【青春18きっぷの旅/二日目】奈良井から松本へ

2019夏 上信越青春18きっぷの旅

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分40秒です。

【青春18きっぷの旅/二日目】奈良井から松本へ

奈良井宿の朝

18きっぷ旅最初の宿泊地である旧中山道・奈良井宿では、夜景を撮った後早めに就寝し、迎えた18きっぷ旅二日目の朝。

早朝の奈良井宿を散歩してみました。

夜は早い時間に真っ暗になった宿場町でしたが、朝は早い時間から朝日に映えていました。

既に朝夜涼しい高地の気候の中、かなり爽やかな夜明けですね。

夜は夜で風情があるのですが、朝日の中にある宿場町の見栄えは中々格別でした。

朝が早かった理由の最も重要な部分には「一本逃すと次は2時間後」という感じのローカル線ダイヤの存在があるのですが、朝食をとった後はリミットタイムを待たずにチェックアウトし、単なる街歩きではなく、荷物を持っての奈良井駅への移動となりました。

ちょっと早すぎる気がするのですが、前日初めて見た看板とも、駅近くの水車とも、

今朝でひとまずのお別れです。

またいつか、出来れば近いうちに来たいなと思いつつ、奈良井宿を後にしました。

 

奈良井から松本へ

そんなこんなで、前日ぶりの奈良井駅。

ここから塩尻経由で松本まで、そこから更に糸魚川へと抜けて新潟を目指すのがこの日のルートです。

まずは松本まで出ることからすべてが始まるのですが、18きっぷ旅は「普通列車乗り放題」チケットですということで、到着時刻表示を見るにしても「特急」はとりあえず候補から外します。

下段に表示されたあずさではなく、上段の普通・松本行きこそが目当ての電車です。

思えばこの松本行き普通列車の出発時刻って、宿のチェックアウトタイムなんだよねなんてことを思いながら、一路松本へ。

前日の高尾以来、延々続いてきたような風景の延長に位置する風景でもありますが、飽きること、焦れることはほぼ無かったです。

この後、松本では40分の待ち合わせののちに全席指定の臨時快速、”リゾートビューふるさと”へ。

この日は本州の真ん中付近から日本海側に抜ける日、計画段階では一番時間をかけたところ、かつ実際の行程では一番移動時間が長い日でもありました。

(続く)

 

アクセス

奈良井駅

 

松本駅

横浜出身・在住。現在、主に横浜(みなとみらい線沿線中心)の街歩きガイド記事を書いています。鎌倉・江ノ電沿線街歩きや箱根エリアの他国内小旅行記事をはじめ、その他の話題もボチボチ。サイトへのご意見・ご感想等々は、お手数ですがPCからお願いします。

けんいちをフォローする
2019夏 上信越青春18きっぷの旅国内小旅行
けんいちをフォローする
みなとみらい線沿線街歩き + 小旅行&Indoor Life
タイトルとURLをコピーしました