【横浜観光FAQ】各種一日乗車券と観光バス

観光手段全般

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分1秒です。

【横浜観光FAQ】各種一日乗車券と観光バス

みなとみらい線沿線観光・各種一日乗車券

みなとぶらりチケット

ベイエリアのみバス・地下鉄の1日乗車が可能なチケットで、価格は大人500円、子供250円です(横浜市交通局・公式サイト)。

後述する一日乗車券に比べて100円安い上、かなり多彩な特典(横浜市交通局公式サイトみなとぶらりチケット特典サービス”)を受けることができるので、特にベイエリアの観光に比重をおきたい場合、みなとぶらりチケットの利用がお得です。

 

市バス・市営地下鉄一日乗車券

バス一日乗車券、地下鉄一日乗車券、バス・地下鉄一日乗車券と、三種の一日乗車券があります(横浜市交通局・公式サイト)。

価格はバスのみが大人600円(子供300円)、地下鉄のみが大人740円(子供370円)、バス・地下鉄が大人830円(子供420円)です。特に観光用の特典はありません。

一つの目安として、バス一日乗車券に関しては、一日に三回乗車すると元が取れる計算です。以降は乗れば乗っただけお得になります。

 

みなとみらい線一日乗車券

みなとみらい線各駅の券売機で購入可能な、みなとみらい線一日定額乗車券です(みなとみらい線・公式サイト)。

価格は大人460円、子供230円です。

みなとみらい線の定額乗車の他、沿線の観光スポットやホテルで優待サービスが受けられます(みなとみらい線公式サイト “みなとみらい線一日乗車券 提示優待施設一覧“)。

 

横浜1DAYきっぷ(京急)

フリー区間は、みなとみらい線全線、市営地下鉄の横浜・伊勢佐木長者町間、ベイエリアの市バス(ぶらりチケット区間にほぼ重複)、京急線の横浜・上大岡間です。

価格は大人840円、子供420円です。

市営地下鉄の上大岡・伊勢佐木長者町駅間は、途中下車不可ですが、両駅を結ぶ形での乗車は可能となっています(京急公式サイト)。

優待条件はみなとぶらりチケットみなとみらい線一日乗車券と同じです(リンクは共に公式サイトです)。

 

各種観光バス

ベイサイドブルー

2020年7月23日から運行が開始された、横浜駅東口と山下埠頭を結ぶ連結観光バスです。

運賃は通常の市バスと同じ、一乗車全線220円で、前記したみなとぶらりチケットや一日乗車券の使用も可能です。

運行区間的にはほぼみなとみらい線と並走します(横浜市公式サイト)。

 

ぶらり三渓園バス

横浜駅東口バスターミナル、桜木町駅前etcと三渓園を結ぶ観光バスです。

現在、土日のみ運行されています。

赤レンガ前を経由している現行のルートが、ベイサイドブルーの新設によって見直されるようですが、土日祝日の日中に6便しか出ていない(9時~15時まで、一時間に一本)というダイヤに注意が必要です。

初めから狙って乗車する場合以外については、「乗れたらラッキー」なバスです。

 

あかいくつ号

かつてのあかいくつ号には、Cルート(中華街・元町ルート)の他、

Mルート(みなとみらいルート)というもう一つの路線があったのですが、現在のあかいくつ号はAルート一本(桜木町駅前-港の見える丘公園循環線)で運行しています。

運賃は通常の市バスと同じ、一乗車全線220円で、前記したみなとぶらりチケットや一日乗車券の使用も可能です。

 

スカイダック

横浜中心部を歩いていると、

しばしば「赤・白・青」三色の独特のバス=水陸両用観光バスであるスカイダックを見かけることがありますが、

スカイダックの観光ルート(スカイダック公式サイト)は水陸に渡ります。

みなとみらいエリアの日本丸メモリアルパーク付近から陸上に上がり、

本町通り等を走りますが、

陸路では日本大通り・みなとみらい間を周遊し、水路では新港ふ頭を一周します。

海上では大さん橋の横、停泊中の大型客船の傍を通ったり、

汽車道傍を通ったりします。

運賃は、大人3500円(子供1700円)です。

横浜出身・在住。現在、主に横浜(みなとみらい線沿線中心)の街歩きガイド記事を書いています。鎌倉・江ノ電沿線街歩きや箱根エリアの他国内小旅行記事をはじめ、その他の話題もボチボチ。サイトへのご意見・ご感想等々は、お手数ですがPCからお願いします。

けんいちをフォローする
観光手段全般横浜観光FAQ横浜街歩き
けんいちをフォローする
みなとみらい線沿線街歩き + 小旅行&Indoor Life
タイトルとURLをコピーしました