【青春18きっぷの旅/四日目】信越本線&ほくほく線乗車 -雨模様のローカル線旅-

上信越青春18きっぷの旅

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分5秒です。

【青春18きっぷの旅/四日目】信越本線&ほくほく線乗車 -雨模様のローカル線旅-

朝の弥彦駅

弥彦神社参拝や、その後の夕刻街歩きや夕食、宿泊先だったみのやでの時間など、満足度が極めて高かった弥彦での時間には、一泊を予定していました。

ということで、残念ながら弥彦発は到着日の翌日午前だったのですが、

前日とは打って変わって朝からあいにくの空模様です。

弥彦線待ちの駅にいても、降ったり止んだりの中での時間となりました。

新潟駅行きの折り返し上り弥彦線を待つ、雨の弥彦駅ホーム。

駅から望める弥彦山方面。山頂付近には霧がかかっているようです。

前日のことが早くも懐かしく思い出されますが、昨日の終点弥彦駅は、今日は始発の弥彦駅です。

ほどなく、まずは新潟駅を目指す弥彦線が到着すると、

今回の旅行の最終盤にあたる、最終日前日のローカル線旅がスタートしました。

 

越後湯沢へのローカル線旅

新潟駅発

この日の午後からは、早朝の奈良井から夜の新潟到着を目指した旅行二日目以来の長距離移動を予定していました。

「18きっぷ旅」的にはゴール前のクライマックス的な一日にあたる日で、旅行自体を前後半で分けるなら、弥彦での中日を挟んだ後半の開始日に該当しますが、ここから先は最終目的地が横浜駅(~山手駅のどこか。この時点では未定)となる上り線の旅です。

仮に新潟駅から上越新幹線に乗るプランであれば、既にこの時間はエピローグタイムとなるのですが、今回の旅は何分にも乗車そのものが楽しみでもある、18きっぷ旅です。

ゴールまでの間にはまだまだ「お楽しみ」が控えていますということで、

駅で昼食をとり、時間調整のために食後のコーヒーを飲んだ後で、まずは折り返しのスタート路線である信越本線に乗車しました。

 

信越本線、ほくほく線、上越線

ということで最終日前日の18きっぷ旅では、まずは信越本線で長岡駅を目指しました。

新潟駅を出発後、信越本線で長岡駅を目指すというルートは、奈良井駅から新潟駅へ向かった二日目の逆ルート乗車にあたります。

二日目のルートと異なる点は、新潟入りした日はえちごトキめき鉄道の日本海ひすいライン(公式サイト)で糸魚川駅から直江津駅まで、直江津駅から先は信越本線で新潟駅までという行程だったことに対し、今回は新潟駅から犀潟駅(信越本線で、直江津駅から二つ新潟駅寄りの駅)まで信越本線に乗車し、犀潟駅から先は北越急行ほくほく線(公式サイト)に乗車する(=信越本線とほくほく線の分岐駅で内陸側に折れる)という点です。

直江津駅の二つ手前・犀潟駅までは往路同様信越本線に乗車し、犀潟駅からはほくほく線に乗車するというルートが「復路」の前半ですが、犀潟駅から先は北越急行ほくほく線(公式サイト)で六日町駅まで、六日町駅から先は上越線で越後湯沢駅まで向かうという行程が、この日の全行程です。

 

雨の信越本線

直江津駅の二つ手前、犀潟駅までは信越本線に乗車するということで、やはり二日目の夕刻同様オーシャンビューを楽しむことは出来たのですが、この日は朝からあいにくの天気でした。

曇りのち雨的な降り方ではなく、所々で結構しっかり降っているのが伝わってくる降り方だったんですね。

もちろん、この雨に情緒を感じるという捉え方も出来なくはありませんが、行程中に降られると行動も限られてくるので、出来れば晴れていてほしかったというのが率直なところではありました。

 

犀潟駅・北越急行ほくほく線へ

犀潟駅から六日町駅までは、JRではなく「北越急行」のほくほく線に乗車するということで、「ひすいライン」同様に別料金が必要となります。

ローカル線の一つの特徴として、例えばリゾートビューふるさとのように、土日や祝祭日のイベントが充実しているという点が挙げられることって結構あると思うのですが、同じく沿線の観光に力を入れている(公式サイト)ほくほく線でも、日曜日には「トンネルの中を通る度に天井に映像が流れていく」という特別列車・ゆめぞら号(公式サイト)が走っているようです。

