【国内小旅行/ドライブto新潟】三国街道経由で越後湯沢、十日町へ

上信越

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分39秒です。

【国内小旅行/ドライブto新潟】三国街道経由で越後湯沢、十日町へ

藤岡から草津へ八ッ場ダム付近の不動大橋経由で越後湯沢へ。一路新潟市内を目指し、三国街道経由のドライブが続きました。

 

越後湯沢へ

現在の国道17号線は、一部区間(高崎・長岡間)がかつて三国街道と呼ばれた、越後の諸藩が参勤交代をするために使ったルートにあたります。

参勤交代に使われた街道は全国にいくつもあって、”殿様街道”という通称を後の世に残しているケースが多々見られますが、三国街道もそんな”殿様街道”の一つです。

三国トンネルの手前から(グーグルマップ)。トンネルの向こうは新潟県です。

大陸から流れてくる季節風や日本海上で吸い上げる水蒸気が原因となって、冬場は厳しい気候となる一帯も、夏場であれば太陽がまぶしい天候が続きます。

スキー場に続く道なだけあって、通過するのも山道のほか、山と山の間の道だったりもします。グーグルマップの風景はやや季節がずれていますが、夏場の一帯は一面の緑に囲まれています。

夏場に走るのは初めてのことだったのですが、夏場や紅葉の季節を目当てにしたドライブでも十分魅力的で、緑の中をひた走るドライブも目的に含んだ旅程だった道中、期待通りの山道を走りつつ、越後湯沢着。

宿にチェックイン後は、車を停めて湯沢の駅前まで。

なんとなく広く感じる道幅、宿や駅舎の外装、周辺の風景等々。駅舎と付近一帯の風景から伝わってくるのは、やはりどこか「雪国の夏」のイメージでした。

車でのドライブだったとはいえ、越後湯沢に着いた時に真っ先に頭に浮かんだのは、かつての上越新幹線のふるさとチャイムでした。

その名も”湯沢旅情”で、1980年(昭和55年)リリースの加山雄三さんの名曲がチャイム化されたものです。

駅の中には”ぽんしゅ館”。計画段階から行ってみたかった施設の一つでした。

ぽんしゅ館には越後の名産品コーナーもありますが、やっぱり名前からもわかる通り、メインはお酒です。

越後の酒造(93軒)が勢揃い、500円=ワンコインで5銘柄の利き酒が出来るというのはなかなか圧巻でした。

晩酌のつもりで購入した日本酒のほか、翌日の朝食用に駅弁を購入した後で、駅前の商店街の中で早めの夕飯へ。越後名産の手振り蕎麦と一緒に頼んだ、魚沼で獲れたという鮎の塩焼きです。

どちらもとても美味しかったです。その後は宿に付いている掛け流し温泉でその日の疲れを癒し、翌日に備えました。

 

十日町の風景

山道や田んぼ道が続く通り沿いには、魚沼産のお米を売っている販売所がありました。

ここで売られている魚沼産は、まさに「ここで獲れたお米」。当たり前に「魚沼産」が出て来る環境に、改めて自分がどこにいるのかということを実感し直す瞬間でした。

見渡す限りの山の中を走る道は、まさに「こういう道を走ってみたかったから下の道でのドライブを選択したんだ」といったような道でした。

そんな道中で、十日町市に入ると度々出て来た、「清津峡」の宣伝と道案内。

ちなみに清津峡とは、富山の黒部峡谷三重の大杉谷と並んで日本三大峡谷の一つに数えられる峡谷とのことです。

何も知らずに取った津南町へのルートは、丁度その中間点に清津峡を含んだ国道353号線でした。

ほぼ一本道だったとはいえ、清津峡を目指す際にも最適だったルートで、普通であれば、え? 知らずに走っていたの? という反応の方が恐らくは自然なのでしょう。

思わぬ幸運を拾ったのかもしれないということで、早速清津峡に寄ってみることにしました。

タイトルとURLをコピーしました