鉄道旅行

【青春18きっぷの旅:二日目】”リゾートビューふるさと”で松本から南小谷へ

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分58秒です。

リゾートビューふるさと

松本から乗車したリゾートビューふるさとは、全席指定の快速列車です。全席指定なので指定席券が必要ですが、指定席券を購入すれば18きっぷで乗れます。一見特急ぽいのですが特急ではないらしい、でも生半可な特急とは楽しさが違うみたいだという、結構オンリーワン的な要素を持ったイベント列車(?)ですね。

結論からいうなら乗車は大正解でした。

指定席券については、乗車してから購入してもいいし駅で購入後に乗車してもいいというのがよくあるところですが、”リゾートビュー”についてもご多分に漏れず(座席に空きがあればそれで行けます!)。

ただし売店のおばちゃんに話を聞いたところ「駅で買った方が安くなるよ!」とのことで、購入してから乗車することにしました(時間的に結構ぎりぎりだったので焦って買ったのですが、なんとか間に合いました)。

というか「駅で購入」とさらっと書いてしまいましたけど、そもそもこの場合の駅とは長野県の松本駅です。今回の18きっぷ旅の流れでいうなら、二日目のスタート奈良井駅発後の最初の目的地でもあった駅ですね。

松本城然り、旧開智学校然り。さらに観光案内所でこちらの希望を伝えたらそれっぽいところだっていくつか案内してもらえたところだったのではないでしょうかと言う感じで、本来であれば(?)、せっかく近くまで来たんだし、腰を据えて観光したいスポットではあったんですよ。

今回の18きっぷ旅、ここまでの地点で換算しても早くも何回目の話しになるのでしょうかという感じではありますけど(笑)、それを言いだしてしまうときりがなくなって来る、時間も限られていたので仕方ないといえば仕方なかったのですが、そんな色んな思いが交錯する中で、リゾートビューふるさとは松本駅を出発しました。

さて、リゾートビューふるさとは二両編成で、前方後方は共に展望席になっています。前方なら進路が、後方なら後ろに流れていく景色がそのまま見れるようなデザインですね。

後方からの眺めも良かったですが、やっぱり前方からの視界は抜群です。

沿線は、割とずっと眺めてても飽きがこない景色が続きました。

この日は月曜日だったのでまだかなり空いていましたが、土日祝祭日の様子が目に浮かんで来るようでもあります。

展望席は運転席すぐ後ろと更にその後ろに設けられていますが、ここでは備え付けの沿線の写真集もみれます。毎度毎度の繰り返しになりますけど、この沿線だけでも丸一日使って観光してみたいような一帯ですね。

山と緑と夏の空。

“リゾートビュー”は電車に乗っているだけでも十分楽しめるのですが、自分自身期待していなかったサプライズ要素として、車内ガイドと沿線観光がセットになっていました。

電車には、リゾートビューアテンダントさんも乗車していて、都度観光案内をしてくれます。

もうこれ完全に特急列車じゃないですか(本当に指定席券だけで乗れるんですか?)、という感じがしますが、ある意味で特急を超えてきます、ということも乗車しているうちにわかってくるのですね。

その一つがリゾートビューアテンダントさんの観光ガイドだったりもするわけですが、アテンダントさんが案内してくれる「観光ガイド」にしても、リゾートビュー乗車によって、実体験として盛られてくる機会が設けられています。

“リゾートビュー”と沿線観光

後からJRのサイトを見てみたところ、実はリゾートビューふるさとって松本ー南小谷(おたり)の他、長野から松本までも運行されている列車らしく、その部分にもお楽しみはあるようなのですが、松本ー南小谷間にも「沿線観光」はセットになっていました。

穂高神社

リゾートビューふるさと停車駅である穂高駅から徒歩圏内にある神社が穂高神社ですが、この神社は、穂高駅停車中の観光コースに含まれています。

それも、ちょっとホームに降りてホームからの景色を楽しんでください程度のものじゃなくて、がっつり神社の境内まで。駅から徒歩五分くらいのところにある神社を参拝することができるとのことです。