そのことが、車内の広告や駅置きのパンフレットなどでプロモーションされていました。

ということで、ほくほく線の乗換駅である犀潟駅に到着です。

割と首都圏にもありそうといえばありそうな駅舎と、ホームからの風景ですが、

その中に入線してくるほくほく線とは、18きっぷ旅二日目の直江津駅以来のご対面です。

ひすいラインもそうだった記憶があるのですが、ほくほく線の車内には、路線バスにあるような料金表示が用意されています。

出発後、ほどなく田園風景の中を走るほくほく線。ゆめぞら号の広告も目を引きますが、

なんといっても、雨中の田園風景に目を引かれました。

平日午後だということもあってか電車もいい感じに空いていたのですが、雨模様の天気だと田園風景も随分違って見えてきます。晴天時と違ってただひたすら眩しくは見えない分、しっとりと落ち着いた感じでしょうか。

広大な田んぼの真ん中をひた走っていくローカル線での時間に、不思議な落ち着きを覚えました。

「今は旅の途中だ」という条件を加味した場合、カラッと晴れていてくれるに越したことはなかったのですが、車窓からの風景を見ている分には悪くない感じが伝わってきます。

 

十日町での夕食途中下車

ほくほく線乗車では、計画段階から途中下車での夕食を予定していました。

晴れていれば「ほくほく線」沿線で見てみたいところがあったのですが、結果として沿線での夕飯の予定のみが残る形となり、六日町駅の三つ手前にあたる十日町駅まで。

旅行二日目に直江津駅で見た越乃Shu*Kuraのオブジェ(駅名標?)に、再びお目にかかることが出来ました。

首都圏にも普通にありそうに見える駅に、首都圏では見かけないタイプの電車がとまっているという十日町駅では、

よく見ると柱にもさびのような痛みが散見出来ます。この点、この日降っていたのは雪ではなく雨ですが、雪国の冬を連想させられました。

それはともかく、雨が降っていましたといっても、パラついた小雨程度の雨ではなく、

1時間に42ミリという、割とガッツリ降るタイプの雨です。

ちなみにこの時の予報は割と正確でした。

しかも、元々目当てにしていたお店はこの日定休日だったんですね。

土砂降りの中、店名検索からアクセス経路を調べてみたら、出てきたのはなんと「本日定休日」の表示。なら仕方ないと新たに調べなおして入ったお店にて、

無事お蕎麦をメインとした夕食にありつきました。

本命も対抗もないのが新潟の食、どれもこれも大当たりが基本ですということで、天ぷらそばとアユの塩焼きをいただいたのですが、

どちらもものすごくおいしかったです。

ただおいしいだけじゃなくて、出てくるものすべてが現地産なんですよね。食べることそれ自体の満足感に気持ち的な補正もかかって、さらにおいしく感じました。

 

最終泊地、越後湯沢へ

十日町駅のホームは、横浜界隈で例えるなら、どこか京急線とか東横線の駅っぽくも見えます。

高架の島式ホームだからということなのでしょうか。

ちなみに写真では「空いてる駅」感が出ていますが、それは人が少ないところを狙って撮っていたからです。

実際には学校帰りの中高生や会社帰りの人たちで、割と混んでいました。

柱にある「越後湯沢方面」の表記からは、

ここは新潟県十日町市の十日町駅です、なんてことを再度実感させられました。

結構な土砂降りの中、十日町駅のホームにほくほく線が到着です。

写真にハッキリ雨粒が写るくらい、この時はしっかり「1時間42ミリ」レベルの雨が降っていました。

夕食を取った十日町駅から6駅乗って、この日の目的地、越後湯沢に到着です。

翌日の上越線乗車が終わってしまえば、次の乗車は地元駅への直通路線が通されている高崎線です。

「夏の旅行もこれで終わりか」というような、ちょっとしたさみしさを感じた瞬間でした。

(続く)

 

アクセス

十日町駅

 

越後湯沢駅

タイトルとURLをコピーしました