【横浜街歩き】みなとみらい線沿線・観光バスetc一覧

元町・中華街エリア

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分29秒です。

【横浜街歩き】みなとみらい線沿線・観光バスetc一覧

横浜観光の一助となる、公共交通機関のお得チケットと、主要周遊バス・観光バス一覧です。

みなとみらい線沿線観光・各種一日乗車券

以下のお得チケット、およそのお勧め利用法としては、行き当たりばったり要素を多少なりとも含む場合は「横浜1DAYきっぷ」一択、それ以外で大体見たいところが決まっている場合は、見たい場所に応じて「みなとぶらりチケット」「市バス&市営地下鉄一日乗車券」「みなとみらい線一日乗車券」をそれぞれ使い分けていきましょう。

みなとぶらりチケット

ベイエリアのみバス・地下鉄の1日乗車が可能なチケットで、大人500円(子供250円)です。

一日乗車券に比べて100円安い上、かなり多彩な特典を受けることができるので、特にベイエリアの観光に比重をおきたい場合、みなとぶらりチケットの利用がお得です。

現行であればあかいくつ号、ベイサイドブルー号ともに路線の全区間をカバーしているので、それぞれのバスを使って観光する場合には併用が必須(お勧めの最上位)です。

 

 

市バス&市営地下鉄一日乗車券

バス一日乗車券、地下鉄一日乗車券、バス・地下鉄一日乗車券と、三種の一日乗車券があります。

バスのみが大人600円(子供300円)、地下鉄のみが大人740円(子供370円)、バス・地下鉄が大人830円(子供420円)です。

市営バス・市営地下鉄全線の定額利用が可能ですが、特に観光用の特典はありません。

横浜市内に転々と散っているスポットを、バス旅や街歩きに特化する形で利用するというような形での使用法がおすすめです。

 

 

みなとみらい線一日乗車券

みなとみらい線各駅の券売機で購入可能な、みなとみらい線一日定額乗車券です。

みなとみらい線の定額乗車の他、沿線の観光スポットやホテルで優待サービスが受けられます。

みなとみらい線の沿線で、例えばみなとみらい駅周辺(美術館をはじめ各種商業施設等)、日本大通り駅周辺(横浜三塔や象の鼻等)、元町中華街駅周辺(元町商店街・中華街・横浜山手観光等)等を重点的に見て回りたい場合には、お得なチケットとなります。

優待サービス的には、中華街での食事(重慶飯店等で1割引き)、観光遊覧船”ロイヤルウイング”乗船(3割引き)等を含めると、お得感が高まると思います。

料金は大人460円、子供230円です。

 

横浜1DAYきっぷ

京急が販売している、「お得きっぷ」の決定版のような切符です。

横浜からの乗車ということでもOKのようですが、京急線内のフリー区間が横浜・上大岡間で設定されているので、京急線を使う場合にはさらにお得となります。

フリー区間は、みなとみらい線全線、市営地下鉄の横浜・伊勢佐木長者町間、ベイエリアの市バス(ぶらりチケット区間にほぼ重複)、京急線の横浜・上大岡間です。市営地下鉄の上大岡・伊勢佐木長者町駅間は、途中下車不可ですが、両駅を結ぶ形での乗車は可能となっています。

価格は大人840円、子供420円。優待条件はみなとぶらりチケットみなとみらい線一日乗車券と同じです。

「ここだけは見ておきたい」スポットの他、一部ノープランを含んだ上でみなとみらい線・市バスを使ってゆっくりベイエリアを見たい場合には、マストのお得チケットといえるかもしれません。

 

 

各種観光バス

ベイサイドブルー

7月23日から運行が開始された、横浜駅東口と山下埠頭を結ぶ連結観光バスです。運行区間的にはほぼみなとみらい線と並走します。

路線がつい先日開通したてだということもあって、ニュース性といった観点からは、まさに今が旬の観光バスですね。

オススメ乗車スポット:山下埠頭行きであれば横浜駅東口バスターミナル地図)、横浜駅行きであれば中華街入口(中華街東門すぐそば)が乗車しやすいバス停です。

 

ぶらり三渓園バス

横浜駅前・桜木町駅前etcと三渓園を結ぶ観光バスです。現在、土日のみ運行されています。赤レンガ前を経由している現行のルートが、ベイサイドブルーの開設によって見直されるようです。

2020年7月現在のお勧め乗車スポット:桜木町駅前より先は、赤レンガ倉庫、中華街入口、山下公園前と、海沿いに乗車しやすいバス停が続きます。乗車位置よりは、土日祝日の日中に6便しか出ていないというダイヤの方に注意が必要です。

