元町・中華街エリア

【横浜街歩き/横浜山手芸術祭・ユースギャラリー】港の見える丘公園会場

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分30秒です。

【横浜街歩き/横浜山手芸術祭・ユースギャラリー】港の見える丘公園会場

「芸術祭・ユースギャラリー」についてはこちら。

【横浜街歩き】横浜山手芸術祭・ユースギャラリー

今回は港の見える丘公園会場の二校(聖坂養護学校/横浜インターナショナルスクール)の展示の紹介です。

山手111番館:聖坂養護学校

噴水の奥にあるのが山手111番館。

外側には特にユースギャラリーの広告がされていたりはしませんが、中に入っていくと、養護学校の生徒さんたちの作品が展示されています。ちなみに聖坂養護学校は、谷戸坂を登って丘公園前に出たあと、さらにまっすぐ進んだ方向にある、聖坂沿いの学校です。

奥のギャラリーでは、学校案内のパンフレットと一緒に展示がされています。

山手111番館ギャラリー、部屋一面を力作が飾っていました。

 

横浜市イギリス館:横浜インターナショナルスクール

山手111番館を出た後は、同じ丘公園内にあるお隣、横浜史イギリス館へ。かつてのイギリスでは「煙突の数が富の象徴」だったそうです。総領事館についてもそのことが意識された作りとなっていますが、この方向からだと煙突が三本見えています。

噴水横から歩いて向かうコース上、両サイドに広がる花壇は、華やかなバラの季節も終わってちょっと落ち着いた感じになっています。

完全に枯れきっているわけではないのですが、遠目にもピークを過ぎたことが伝わってくる感じですね。

毎年今の季節、ローズガーデンの緑もかなりさっぱりしていますが、その恩恵で、遠くにランドマークタワーが割とハッキリ見えたりします(下写真中央)。

それにしても、頭ぼさぼさ状態から散髪に行った直後を思わせるようなというとベタな表現ですが、この冬から春に向かう季節、毎年さっぱりしますね。こういうローズガーデンも嫌いじゃないですというか、毎年この季節のローズガーデンを見るにつけ、茶髪やヒゲを嫌う野村監督の気持ちがちょっとわかるような気がしなくもない気分になります(・・・などと書いていたら、想定外の野村監督の訃報が速報として入りました。名プレーヤーであり名指導者であった野村監督のご冥福を謹んでお祈りいたします)。

緑いっぱいの中に百合の季節、アジサイの季節、バラの季節というローズガーデンももちろん好きですが、どちらにもそれぞれの良さってありますからね。

スッキリしすぎてちょっと寒々しいくらいですが、この後春からGWにかけてバラのシーズンを迎えることになるんだということがわかっていると、その分の期待感が先行する形になるわけですよ、はい。

ローズガーデンから、ベイブリッジも良く見えますね。

イギリス館の門前からも。

「イギリス館」がイギリス総領事館だった頃の、総領事館付メイドさん用の通用口。同じく出入り口前にありますが、歴史を感じさせますね。

という感じで、

いざ、展示室内へ。イギリス館では横浜インターナショナルスクール(丘公園前から陣屋坂沿いにかけて、キャンパスが広がっています)の、小学生の展示がされています。

壁に貼られている絵には、ちょっと凝ったものも多く、寝室奥に並べられた「冠」なんかはとても賑やかな感じで色を添えていました。

(元町公園会場へ続く)