【横浜観光FAQ】山下公園と港の見える丘公園

港の見える丘公園

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分26秒です。

【横浜観光FAQ】山下公園と港の見える丘公園

一つにつながる二つの公園

二つの公園の位置関係

山下公園港の見える丘公園も、共に元町・中華街の駅近にある公園です。

一方は平地に(山下町にある山下公園)、一方は丘の上に(山手町にある港の見える丘公園)あるため若干離れているようにも感じるのですが、元々山手町と山下町が隣接しています。

港の見える丘公園と山下公園も、港の見える丘公園・フランス山出入口付近と山下公園・世界の広場付近が信号無しの一本のルートでつながっています。

港の見える丘公園側から歩く場合、展望台エリアからフランス山地区を下っていくと、割とわかりやすいところに橋が延びているのが分かるので「なんとなく」でも進めるのですが、山下公園側から進む場合、山下公園通り上にかかるポーリン橋は山下公園の端から伸びている橋なので、「公園端から港の見える丘公園へのルートがある」ということを予め把握しておくことが必要です。

 

港の見える丘公園

元町中華街駅直近で、かつあかいくつ号の終点にもなっているという、横浜山手観光の玄関口に位置しているような公園です。山手本通りの端点に位置していて、公園内にも西洋館が二つ(横浜市イギリス館山手111番館)ある他、ローズガーデン(イングリッシュ・ローズの庭)のメインである春・秋のバラも公園の売りの一つです。

香りの庭バラとカスケードの庭をはじめ、園内そこかしこに花壇があることも、人気の故となっています。

 

山下公園

東側が山手地区、西側が日本大通り地区、南側が中華街、北側に海(横浜港)という、観光地のど真ん中に位置しているのが山下公園です(関連記事)。

日中であれば山下公園から横浜駅東口まで海路を進めるというルートがあることや、陸路廃線跡を通って赤レンガ方面へ行けるルートがあることも魅力です。

 

アクセス

港の見える丘公園

 

山下公園

タイトルとURLをコピーしました