【ドライブto新潟 初日】世界遺産・富岡製糸場へ

小旅行ドライブto新潟

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分35秒です。

【ドライブto新潟 初日】世界遺産・富岡製糸場へ

新潟へのドライブ小旅行初日午後、最初の見学スポットとして、世界遺産となった富岡製糸場へ立ち寄りました。富岡製糸場は、その名の通り蚕の繭から生糸を作るための工場だったところで、1874年(明治5年)の創業以来、1987年(昭和62年)まで現役稼働していました。

電車の場合、上信電鉄の上州富岡駅が富岡製糸場の最寄りです。

上信電鉄は元々養蚕業と交易のために通された路線(上野鉄道)が母体になっているので、利便性については現在でも車に負けず劣らず。「世界遺産の最寄り駅」であることが売りにされている上州富岡駅と富岡製糸場の間には、ランチを取れるレストランもたくさん用意されています。

 

製糸業と製糸場、歴史的な経緯

開国まもない日本の通商では、お茶やお米と並んで、生糸が主力輸出品目となっていました。

ヨーロッパの養蚕地を有していたフランスやイタリアでは蚕の病気や産業構造の転換(軽工業主体から重工業主体へ)によって、中国ではアヘン戦争によって、それぞれ養蚕業・製糸業が振るわなかった中、日本では1872年(明治3年)に富岡製糸場の設置計画が立案され、1874年(同5年)に操業が開始されるなど、「生糸」に力を入れていくという方針が整えられていきます。

開国間もない日本社会にあって、国の肝いりで製糸業のけん引が期待された富岡製糸場は、1893年(明治26年)に民営化されると、その後も主力産業である生糸をリードし、民間の製糸工場として1987年(昭和62年)まで操業を続けました。

工場の操業停止後は、最後に製糸場を保有していた法人(片倉工業)の尽力の甲斐あって、極めて良好な状態で製糸場が保存されます。このことが奏功する形で2005年(平成17年)に富岡市が製糸場の保存・管理を引き継ぐと、2014年(平成26年)に「富岡製糸場と絹産業遺産群」が世界遺産に登録されました(参考:群馬県立世界遺産センター富岡製糸場と絹産業遺産群“)。

 

富岡製糸場へ

富岡製糸場、入り口付近からの風景です。

つきあたりに見える赤レンガの建物は東置繭所、この奥にもう一棟、ほぼ同じ大きさの西置繭所があります。ちなみに「置繭所」の読みかたですが、公式パンフには「おきまゆじょ」とカナがふってあります。

門外からも見える東置繭所内部は、富岡製糸場の歴史を説明したボードなどが展示された、観光案内のためのスペースとして使われています。その奥に位置する西置繭所内部は現在補修工事中ですが、工事の様子を見学することができます。

 

検査人館/生糸検査所と貿易港

門を入ってすぐ横には、券売所と、その並びに管理事務所があります。

現在の管理事務所は、製糸場操業時に検査人館(検査人の寄宿舎)として機能していた建物です。

ちなみに検査人とは、出来上がった生糸の質をチェックする人たちのことです。生糸の大量生産が進むにつれて目立つようになった粗悪品対策のために、その役職が設けられました。貿易港である横浜や神戸(参考:デザイン都市神戸 “旧神戸生糸検査所のあゆみ“)には生糸検査所が置かれていましたが、富岡で作られた生糸は、富岡での検査、横浜での検査を通過した後、横浜港を通じてアメリカへと輸出されました。

明治期の殖産興業は、日本の近代化の突破口となった貿易港・横浜と、生糸の原産地である群馬・富岡を結ぶ縁を(生糸・製糸業を通じて)生み出すこととなりましたが、例えば、現在でも横浜銀行の支店が群馬県内に3店舗ある(横浜銀行の支店は、関東では神奈川・東京・群馬のみ)のも、生糸によってつながった縁の名残りだといわれている他、富岡製糸場は、三渓園を作った原家の所有になった時期を持ちます(明治35年〜昭和13年)。

原家は当時の横浜で有名だった生糸の貿易商ですが、事業を興し財を成した原善三郎さんの孫娘の婿である原富太郎さんが、国から三井に払い下げられた官営工場を買い取る形で、現地の工場=原富岡製糸場(原合名会社)経営も兼務しました。

富岡製糸場が「原富岡製糸場(原合名会社)」と呼ばれた期間は、官営だった時期から数えて二番目、操業停止まで製糸場を保有していた「最後の経営者」片倉工業の一つ前にあたります。

 

交通事情と製糸業と蚕

生糸生産が全盛期へと向かう中、貿易港である横浜の近隣地区では、生糸貿易のため交通手段の利便性向上が望まれました。

例えば八王子や奥多摩地区でも養蚕業が盛んであったため、同地の養蚕業者にとっては貿易港をより近くすることが悲願となり、その結果私鉄の横浜鉄道(現在のJR横浜線の母体)が開通します。

