鉄道旅行

【青春18きっぷの旅:三日目】弥彦街歩きと弥彦泊

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分22秒です。

弥彦街歩きと夕食

青春18きっぷの旅、三日目のメインは弥彦神社参拝でした。

【青春18きっぷの旅:三日目】弥彦神社と「御神廟」詣で弥彦神社 朝の新潟駅から、この日唯一となるローカル線、越後線・弥彦線に乗車して弥彦駅へ。 https://latestjapan...

事後は現地泊を予定していて、弥彦着後・参拝前に荷物を置かせていただいていた”四季の宿みのや“に、改めてチェックイン。

部屋に荷物を置き、温泉に入ってすっきりした後、夕食ついでに神社とは反対方面、「外苑」(=神社の外にある庭園)である弥彦公園との間のエリアへ繰り出すことにしました。

「みのや」泊では夕食無しプランを予約していたためなのですが、温泉入湯後は夕食外出を兼ねたプチ街歩きの時間となりました。一部ショートカット(諏訪の木小径)を含んで、外苑坂通りと神社通りをぐるっと歩く、途中で夕食をとってくるというコースです。

参考:弥彦まちあるきマップ(PDF)

 

上諏訪神社

マップのナビが提案した「街歩き」の道沿いに出てきたのは、雰囲気のある大木と、その陰にある祠でした。

歩道沿いから数本の大木が見え、そのうちの一本の影に祠らしきものがあるのが見えます。

ちなみにこの通りの名前は諏訪の木小径というらしいです。「諏訪の木」小径です。

「諏訪」の由来は、おそらくはこの大木と祠の一帯が「上諏訪」神社であることによっているのでしょう(というよりそれ以外にはなさそうです)。

大木に寄り添うように作られた祠があるということで、御神体はこの大木かなとも思ったのですが、後から知った話しとして、上諏訪神社の祭神は長野県の諏訪大社と同じ建御名方神(タケミナカタノカミ)、管理形態は弥彦神社の境外末社(弥彦神社の境内の外にある、弥彦神社管轄の小さい神社)にあたるとのことです。

神社の世界の神様には、上辺をちょっとのぞいただけでもまさに八百万の態様があります。

弥彦神社のように山そのものが神様に見立てられたり、諏訪大社や上諏訪神社のように神話の世界の神様を祀っていたり。

まぁ、色々あるわけですよね。

ちなみに、古来よりの民間信仰の対象となる山のことを霊山といいます。弥彦山もそうですが、他には例えば富士山箱根山なども霊山です。

そんな具合に信仰の形態や神様の姿にしても、本質的にバラエティに富んでいるわけです。

ちなみに上諏訪神社で祀られている建御名方神は、神話の世界で描かれる姿と民間伝承が伝える姿との間に随分違った面がある神様でもあるらしいですが、後の世界に伝承として語り継がれた姿の一例として、「鉄の意思を持った軍神」といったものもあるようです。

なぜここに「上諏訪」があるのかについては現地に由緒書などもない(かつ、ネット検索でも辿れなかった)のでわかりませんでしたが、諏訪といえば個人的には、今回の“18きっぷ旅”で初日に通過した一帯です。

縁起まで含めるなら、あとからじわじわ来る類の「遭遇」でした。

間近で見ると風格も迫力もあるんですよね。

 

割烹お食事 吉田屋

その後ほどなく大きめの通り(外苑坂通り)に出るには出たのですが、なんと目当てのお店は臨時休業!

改めてのお店検索後にたどり着いたのが、付近にあって釜飯が自慢の割烹”吉田屋“でした。

検索しながら思い出したこととして、この”吉田屋”さん、元々本命候補として当日まで残っていたお店だったんですね。

頭の中があまりに「釜飯」でいっぱいになってしまったあまり、その肝心なことを忘れていたんですが、なんだ、そういえばそうだった、なら何の問題もなかろうということで、「まもなく開店」の表示を今度こそ!と信じつつお店へと向かいました。

入店時点で釜飯とはツーといえばカーの距離感、お店のお勧めも釜飯だということで、二つ返事で釜飯を注文。その後の待ち遠しい時間を経て、出てきたお膳とのご対面!