車内アナウンスでその旨伝えられた時は、ワンテンポ遅れの理解となりました。

観光バス、あるいは今はやりのクルーズ列車だったらまだわかるけど、指定席券のみで乗車できる快速列車でそれが可能になるとは・・・。

ローカル線ならではの運航スケジュールが可能にしたのであろうイベント、もちろん行かない選択肢はないでしょうということで、思わぬところで思わぬ経験をさせていただくことになりました。

ということで、南小谷まではまだ少々時間がありますが、ここで一旦穂高駅を下車。

駅を下りてからの道沿いに穂高神社の鳥居が出ているのですが、夏空の下を少し歩くと、ほどなく穂高神社の鳥居が現れました。ちなみにパッと見でわかる通り、駅前から続く鳥居前の道路には、自転車通行用のレーンが用意されています。

このレーン、もちろん観光利用も可能で、駅前にレンタル自転車屋さんがあるのですが、サイクリングも楽しめたりするようなんです。

実際、そこで自転車を借りたお客さんが2~3人、サイクリングに出発していったのを道すがらに見たのですが、この天候にこの立地でサイクリング、いいですね~。

そもそも穂高駅は安曇野のど真ん中に位置していますし、最高の気分でしょうね。

しかし僕はといえばリゾートビューふるさと途中下車の旅真っ最中なんであって、下車中の観光スポット、穂高神社の境内を目指しました。

電車の乗車中なんだけど、沿線観光のために一旦下車して近隣の神社までの観光ウォーキングの真っ最中ですと、ちょっと今までに味わったことがないような、それでも似たような気分になったことがあるような、なんともお得な気分でした。

この徒歩道の道沿い、本来であれば見れなかったはずのところだったんですよね。

穂高神社の御祭神である穂高見命(ほたかみのみこと)は、日本アルプスの総鎮守であるとのことで、穂高神社の奥宮は観光地として名高い上高地にあるようです。

神社までの道案内と、神社自体のガイドをしてくれたのは穂高神社の巫女さん。

まさか快速列車の乗車中に、巫女さんの案内で安曇野縁の神社の参拝が出来るとは夢にも思わず、当日の晴天とも相まって、大満足のお散歩途中下車でした。

穂高神社から帰還後の穂高駅ホーム。いかにもローカル線といった風貌といい、駅に停まっているちょっとカッコいい電車といい、遠くに見える山といい、「途中下車の旅」下車駅として申し分ない感じではあります。

二両編成の快速電車、緑に囲まれた島式ホーム、見てるだけで癒されてくる風景です。

やがて穂高駅を出発。

夏の空の下、”リゾートビュー”は再び、安曇野の緑の中を走ります。


 

信濃大町・歓迎太鼓

次の停車駅は信濃大町駅、ホームに着くなり、何やら太鼓の音が聞こえてきます。

なんと、電車の到着を太鼓で歓迎してくれていました。おおっ!今度は太鼓ですか。

この、駅に着く度何かがあるという感じ、思わず笑顔になりますよ。ちなみに、土日であれば車内でのイベントも用意されているようです。

信濃大町駅ホームの見どころとしては、駅ホームに置かれたボード”写交場”。

このボードは、ボード自体の映えのみが狙われたものではなく、希望者はここでコスチュームを借りて撮影することが出来る、合わせ技での「映え」狙いですね(ただし、南小谷行きでは停車時間が短いため、乗り遅れに気を付けてくださいとのことでした)。

ということで、コスプレ撮影がかなわないのであればせめて軽めの昼食をと、信濃大町駅の売店で、本当に軽めの昼食として、おにぎりを二つほど購入し、再びリゾートビューへ。

発車時には座席についていたのでほとんど一瞬しか見えなかったのですが、駅のホームでは手を振ってお見送りをしてくれていたようです。

本当に、至れり尽くせりの雰囲気ですね。そういうコンセプトが載せられているのかどうかはわかりませんが、割とリアルに「ぼくのなつやすみ」的な何かが心をよぎります。

 