富岡の養蚕業にもほぼ同様の歴史がありますが、現在の上信電鉄は、やはり生糸運搬や養蚕業のために開通した「上野(こうずけ)鉄道」にルーツを持ちます。

このような一連の動きを殖産興業の成果の一つだとみるのであれば「まぁそんなものかな」とも受け取れますが、その中心にあるのが生糸であり、生糸を生み出した蚕なのだと捉えると、近代化のもたらす成果とは真逆にある何かを、大切なものとして連想させられるような気分にもなりますね。

それはともかく、開国後の日本において、諸々の事情から結果として都市と都市をつなぎ、かつ貿易立国としての土台を作りあげたという、国家存立の影の立役者となった蚕さん。

人間社会の事情など知る由もないでしょうが、今も富岡製糸場内で、食べたり寝たりしています。

蚕は現在野生に存在することが出来ない生物なので、生糸の原料となる繭を作るために生まれて来て、人間に育てられつつ生きていくという一生を送ります。

そんな「温室育ち」の無数の蚕の生涯が、結果として富国強兵の原動力の一端となり、インフラの在り方さえも変えていくという大変革の源流となったんですね。

 

施設内walking

蚕さんたちのかつての住居だった、東置繭所を外から見た様子です。左側は検査人館・女工館です。

女工館は、日本人の女工に製糸の技術を教えるために雇われた、フランス人女教師達のための住居として設置されました。

東置繭館、赤レンガ造りの建物の内部の様子です。

残された部分だけから判断しても、立派なスペースだったのであろうことは伝わってきますが、東置繭所(右)の左隣は生糸工場です。

東西の置繭所のすぐそば、東置繭所よりのところにあるのが、役員用の社宅です。

置繭所や繰糸所(製糸工場)を挟んで反対側に位置する建物のうち、目を引くのは製糸場のお雇い外国人だったポール・ブリュナの住居=ブリュナ館です。

記念撮影用のプレートがすぐ前に出ていますが、かなり立派な建物です。個人の住居というよりは、見た目的にも大きさ的にも、体育館や講堂を彷彿とさせる威容ですね。

いかに当時の「助っ人外国人」が重宝されていたのかが端的にあらわされているとみることもできますが、当時の日本にとって殖産興業の隆盛は国家の死活問題に直結していたわけで、それも当然といえば当然のことだったのでしょう。

ブリュナ館の前には、世界遺産に登録されたことを示すプレート。柵の向こうには鏑(かぶら)川が流れています。

ブリュナ館のすぐとなりにあるのが、製糸場で働いていた女工さん達の寮=寄宿舎です。

老朽化した建物のぱっと見から在りし日を思う分には、新設された当時はそれなりに(かなり?)立派な寮だったのではないか、なんてイメージが浮かんできます。

遠目からのイメージでは、修復さえすれば、今でも十分人が住める建物には見えますからね。

創業時の富岡製糸場で女工さんをしていた和田英さんの『富岡日記』によると、富岡製糸場での工員生活は、規則正しくもそれなりに張り合いがあり、楽しいものだったようですが、女工生活の実態については、往々にして『女工哀史』や『ああ野麦峠』で描かれている、”悲惨な女工”のイメージが先行することもあります。

この点、どちらが絶対的な正解なのだというよりは、参考とする資料によって違いが生じる節がある、各々の工場の操業実態には随分な違いが出てくる場合もあったのだというのが本当のところだったのでしょう。

ブリュナ館、女工館(フランス人女性指導教官宅)のすぐ傍には診療所があります。

付近一帯は、そのまま、在りし日の雰囲気を残しているようにも見えます。

右側の建物が診療所、左がブリュナ館です。

富岡製糸場のすぐ横を流れるのは、鏑(かぶら)川。

綺麗な水を利用できることも製糸場設置の条件に挙げられるものですが、今は「観光地」富岡製糸場の魅力の一部となっています。

富岡製糸場全体は、単なる一製糸工場であるというだけではなくて、河沿いにある「工場を持った」小さな村のように見えました。

(続く)

 

アクセス

富岡製糸場周辺にはお土産屋さんと共に多数の駐車場があるのですが、施設自体には駐車場はありません。周辺の街並みも似ているといえば似ているので、停めた位置をしっかり確認しておくことも結構大切です。

横浜出身・在住。現在、主に横浜(みなとみらい線沿線中心)の街歩きガイド記事を書いています。鎌倉・江ノ電沿線街歩きや箱根エリアの他国内小旅行記事をはじめ、その他の話題もボチボチ。サイトへのご意見・ご感想等々は、お手数ですがPCからお願いします。

けんいちをフォローする
小旅行ドライブto新潟
けんいちをフォローする
みなとみらい線沿線街歩き + 小旅行&Indoor Life
タイトルとURLをコピーしました