【青春18きっぷの旅/五日目(最終日)】上越線乗車、水上まで

上信越青春18きっぷの旅

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分40秒です。

【青春18きっぷの旅/五日目(最終日)】上越線乗車、水上まで

湯沢町歴史民俗資料館・雪国館

”雪国の宿”高半チェックアウト後、駅から徒歩圏内にある「雪国館」(公式サイト)見学に向かいました。

今回の「18きっぷ旅」で最後の観光スポットと目していて、実際に最後の観光スポットとなった雪国館は、川端康成の世界に特化した施設ではなく、越後湯沢の資料館のような施設です。

湯沢の山に住んでいるというツキノワグマの展示があったり(結構迫力あります)、

縄文土器の展示があったり(信濃川火焔街道の命名の由来となった、火焔土器もあります)

江戸時代の高札(村の掟が提示された札)が展示されていたりします。

他にも湯沢の歴史にまつわる様々な展示(例えばわら細工の歴史に関するものなど)があるのですが、やはりここでも川端康成の『雪国』は大々的に取り扱われています。

川端康成の執筆部屋「かすみの間」が展示されていた高半に対して、

雪国館では、ヒロイン・駒子のモデルとなった実在の芸者・松栄(まつえ)さん(=小高キクさん)が住んでいた部屋が再現され、公開されています。

川端康成が湯沢の高半で『雪国』を執筆した三年間とは、そのまま松栄さんと過ごした三年間でもあるわけですが、高半と雪国館双方を見ることで、より鮮明に小説の背景が把握できるんですね。

以下の新潟日報の記事は、高半の文学資料室の展示からです。

『雪国』執筆時の二人は馬が合い、かなり仲睦まじくやっていたようですが、『雪国』が完成し川端康成が越後湯沢を離れると、二人の再会は30年後となったらしい、とのこと(あくまで推測なので、再会はなかったのかもしれません)。

その間には特に松栄さん側が「二人の日々がモデルとされる形で公開された」と複雑な感情を抱えていた時期もあったようですが、そのことに対しては川端康成側からの歩み寄りもあったようで、最終的に”松栄”さんこと小高キクさんにとって、川端康成との雪国の日々は生涯の「秘めた」思い出となったようです。

・・・等々といったことが書かれた、中々読み応えのある記事でした。

このほか、民俗資料館には川端康成直筆の掛け軸や、

「国境の長いトンネル」(完成直後の清水トンネル)の写真にプリントされた名フレーズ、

さらには川端康成の数々の遺品が展示されています。

川端康成のファン、『雪国』のファンであれば、”高半”同様外せない施設であるとはいえそうです。

 

越後湯沢駅で昼食  -へぎそば小嶋屋-

いよいよ18きっぷ旅も残すところわずか。

越後湯沢駅にて旅行中最後の昼食となったわけですが、ここで予期せぬ幸運に恵まれました。

前日定休日だった十日町のへぎそば「小嶋屋(公式サイト)」が、なんと越後湯沢にお店を出していたんです。

若干お土産選びの時間が余ってしまったこともあって、開店前から並んでいただいた、念願の天ぷらそば。

本当おいしかったです。

 

夏景色の越後湯沢発

最後の行程は越後湯沢から高崎まで上越線、そこから先は湘南新宿ライン(高崎線直通)一本です。

ということで前日ぶりの越後湯沢駅に到着。

いよいよお別れの時ですね。越後湯沢とも、この夏の旅行の時間とも。

越後湯沢駅を出発後、電車は「いかにも雪国」という、夏場でありながらスキーシーズンを思わせる風景を持った一帯を通過していきます。

岩原スキー場前駅、

越後中里駅、などなど。

ひところ結構話題になった記憶がありますが、

かつてブルートレインの車両として使われた車両を使った無料休憩所もあります。

この一帯を過ぎると出てくるのが、「国境の長いトンネル」を抜けた直後の駅である、土樽駅です。

越後湯沢側からこの駅に到着した場合、「国境の長いトンネル」へと入っていくことになる前の最後の駅が土樽(つちたる)駅ですが、

線路沿いを延々流れているのは魚野川です。

鮎やヤマメだけでなく鮭の遡上も見られるというこの川が視界から消えると、いよいよ新潟とはしばしのお別れです。

 

上越線から高崎線へ

「国境の長いトンネル」を超えると、下り線側の駅が日本一のモグラ駅として有名な、土合駅に到着します。

この後、ほどなくして高崎線乗車前最後の乗換駅となる水上駅に到着しました。

トンネルを超えた分首都圏に近づいたとはいえ、まだまだ雪国の風情が残された駅と周辺です。

乗車区間としてはここからが本番という水上より先ですが、しばし「昨日まで」と同じような風景の中を走りつつ、淡々と旅の終わりが近づいていきました。

(終わり)

 

アクセス

湯沢町 歴史民俗資料館 雪国館

 

水上駅

タイトルとURLをコピーしました