元町・中華街エリア

【横浜街歩き/まとめ】山手公園

この記事を読むのに必要な時間は約 0 分57秒です。

【横浜街歩き/まとめ】山手公園

1870年に日本初の洋式公園として作られ、日本で初めてテニスがプレイされた公園が山手公園です。

2004年3月には国の名勝に指定され、2009年2月には横浜公園、根岸森林公園と共に”旧居留地を源として各地に普及した近代娯楽産業発展の歩みを物語る”近代化産業遺産の認定(近代化産業遺産群・続33(ストーリー19、P66~68))を受けました。

【横浜街歩き/元町中華街エリア】山手公園

参考:横浜山手の主要な公園リスト

 

付近の坂道

箕輪坂(参・汐汲坂)から伸びた公園坂が、山手公園の開園と共に作られました。公園坂自体はそれほど長い坂道ではありませんが、公園坂の延長上に、山手公園・山手本通りへと続く坂道も通されています。

参考:山手の坂道と近接スポット

イベント

横浜山手のハロウィン/クリスマスといった装飾イベントでは、他西洋館と同様に、山手公園内の旧山手68番館や横浜山手テニス発祥記念館が、イベント会場となった飾りつけが為されます。

訪問記については”山手本通りの四季ハロウィン/クリスマスetc)”へ。

 

アクセス

グーグルマップの基本的な使用法についてはこちら