【blog】バス旅・新幹線旅・普通列車旅・ドライブ旅の比較

blog

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分50秒です。

【blog】バス旅・新幹線旅・普通列車旅・ドライブ旅の比較

高速バス旅プランと移動手段のメリット・デメリット

隣県まで、あるいは一県またぐ程度の移動区間を走る高速バスであれば、たとえば東京駅の八重洲口からでも日中の定期便がそれなりの本数出ています。南関東から東海・北関東・東北南部等へ向かう中距離高速バス、あるいはそれ以上の距離を走る長距離高速バスにしても同様で、同じ八重洲口からでも出ていないことはありません。

八重洲口以外にも、例えば都内であれば池袋や渋谷、神奈川県下であれば横浜駅東口・スカイビルにあるYCATからでも高速バスに乗車することは可能です。池袋・渋谷・YCATからであればほぼ八重洲口と同じ目的地行きのバスが出ているので、割と豊富な選択肢が用意されているということになるでしょう。

注意点としては、特に中・長距離バスの場合、主力が夜行便となることです。

バス会社からすれば、深夜の方が道路状況も圧倒的に良いことからダイヤも計算しやすくなるでしょうし、旅プランを考えるにあたって「旅行当日朝から、現地での時間を計算できる」乗客側からしても、一見してありがたい交通手段であるように見えます。

バスの到着時間(目的地によっては最寄り駅の始発前に着く場合もあります)や、バス降車場付近の環境(早朝から時間をつぶせるスポットがあるか否か)にもよってきますが、すべての条件が折り合えば、旅先での一日を丸々有効利用できますからね。

この点は、例えば新幹線や飛行機での移動に比べて廉価である(例えば東京・大阪間であれば、深夜バスの運賃は最大で新幹線の運賃の1/3以下となります)ことと共に、夜行の高速バスを使う場合の最大のメリットになりうる点です。

他、気になるポイントとしては、夜行の長距離バスでは「移動」をどれだけ実感できるのか、させられるのかという点でしょうか。旅情を感じられるかどうか、体に蓄積される疲れがどの程度のものなのか、この辺りも気になるところではあります。

まず最初の点、長距離バス旅の持つ旅情について。

残念ながら深夜便の場合、原則カーテンを締めて、電気を消しての走行になるので、昼であれば好きなだけ楽しめる車窓からの眺めはほぼ期待できません。

一杯やりながら、流れる夜景を見ながら旅情を感じたい、そんな寝台特急旅のような時間を楽しめる深夜バスって、なくはないですがかなり限られてきます。

かつての「ブルートレイン」を思わせるような「例外」夜行バスとしては、例えば個室寝台バス・ドリームスリーパーが挙げられます。公式サイトや諸々の乗車記を見る限り、かつての北斗星のロイヤルA寝台を思わせるような居室で、夜間の作業し放題、夜景も見放題のようですが、残念な点は、展開されている路線が限られているところです。

そのような「例外バス」を除外した場合。深夜バスの走行中に手元や足元を照らす光はありますが、ともするとスマホの明かりにも神経を使う必要が出てくるので、どうしても出来ることは限られて来るのが原則です。

結論としては、通常の深夜便の場合、なるべく早く休むことが一番です。そもそも出来ることがないですからね(笑)。

上写真は中継地に停車中の深夜バス車内からですが、運転中、運転席側との間はカーテンで仕切られています。運転中はカーテンが下ろされ、客室は消灯状態となります。

次に、深夜バス乗車によって体に蓄積される疲労について。

なんだかんだ普通の深夜バスの旅って、やっぱり結構疲れるんですよね。

一部の例外バスを除くと、原則として普通の観光バスの座席に座ったまま寝ることになるので(もちろんリクライニングは可能)、ベッドで休む時のような快眠はまず期待できません。早朝現地スタートのバス旅プランを組むにしても、組めるには組めますが、その際にも最低限の体調把握・管理は必要となってきます。一晩寝たあとのスタートで、身支度を整える場所も欲しいといえばほしいところですよね。