仁科三湖、木崎湖と海ノ口駅 -”おねてぃ”聖地-

信濃大町駅発後、”リゾートビュー”はほぼ間髪入れずに湖畔沿いを通過しました。

車内アナウンスを聞いていると「アニメの聖地にもなった」美しい風景があるとのことで、列車もゆっくり走ってくれる旨告知してくれした。

そもそも「アニメの聖地」といわれた時点で、仮に何のアニメかわからなかったとしても「ほう!」となりますよね。

それだけ見栄えのいいエリアで、やっぱりファンの間では聖地巡礼なんかも行われていたりするのだろうと。今日日の「アニメの聖地・ご当地」なんて、要は「観光地としてもハズレではない」宣言が為された地みたいなものですからね。

ちなみにここでいうアニメの聖地とは、木崎湖と、海ノ口駅です。

車窓からの木崎湖と・・・

海ノ口駅。

個人的にはそんなにアニメ自体に詳しいわけでもないのですが、かといって全く知らないわけでもない、それでも「長野」「湖」「アニメの聖地」といわれた時に、ピンとくるアニメがあるにはありました。

ピンとくるアニメとは『おねがいティーチャー』という、2002年に放映されたアニメです。

「木崎湖」といわれると何か聞き覚えがある名前のようにも聞こえるんだけど、はて、なんだったっけ。

そうだ”おねがいティーチャー(以下、おねてぃ)”だ!

という、個人的にはそこそこのサプライズでした。

以下、アニメ”おねてぃ”挿入歌のPVより。

見れば見るほど海ノ口駅ですね(笑)。

そもそも”おねてぃ”が放映された2002年(というよりは、ざっくり西暦2000年前後)って、体感的には今につながるネット文化の黎明期(の末期)にあたるような時期で、今でいうYouTube的なコンテンツ=エンタメ動画としては、フラッシュアニメの全盛期だったんです。

フラッシュアニメ自体については、例えばゴノレゴとか、しぃのうたなつみSTEPペリー来航あたりが超がつくレベルの有名どころだったりするのですが、なんか書いてるだけで懐かしくなってくるラインナップですねこれ。

そんな黄金期フラッシュアニメの一つに、BGMとして使われていたメロディが秀逸なものがありました。

何度目かに聴いた時に歌詞を覚えて、歌詞検索から曲名にたどり着くことが出来たのですが、その曲とはKOTOKOさんという、アニソンの世界ではかなり有名なアーティストが歌っている”Shooting star“という曲でした。

このShooting starが、”おねてぃ”の主題歌だったんです。

元々はフラッシュアニメで使われていた曲が入り口だったとはいえ、「せっかくだから」とみてみたアニメ自体も秀逸(一応全話見ました)、アニメのイメージアルバムにしても捨て曲ゼロの大当たり。

こうなってくるとやっぱり多少突っ込んで知りたくなって来るもので、色々ネットで情報を漁ってみたところ、最終的に聖地の「木崎湖」「海ノ口駅」等に行きつくこととなりました。

とはいえ、そういう話にしてももうそれなりに昔の話し、初回放送時からの時間経過であれば、かれこれ20年近く前の話しってことになりますね。

それでも実際「聖地」を予期せぬタイミングで目の当たりにすると、やっぱり当時のことなんかもそれなりに脳裏に浮かんできたりして、色々懐かしい時間となりました。

 

南小谷着

木崎湖が見えてきた時点で”リゾートビュー”の行程はあと少し。

到着前の最後のインパクトという感じで出てきたのが木崎湖周辺だっただけに、この日の旅程としてはこの時点ではまだ半分程度だったのですが、乗車にはかなりの満腹感がありました。

「えーと、この電車降りたらあと残り少しだったっけ?」

南小谷到着を前にしてそんな気分にもなり始めていたのですが、それもこれも”リゾートビュー”の乗り心地的に、特急に近いものがあったからなのでしょう。

ちなみに”リゾートビュー”後は南小谷から三回乗り継ぎ、目的地(JR新潟駅)到着は夜21時前というのがこの日の日程です。

旅はまだまだ続きます、ゴールを考えるにはまだ早いですということで、気持ちは乗り継ぎ間の途中下車の旅へと向かいました。

(続く)