横浜街歩き

【横浜街歩き】さくら通り/カップヌードルミュージアムパークの春

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分36秒です。

【横浜街歩き】さくら通り/カップヌードルミュージアムパークの春

みなとみらい地区にあるランドマークタワー横のさくら通り、新港地区にあるカップヌードルミュージアムパークでは、4月の第一週から第二週にかけて桜が満開になっていました。

ということで、桜木町の駅前から、さくら通り、カップヌードルミュージアムパーク、順にお花見街歩きへ。

 

さくら通り

ランドマークタワー横付近からはじまり、インターコンチネンタルホテルとパシフィコ横浜付近まで伸びている「さくら通り」。

その名前のとおりに道沿いに桜が植えられているので、毎年春は道沿いがとても華やかになりますが、今年も4月の第一週から第二週にかけて、満開の見ごろになっていました。

ランドマーク横から。

日本丸横から。

道自体も桜並木も、みなとみらい大通りから海に向かう形で伸びています。

みなとみらいホール横から。

 

カップヌードルミュージアムパーク

さくら通りを歩き切った後、右手にある国際橋を渡ると、橋の左手にあるのがカップヌードルミュージアムパーク。

元々は新港パークと呼ばれていた公園ですが、2013年に横浜市がネーミングライツを日清食品HDへと売却、元々この地にあった「カップヌードルミュージアム」(正式名称:安藤百福発明記念館)の名前を冠した「カップヌードルミュージアムパーク」となりました。

ここもやはり、春は桜の見どころとなります。

カップヌードルミュージアムパークは海に面した桜の公園で、対岸にはインターコンチネンタルホテル、シーバス・湾内観光クルーザーの発着するぷかりさん橋が臨めます。

写真右下に見える、緑色の屋根を持つ小さい建物がぷかりさん橋です。

カップヌードルミュージアムパーク、公園内の様子。

 

アクセス

さくら通り

 

カップヌードルミュージアムパーク

 

【街歩き・小旅行】PC&スマホ、Googleマップの使い方入門