【旅プラン】高速バス旅・新幹線旅・普通列車旅・ドライブ旅の比較

旅プラン

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分46秒です。

【旅プラン】高速バス旅・新幹線旅・普通列車旅・ドライブ旅の比較

高速バス旅プランと移動手段のメリット・デメリット

夜行便と昼行便

中距離・長距離の高速バスの注意点は、主力が夜行便となることです。

「ドル箱路線」といわれる大都市間(東京・横浜と大阪・名古屋間等)を結ぶ高速バスの場合、昼行便がないわけではないのですが、深夜の方が道路状況も圧倒的に良いでしょうし、バス会社にとってダイヤも計算しやすくなるからなのでしょう。

往々にして「探せば出てくる昼行便」と「イチ押しされている深夜便」くらいのニュアンスの違いが感じられますが、逆に「前日夜に出発していれば、当日朝から現地での時間を計算できる」乗客側からしても、一見して魅力的な交通手段であるように見えてきます。

この点、高速バスの深夜便は、双方の需要が生み出したバスであるというような性格を少なからず持っているのでしょう。

目的地によっては最寄り駅の始発前に着く場合もあることや、早朝から時間をつぶせるスポットがあるか否かをチェックする必要があるなど、深夜便利用にあたって抑えておかなければならないポイントもあるにはあるのですが、うまくやりくりできれば旅先での早朝スタートが可能となるため、一日を丸々有効利用できます。

 

運賃と乗り心地

「早朝現地スタート」が可能となる利便性の他、中距離・長距離バスは運賃の点でもお得です。

例えば東京・大阪間であれば、深夜バスの運賃は最大で新幹線の運賃の1/3以下となるなど、大分廉価なんですね。

最近ではハイグレードな個室寝台バスが投入されるなど(ドリームスリーパー公式サイト)、これまでの深夜バスの常識を覆すような高級バスが投入されている路線もありますが、この「廉価である」という点が、実は深夜バス最大の人気の故であるともいえます。

それでは、肝心の乗り心地はどうなのか。

高速深夜バスの場合、残念ながら(?)、原則カーテンを締めて、電気を消しての走行になるので、昼であれば好きなだけ楽しめる車窓からの眺めは、ほぼ期待できません(その例外が、前記した個室寝台バスです)。

運転中、運転席側との間はカーテンで仕切られ、客室は消灯状態となります。

走行中にはともするとスマホの明かりにも神経を使う必要が出てくるので、どうしても出来ることは限られて来る、結果、出来るだけ早く寝て翌朝に備えるよりほかなくなります。

また、普通の(特に高級志向ではない、一般的な)深夜バスの旅って、やっぱり結構疲れるんです。

一部の例外バスを除くと、原則として普通の観光バスの座席に座ったまま寝ることになるので、ベッドで休む時のような快眠はまず期待できません。現地着後にしても一晩寝たあとのスタートなので、身支度を整える場所も欲しいといえばほしいところですよね。

結論として、深夜の中距離・長距離バスは、廉価であることと同時に「乗り心地は度外視、寝ている間に目的地についてくれる」という利便性を求めた場合に、お勧めの交通手段となります。

その場合、コスパのいい旅が期待できるでしょう。

 

新幹線旅プランと普通列車旅プラン

乗車運賃的にも移動時間的にも、開通以来のライバルが航空会社であるという新幹線

最大の利点がどこにあるのかといえば、やはり超短時間で目的地へ移動できる点にあります。

そのため、自分の日常をそのまま目的地に持っていきたいなどという場合には得難い移動手段となる一方で、例えば目的地に至る道中の風景を拾い集めながらの旅をしたいなどという場合には、逆にその利便性がネックになります。

移動に飛行機を使う場合にも同じことが言えますが、目的地に直で飛び込むことを特に求めていない場合には、本来の魅力が物足りなさにかわってしまう可能性を含んでいるわけです。

この場合の「物足りなさ」を満たすのが、例えば同じ鉄道旅であれば「青春18きっぷの旅」だったりしますが、万能であるというよりは使いようによって切れるのが新幹線旅の特徴でもあります。

ということで、新幹線は乗車そのものを目的としたいくらいに魅力的な交通手段ではあるのですが、こと「旅」に組み込むとなると、実は用途が限られた交通手段となってくる点に注意を要します。

旅の時間を現地での時間に全振りするつもりであれば新幹線や飛行機旅が最適ですが、「家を一歩出てから家に帰って来るまでが旅の時間です」的な旅をしたいのであれば、新幹線や飛行機は避けてプランするのが無難でしょう。

目的地に直で飛び込むことを特に求めていない旅、目的地に至る道中の風景を拾い集めていくような旅をしたい場合、普通列車乗車をメインとする長旅を理想形の一つとして挙げることが出来ます。

例えば5日間普通列車だけを使って行けるところまでの旅を楽しむというような、これはまさに前記した青春18きっぷが狙いとするところですが、普通列車をメインの移動手段とする旅を心行くまで楽しむためには、やはりそれなりの時間とプランが必要になります。

 

ドライブ旅の魅力

最後に長距離ドライブ旅の魅力としては、規定されたダイヤに左右されない自由度がある点、公共交通機関を利用する場合に比べてルートの選択肢が広がる点が挙げられます。

結局のところ、ここに始まりここに尽きるという感じでしょうか。

発着時刻も昼夜を問わず、よりドアtoドアに近い旅を実現することが可能となる、結果思い立った時に即行動に移れるという点は、やはり代えがたい魅力なんですよね。

そんなドライブ旅の一般的な注意点としては、まずは定期的な給油を心がけることと、あとは走り慣れていない道で無理をしないことが挙げられます。長距離ドライブであればタイヤの様子を見たり(必要に応じて交換したり)、ガソリンスタンドなどで簡単に点検してもらうとなお安心でしょうか。

また、ルートや目的地について最低限の知識を持った上でスタートするに越したことはありません。完全ノープランのドライブ旅も面白いには面白いのですが、初めて走る道をノープランで進むと、結局無駄が多くなるためですね。

目的地着が半日ズレてしまった! なんてことですら「あるある」だったりしますからね 笑。

その無駄も楽しむのが「ノープラン」ドライブの楽しみではあるのですが、特にそこにこだわりが無い場合は、やはり予めドライブ旅の大枠を決めた上でのスタートが無難です。

 

結論

ということで、今回の新潟行きに関しては、最後にドライブ旅が消去法で残りました。

全体像が決まってしまえばあとは当日を待つばかりなりということで、待ち遠しさを感じながら当日を迎えました。

横浜出身・在住。現在、主に横浜(みなとみらい線沿線中心)の街歩きガイド記事を書いています。鎌倉・江ノ電沿線街歩きや箱根エリアの他国内小旅行記事をはじめ、その他の話題もボチボチ。サイトへのご意見・ご感想等々は、お手数ですがPCからお願いします。

けんいちをフォローする
旅プラン
けんいちをフォローする
みなとみらい線沿線街歩き + 小旅行&Indoor Life
タイトルとURLをコピーしました