名町田インター付近から大和バイパスと名を変え、さらに相模原の先で八王子バイパスとなります。

保土ヶ谷バイパスから八王子バイパスまで、結局は全て国道16号線なのですが、土曜の午前とはいえ所によりそれなりに詰まっていました。

全線がスムースに流れているとはあまり感じない程度の混み方が続く状態ですね。

そんな車の流れも、八王子バイパスを走り切って東京環状線(これも国道16号線)に入った頃には、詰まることはほぼなくなりました

国道沿いをロードバイクで走る人がぼちぼちいるというような、休日ならではっぽい風景が目立つようになってきたのも東京環状線以降の風景で、はじめのうちはまだ周辺に多かった横浜ナンバーも徐々に減って行き、やがてほぼ見かけなくなりました。

道中の風景で圧倒されたのは、JR八高線・東福生駅そばにある、米空軍横田基地周辺。

どちらかと言うと「車で来るところ」と言うイメージがある一帯には、英語の看板を出している店も結構あって、そのまんま「日本の中にあるアメリカ」の中を走っているようでした。

 

埼玉西部を経由して、群馬南部へ

東京環状線経由で埼玉へ入り、以降埼玉のど真ん中を走る254線に合流するまでの区間。幹線道路の裏道(のような道)をナビされる機会も増えていきました。

神奈川県央部経由で東京・埼玉西部を北上すると、群馬に至るまで、行政区分以外の明確な境目って、正直それほど伝わってきません。神奈川から東京、東京から埼玉への風景は、気が付くとずいぶん変わっていたというのが率直な印象でした。

埼玉に入っていきなり郊外感が増したというよりは、東京西部からの流れの続きに出てきた感の強い風景の中をひた走り、お昼を小一時間ほど回った頃(13時過ぎ)、埼玉・群馬の県境付近、道沿いにあったコンビニの駐車場にて昼食休憩を取りました。

細かいところで大雑把な計画を含むドライブの場合、なくはない感じのお昼ではありますが、とはいえさすがにコンビニの駐車場で一時間も二時間も時間をつぶすわけにもいかず。

それなら! ということで。

二日目に予定していた富岡製糸場訪問、前倒しにして宿へのチェックイン前に見学していくことにしました。

 

タイトルとURLをコピーしました