初めから狙って乗車するのでなければ、乗れたらラッキーといった感じですね。

三渓園の公式サイトでも、ぶらりバス以外のアクセス手段として、市バス8系統、148系統など、他系統のバスが紹介されています。

 

 

あかいくつ号

Cルート(中華街・元町ルート)、Mルート(みなとみらいルート)、二つの路線で構成されています。

2020年6月時点までであれば、おそらくはみなとみらい線沿線で最も有名な観光周遊バスだったのではないかと思われますが、2020年7月23日に連結観光バス・ベイサイドブルーが運航開始されたことによって、今後はそのあたりの事情ももしかすると変わってくるのかもしれません。

共に桜木町駅前を起点として、ざっくりですが、Cルートではみなとみらい線のみなとみらい駅・元町中華街駅間を、Mルートではみなとみらい線の新高島駅・馬車道駅間を、それぞれ巡回します。

運賃は大人一回220円ですが、巡回ルートには観光スポットが集中しているようなところがあるので、前記したみなとぶらりチケットとの併用がおすすめです。

2020年7月現在、それぞれのルートの抑えどころ:ルートの名前がそのまま「オススメ」につながります。みなとみらいをガッツリ見たい場合はMルート、中華街や元町をガッツリ見たい場合はCルートがオススメ。

特にCルートでは、バス停名がそのまま観光スポット名になっていることがほとんどなので、事前チェックしてからの乗車で満足度も高まることが期待できます。

 

 

スカイダック

スカイダックは水陸両用の観光バスです。海沿いを歩いている時、汽車道を歩いている時、日本丸メモリアルパーク付近にいるときなどに、しばしば「赤・白・青」三色の独特のバスを見かけることがあります。

他ならぬ、スカイダック号です。

海上で見かけることがあれば、道路を走っているところを見かけることもあるということで、大抵の場合注目の的になっていますが、乗っているのを見ていて楽しそうに見なんですよね。

観光ルートは水陸に渡り、水路では新港ふ頭を一周し、陸路では日本大通り・みなとみらい間を周遊します。

運賃は、大人3500円(子供1700円)です。

 

観光タクシー各種

オススメは「個人タクシー」観光

みなとみらい線沿線では、時間別、あるいはプラン別にタクシーを貸し切った、観光タクシーの利用もできます。

観光バスでの観光に比べて、より少人数かつ丁寧な観光が短時間で可能となるところが、観光タクシーの魅力ですね。

あまり時間がないが抑えどころはしっかり抑えておきたい、例えば小一時間~半日程度でそれっぽい場所を見れるだけ見て周りたいなどと言う場合には、有力な観光手段となります。

すごくざっくりですが、予算的には1時間5千円、2時間1万円、3時間1万5千円くらいを目安にして検討してみましょう。

各種観光バスと比較すると割高となってしまう上、観光タクシー業には複数のタクシー会社が参入しているため、あれもこれもと目移りしてしまいがちなのですが、料金以外にも抑えておきたいポイントは2点ほどあります。

固定プランに好みのものがあるかどうか、反対に観光プランに柔軟性があるかどうかです。

元プランがあったとしても、それが好みのものであり、かつ自分が見たいと思っていたスポットを軒並み取り上げてくれているのであれば問題ないのですが、そうではない場合、そこからどの程度融通か効きそうか、どの程度カスタマイズできるのかというあたりが肝になってきます。

そんな観点から、ここでは私的なオススメとして、個人タクシー協会の観光タクシーを挙げておきます。

プランや料金が初めから固定されているわけではなく、タクシーを時間で貸し切れるので、自分が見たいコースを中心に見て回れます。ドライバーにしても、公式サイトでは個人タクシーの地域認定ドライバーが紹介されているので、観光スポット巡りにはうってつけのお墨付きがなされていると考えて、ある程度間違いはないところでしょう。

 

「観光タクシー」選びのポイント

観光タクシーの選び方のコツ、ポイントとしては、ごく基本的なことなのですが、全てを相手任せにせずに「ここだけは見ておきたい」ポイントを前もって決めておくと、効率よく回れます。

みなとみらい線沿線の全てを見て回ろうとしたら、どれだけ効率よく回ったとしても恐らく2~3時間では不可能なので、その分を計画時点で引き締めておく必要があるわけです。

タクシー観光を利用する場合、ある程度自分でプランした上でタクシー会社に相談してみるという方法を取ると、ベストの観光が期待できるのではないかと思います。

例えば元町中華街エリア、特に山手地区については、このサイトでも結構多めに記事を用意しているので、何かの参考にしていただければ幸いです。

皆様に、良い横浜観光の時間がありますように・・・!

タイトルとURLをコピーしました