まず目を奪ったのはふたを被った釜飯の向こうに置かれた地魚、散ったネギも具となった味噌汁ですね。

そうなるとサイドを固める漬物にも煮物にも興味をそそられますが、何はなくともこの時のメインは、未だ蓋を被ったままの釜飯くんです。

ということで、オープンザ釜の蓋!

うっまっそう、これまじで!

この時はかなりガチの空腹状態だったこともあって、いただきまーす! からごちそうさまでした! までの時間が本当にあっという間でした。

 

住吉神社大ケヤキ

夕食後、弥彦駅前方面から延びている外苑坂通り沿い、はるか向こうに弥彦山が見えていたり(”吉田屋”は道の左手です。弥彦駅と、弥彦神社の一の鳥居の間、丁度中間あたりにあります)、

同じ外苑坂通り沿いにある「御遷宮橋」などをかすめながら

ぼちぼちこの日の宿(みのや)方面に向かって歩いていました。

そんなまったり街歩きの道中に立ち寄ったのが、通り沿いから見かけた住吉神社の大ケヤキです。住吉神社も上諏訪神社同様弥彦神社の境外末社で、祭神は神社名通りに住吉三神であるとのこと。通り沿いからでもはっきりわかる姿に、強く目を惹かれました。

樹齢約1000年、樹高は約30メートルだそうですが、この木がまさにオギャった頃、日本はまだ平安時代だったんですよ。

その見た目からタコけやきとも呼ばれているようですが、遠目に引き付けられて近寄った後には、樹齢に相応しい迫力に圧倒されました。

新潟県の天然記念物にも指定されているようです。

暮れ行く弥彦の陽の中で圧倒的なスケールを目の当たりにして、この時の自分にとってははるか遠くにある港横浜がどこか懐かしくなった瞬間でもありました。

四季の宿みのや

今回弥彦で泊まった「みのや」。

見るからにグレードが高そうなホテルにリーズナブルなプランがあるという一点だけとっても好印象だったのですが、ハイグレードといっても無駄にギラついた感じが一切ない館内にあるのは上品な清潔感です。

部屋もキレイでかつ機能的、サービスも行き届いていて、バイキング形式の食事もとてもおいしかったと、かなり気に入ってしまいました。

静かで落ち着いた廊下と

フロアによっては見晴らし抜群の一角。

そして、客室内。

丁度いい照明と正面にある窓、さらにその手前にある机。個人的にはこの机が重要だったりもするのですが、ホテルのシングルルームに「申し訳程度ではない」実用に供する大きめの机が置いてあるという時点で、かなり好感度があがりました。

その上ベッドの寝心地もよく、温泉も入り放題と、夕方以降はかなりハイテンションになりました。

というか、そもそもこの日一日を振り返ってみると・・・。

早朝の新潟駅前に立ってテンションがあがり、越後線に乗ってテンションがあがり、弥彦神社詣でをしてテンションがあがり、ロープウェーに乗って、御神廟に行って、釜飯を食べて、とどめに「みのや」に投宿して・・・。

【青春18きっぷの旅:三日目】新潟駅から越後線・弥彦線乗車前夜チェックインしたホテルの部屋にて起床後簡単に朝食を済ませた後、ホテルをチェックアウト。 早め早めのスタートで、弥彦を目指すこと...
【青春18きっぷの旅:三日目】弥彦神社と「御神廟」詣で弥彦神社 朝の新潟駅から、この日唯一となるローカル線、越後線・弥彦線に乗車して弥彦駅へ。 https://latestjapan...

結果として丸一日上機嫌だったことになります(笑)。なんとすばらしい!

日暮れ以降の客室にて、これまでの”18きっぷ旅”の経路を振り返りつつの中、弥彦の夜も更けていきました。

(続く)