【横浜街歩き/元町・中華街エリア】三渓園の秋 その2 外苑地区(再掲)

みなとみらい線沿線の四季

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分36秒です。

【横浜街歩き/元町・中華街エリア】三渓園の秋 その2 外苑地区(再掲)

秋の三渓園、内苑地区に続いて外苑地区の様子をご紹介します。

(2018年秋に掲載した記事を、分割して再掲しました)

【横浜街歩き/元町・中華街エリア】三渓園の秋 その1 内苑地区(再掲)
【横浜街歩き/元町・中華街エリア】三渓園の秋 その1 内苑地区(再掲) 気がつけば秋もそろそろ終わりですねということで、晩秋の三渓園まで。 横浜中心部で季節を感じたいなんて時に外せないスポットの一つである三渓園は、明治39年(190...

 

外苑地区

三重塔

三渓園のシンボルである三重塔(1457年建築、1914年に三渓園へ移築)へは、三渓記念館傍に道があります。

階段の先に二手に分かれた道の左側へ進むと三重塔方面です。

右側に進むと展望台である松風閣へつながる道ですが、

現在松風閣は老朽化により閉鎖中で、三重塔の見学のみ可能です。⠀

松風閣からは、臨海部の工業地帯の様子を展望することが出来ます(2017年撮影)。

三重塔手前には「出世観音」という、なにやらおめでたい名前の観音様も置いてあります。

三重塔へ。

付近からの景観も抜群です。

 

初音茶屋

順路を回って三重塔付近を通過すると、お茶屋さんが続くエリアに入ります。

以降に「三渓園らしい」風景と共に続くのは、かつて無料のお茶がふるまわれていたという初音茶屋など、史跡として遺された部分にもそれが反映されている形の一帯です。

 

旧東慶寺仏殿/矢箆原家住宅

初音茶屋から橋を渡って奥に進むと

東慶寺仏殿と矢箆原家住宅があります。

北鎌倉にあるかつての”縁切寺”、東慶寺の仏殿は、1907年=明治40年に三渓園に移築されました。

その隣にある旧矢箆原(やのはら)家住宅は、合掌造りの住宅です。

ダム建設によって一帯の水没が決まった昭和の半ば、三渓園へと移築されました。施設内の重要文化財の中では唯一内部見学が可能で、ボランティアスタッフの方が案内してくれます。

一階には今でも薪がくべられた囲炉裏(矢箆原家の居住空間)や水場、夫妻の寝室や応接間のような私的な空間と、来客用の書院造で作られた部屋等が大体半々で作られています。

割と急な階段を上って進む二階(屋根裏)は、かつて養蚕のために使われていた空間で、現在は矢箆原家で使われていた農具の他、養蚕のための道具が展示されています。⠀

正門方面へ

ぐるっと一周周った後、お茶屋さんである待春軒を過ぎると、

すぐ隣には燈明寺本堂

大池にかかる観心橋を過ぎると、

ほどなく、スタート地点である正門付近に到着します。

 

アクセス・開園情報

開園期間 12月29日~31日までを除く9時~17時(最終入園16:30)
アクセス 公式サイトに詳しい経路案内があります
入園料 大人(中学生以上)700円、子供200円
割引制度 前売り券と20名以上の団体は100円引き
回数券/年間パスポート 回数券は大人:5枚3000円、子供:5枚500円。
年間パスポート:1年間2500円
駐車場 最初の2時間500円、以降30分毎100円。当日最大1000円。

 

タイトルとURLをコピーしました