【写真撮影の基礎知識】「ゆるふわ写真」の肝・ホワイトバランスの設定

写真撮影の基礎知識

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分0秒です。

【写真撮影の基礎知識】「ゆるふわ写真」の肝・ホワイトバランスの設定

「ゆるふわ」系の写真を撮影する際のポイントとなるのは、「絞り値」(被写体以外のボケ)とホワイトバランス(色味の調整)です。

ホワイトバランス

ホワイトバランス

ホワイトバランスとは、光の色味を調整するための機能です。「写真内で強くなる色味」の設定が出来ます。

オートでも撮影可能ですが、色味をいじることもできるという、中々便利な機能ですね。

例えば晴天、曇天、電球、蛍光灯など、代表的な光の色味を基準とした調整が出来て、「晴天」で指定すると「晴天時に撮影した光」が当たっているように見える写真になり、「蛍光灯」で指定すれば、同様に蛍光灯下で撮影したように見える写真になります。

ここが恐らく、色味の調整の一番基本的な部分にあたります。

 

ホワイトバランス補正

具体的に特定の色(赤、青、緑、黄など)を個別に強くすることが出来る機能が、ホワイトバランス補正です。

写真全体をどういう色味で表現しようかといったことを、ホワイトバランス補正を使って整えていくわけです。

例えば緑の中で咲いている花をふわっとした空気感の中で撮りたいなどという場合であれば、ホワイトバランスで写真全体を引き立てる効果を持った自分好みの色味の光を探す、その上で、以下に記した「ホワイトバランス補正」によって微調整します。

緑に対して緑をやや強めに、

緑+青に対して、青をやや強めに。

バラの赤・ピンクと同系統の色を強めに

ツリーを明るめに

シックに

色々遊ぶことが出来るので、写真撮影も楽しくなります。

 

 

「写真の色味」とお勧め書籍

山本まりこ 吉住志穂 福井麻衣子『写真がかわいくなる デジタル一眼魔法の撮り方ブック』(インプレス、2013年)

写真集との違いは、ほぼ全ての写真に撮影データが付されていることです。

「こういう写真が撮りたい!」と思ったら設定をまねればいいだけというお手軽感がある他、デジイチの基本性能(シャッタースピード、絞り、露出補正、アスペクト比等々)についての簡単な解説も冒頭に乗せられているので、割と一冊あるだけで「撮るには撮れた」状態に持って行ける可能性が高い一冊です。

ちなみにこの手の「かわいい」系のデジイチ本、類書がかなりの数あるのですが、特に著者が女性の場合は本の構成や雰囲気がほぼ一緒だったりします。

なので、どれか一冊あればそれで大丈夫ともいえるかもしれませんし、一冊買うと二冊欲しくなるともいえるかもしれません。

いずれにしても、「ゆるふわ」を撮りたい場合、この手の本は一冊は持っておいて損がないでしょう。

横浜出身・在住。現在、主に横浜(みなとみらい線沿線中心)の街歩きガイド記事を書いています。鎌倉・江ノ電沿線街歩きや箱根エリアの他国内小旅行記事をはじめ、その他の話題もボチボチ。サイトへのご意見・ご感想等々は、お手数ですがPCからお願いします。

けんいちをフォローする
写真撮影の基礎知識
けんいちをフォローする
みなとみらい線沿線街歩き + 小旅行&Indoor Life
タイトルとURLをコピーしました