結論としては、「寝ている間に目的地についてくれる」という利便性のみを求めた場合、期待ほどの満足感が得られない場合もあるかもしれません。そういう移動プランが組めるには組める、それはありがたいことだし、そもそも安いこと自体がありがたいというような、「廉価であること」と併せてありがたみを感じる移動手段ではあるでしょう。

 

新幹線旅プランと移動手段のメリット・デメリット

乗車運賃的にも移動時間的にも、開通以来のライバルが航空会社であるという新幹線

北海道・東北・北陸・東海道・山陽・九州、ほぼ日本列島全域を走っていますが、最大の利点がどこにあるかといえば、やはり超短時間で目的地への移動ができる点です。

新幹線旅をプランした場合、ただ移動が早いだけではなく道中の安全性も高く、かつ乗り心地も抜群であることから、終始ゆったり落ち着いた気分での旅が期待できます。

そんなところから、自分の日常をそのまま目的地に持っていきたい場合にはもってこいの移動手段となるのですが、目的地に至る道中の風景を拾い集めていくような旅をしたいなどという場合には、逆にその利便性がネックになります。

移動に飛行機を使う場合にもほぼそのまま同じことが言えますが、目的地に直で飛び込むことを特に求めていない場合には、本来の魅力が物足りなさにかわってしまう可能性を含んでいるわけです。

「新幹線旅プラン」は、新幹線自体が、新幹線乗車そのものを目的としたいくらいに魅力的な交通手段ではあるのですが、用途・目的が限られた交通手段であるともいえそうです。

 

普通列車旅プランと移動手段のメリット・デメリット

目的地に直で飛び込むことを特に求めていない旅、目的地に至る道中の風景を拾い集めていくような旅をしたい場合、普通列車乗車をメインとする長旅が理想の移動手段となります。

春季・夏季・冬季限定で発売される「青春18きっぷ」が売りにしているところがまさにここで、料金的にも、5日間で交通費約1万円はかなりお得な設定です。

ただし「普通列車をメインの移動手段とする旅」を心行くまで楽しむためには、それなりの時間が必要になります。移動時間自体の長さと、あとは接続時間の問題からですね。

ともすると「このままいつまでも旅を続けていたい」などと思える瞬間がやってきたりするのが18きっぷ旅の道中だったりするわけですが、そんな予感は早ければ18きっぷ旅プラン中に訪れます。

しかし時間は限られています(一枚で五日間)ということで、限られた旅程・時間の中でどう普通列車旅をプランしていくか。計画を立てることそれ自体は楽しい作業なのですが、時間の都合上、どうしても削らざるを得ない路線が出てくるというあたりは、中々悩ましいところです。

 

ドライブ旅の注意点

以上の交通手段と比較した場合の長距離ドライブ旅の魅力としては、やはり元々規定されたダイヤに左右されない自由度がある点、公共交通機関を利用する場合に比べてルートの選択肢が広がる点が挙げられます。

発着時刻も昼夜を問わず、よりドアtoドアに近い旅を実現することが可能となるので、やはり便利といえば便利ですよね。

ドライブ旅の一般的な注意点としては、まずは月並みですが、定期的な給油を心がけることと、あとは走り慣れていない道で無理をしないことが挙げられると思います。

車での長旅は、通常ドライブに比べたらはるかに神経を使いますし、その分疲れもたまりやすくなります。また、結論としてドアtoドアに近い旅が実現できることも確かなのですが、あくまで車で走れる道があった上で、車を停める場所もあることが前提となっています。

行きずりっぽい旅にもドライブ旅一流の魅力はありますが、やはり道中・目的地について最低限の知識を持った上でスタートすることが理想です。便利な車移動中の「面倒な制約」の大半は、ドライバーや同乗者ではなく車自体にかかることから、長いドライブの前には、タイヤの空気圧やエンジンオイルの状態などをガソリンスタンドなどで簡単にチェックしてもらうと、より安心。

ガスの残りにも注意しながら、安全運転を心がけて進みたいところです。

タイトルとURLをコピーしました