スポンサーリンク

【青春18きっぷの旅/二日目】新潟泊の夜

上信越青春18きっぷの旅

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分7秒です。

【青春18きっぷの旅/二日目】新潟泊の夜

新潟着、新潟泊

早朝の奈良井スタート後、リゾートビューふるさと乗車、大糸線乗車、日本海ひすいラインそして信越本線乗車と、奈良井駅から普通列車を乗り継いで到着した新潟駅。

朝8時に始まったこの日の行程は、夜の9時近くに終了しました。

改めて思いますが、「18きっぷ旅」って好きじゃなきゃ出来ない類の旅行かもしれません。

しかしこの手の旅行が好きならば、中毒性はものすごいと思います。

ということでチェックイン後にまずは夕食、引き続きコインランドリーでの洗濯、プラン的には翌朝大体8時30分までにチェックアウトすることが理想だったりと、色々やらなきゃならないことが溜まってしまった状態だったんですが、なにはともあれ夕食がまだですよということで、ホテルに荷物を置いたあと、早速夜の街へと繰り出すことにしました。

本来だったら丸一日かけて観光したかった、なんて思えた新潟市中央区エリアだったのですが、今回のプランでは強いて言うならこの日の少し遅めの夕食くらいが「新潟市内観光」と言えそうな部分で、そこが残念なところではありました。

 

新潟”壱勢”

ここ最近は夏になると寄るようになっている、炉端焼きの”壱勢(公式サイト)”。

いつもなら地酒二合と海の幸、新潟の美味しいものの組み合わせを楽しみたいところなのですが、今回は後が押している上翌朝も早いということで、料理のみを堪能しました。

まずはウーロン茶とお通し。まずはこのお通しからおいしかったです。

軽くウーロン茶を飲みながら海の幸を待ちます。

ウーロン茶も、氷を入れたこのグラスで飲むと、どこか居酒屋っぽさが増すような気がしますね。

イカの胴体部分をお刺身として食した後、頭とゲソを天ぷらにしてもらっていただくという海鮮盛り。お店に寄るときはほぼ必ず食べている一品ですが、最高においしいです。

お刺身用にと出してくれた、左から佐渡の塩、わさび、しょうがです。

特に塩で食べるイカの刺身、最高においしかったです。

主食として頼んだのは、やきそばです。

本当は丼ものを頂きたかったのですが、最初に目が付いたこちらを主食とすることにしました。もちろんおいしかったです。

イカの一夜干しと豚の串焼き。

出てくるもの出てくるもの一品一品のクオリティが高いので、お酒無しでも本当においしかったです。

海鮮盛りを食した後のイカゲソの天ぷら。もちろん絶品でした。

海が近くて山がある、水も美味しい、こういうところで不味いものが出てくるはずがないんですよね。

少し遅めの夕食でお腹を満たしたら、あとは駅前のコンビニにて翌朝のご飯の調達、コインランドリーでの洗濯が待っていますが、やることをやった後は翌日に備えて、早めに休むこととしました。

(続く)

 

アクセス

タイトルとURLをコピーしました