【横浜街歩き/元町中華街エリア】横浜山手の歩き方 その3 元町中華街駅から

元町・中華街エリア

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分47秒です。

【横浜街歩き/元町中華街エリア】横浜山手の歩き方 その3 元町中華街駅から

0.元町中華街駅(元町口)周辺環境

元町中華街駅前(元町口)は、石川町駅前(元町口)と一本の道で結ばれています。

一本の道は、元町の交差点を境として、元町商店街=元町ショッピングストリート石川商店街=アイキャナルストリートと名前を変えていますが、元町中華街寄りにあるのが元町商店街、石川町寄りにあるのがアイキャナルストリートだということで、地理的には本町四丁目交差点を挟んだ馬車道と万国橋通りの関係みたいなものですね。

もう少し言うと、元町商店街に並走する元町仲通り沿いにも商店街(元町クラフトマンシップ・ストリートの一部)があります。一方で石川町駅前から伸びるアイキャナルストリートの隣にはリセンヌ小径という商店街がありますが、アイキャナルストリートやリセンヌ小径含む石川町駅周辺の商店街は、ひらがな商店街とも呼ばれています。

“クラフトマン”には商人を意味する含みがあり(本来の意味合いとしては、職人等を指す言葉です)、「リセンヌ」はフランス語で「女学生」を意味します。早くから多くの商人が活動し、かつ今日の女子校の走りとなった学校(フェリス和英女学校横浜紅蘭女学校など)があった地域だということで、その名はいずれも開港期以来の由緒から取られています。

今回の記事では元町中華街駅前スタートのルートをまとめていますが、石川町駅・元町口から山手本通りへ向かい、港の見える丘公園で「山手本通り歩き」を切り上げるのであれば、上記した商店街(元町商店街、元町仲通り、リセンヌ小径、アイキャナルストリートのいずれか)を抜けて石川町方面へと向かうのが最短ルートです。

例えば元町商店街にもアイキャナルストリートにも、ちょっとお茶をしたい程度であれば結構な数のお店があります。その上で中華街(カフェ等中華料理)についても徒歩圏内だということで、しっかり食べたい場合についても然り、お店探しに困るようなことはあまりないでしょう。

前もって「どのお店で最後お茶しようか」「どのお店で食べて帰って来ようか」というあたりを、前記した公式サイトや食べログ等で見繕っておいても楽しいですよね。

ちなみに、これまでに筆者=サイト管理人=私が個人で訪問したみなとみらい線沿線のお店については、ぼちぼちインスタでアップしたり、このサイトで記事にしたりもしています。まだほとんど挙げられていないのが難点でもあるのですが、今後も機会があれば記事化しようと思っています。

 

1.元町中華街駅から山手本通りへ -コース概要-

山手の高台に通された山手本通り自体が、およそ元町商店街と石川商店街に並行するように走る通りなので、元町中華街駅から山手本通り歩きをスタートさせる場合、コースが石川町駅側から山手本通りを歩く場合の真逆になります。

詳細は、下記「4.港の見える丘公園スタート・山手本通り歩き」の項をご参照ください。

石川町側から山手本通りを歩く場合はイタリア山庭園から入って港の見える丘公園へと向かいましたが、元町中華街側から入る場合は、反対に港の見える丘公園から入ってイタリア山庭園を目指すルートが最も効率よく回れるルートです。

今回はこのコースの中で、コースの概要の他、スタート地点の港の見える丘公園(周辺含む)の他、元町中華街への帰り道ルートについてまとめます。

厳密には外国人墓地の横に出た時点で山手本通り歩きは始まっているのですが、「街歩き」的には、次項でまとめる「アメリカ山公園」か、さらにその次の項でまとめる港の見える丘公園がスタート地点です。

2.アメリカ山公園へ

一番近く、かつ少ない労力で山手本通りへと進めるのは、やはりアメリカ山公園経由で山手エリアへ上るルートです。

【横浜街歩き/元町中華街エリア】アメリカ山公園
【横浜街歩き/元町中華街エリア】アメリカ山公園 アメリカ山公園 元町中華街駅の改札奥にあるエスカレーター、もしくはエレベーターで屋上階まであがったところに位置する公園がアメリカ山公園です。 元町中華街駅下車後、山手本通り方面に出た...

駅改札を出た後向かって右側へ進むと、エレベーターとエスカレーターが用意されているので、そのまま屋上階へ。すぐそこがアメリカ山公園となっているので、あとは公園出口へ向かい、出口を出た後は道なりに進むと、坂を上りきったところが山手本通りです。

坂道の途中には、横浜地方気象台もあります(2020年8月現在、新型コロナウイルス感染症対策のため、一般見学は中止されています)。坂道を登り切ったすぐ右手にあるのが外国人墓地です。

もちろん、谷戸坂やフランス山から上ってもいいのですが、お勧めとしてはアメリカ山公園経由を推しておきます。というのも、谷戸坂やフランス山がどうだということではなく、アメリカ山公園の雰囲気自体が、割と山手本通り沿いの公園や西洋館と相性が良いものだと思えるからで、ここで5分程度でもゆっくりしてから山手本通り歩きに本腰を入れると、結構気分良く歩けるのでは?とも思えてくるためです。

 

3.港の見える丘公園エリアの歩き方

山手本通りへ出た後、外国人墓地の前からということで計算すると、港の見える丘公園まではぱっと見で100メートル程度ではないでしょうか。なんて感じに見えるのですが、Googleマップでも、大体その程度の距離が出ています。

アメリカ山公園出口前から始まる坂を上りきった地点からでも、港の見える丘公園入り口が目視できるので、歩いたとしてもあっという間の距離ですが、元町中華街発の山手本通り歩きの場合、山手本通り沿いの起点となるのが「丘公園」こと港の見える丘公園です。

ちょっとした通過点にしようと思えばその程度の寄り方ももちろん出来ます(それでなんとなく公園に寄った気分になれてしまいます)が、しっかり見ようと思えば、割とボリュームのある公園でもあります。

西洋館が二館(横浜市イギリス館山手111番館)、文学館が二館(大佛次郎記念館神奈川近代文学館)あるので、この4か所を回るだけでも結構な見ごたえがあリますが、そもそも公園敷地内の結構な部分が花壇となっていて、かつ公園内には喫茶店(山手111番館地下・”cafe the rose”)やホテル・レストラン(KKRポートヒル横浜)もあります。

「港の見える丘」への坂道部分が公園化されているという点も一応触れておくべきポイントですね。

公園内をぐるっと見て回る場合、例えば、正面の入り口から入った上で、まずは展望台を目指す、その上でローズガーデンからイギリス館へ、イギリス館見学後はローズガーデンから香りの庭へ、そこからバスのロータリー方向を目指して山手111番館へ、山手111番館を見学後はバラとカスケードの庭へというように、ちょっとジグザグに歩いていく形になるかもしれませんが、2館の西洋館は、休館日(年末年始のほか、イギリス館は毎月第四水曜日、111番館は毎月第二水曜日)以外であれば、一館あたり20分程度計算で見学を含めておきたいところです。

 

4.港の見える丘公園スタート・山手本通り歩き

コースの概要については石川町駅からの山手本通り歩きを、ゴールからスタートへ進むという逆方向に読む形で参照していただければと思うのですが、中継点と最終目的地をざっくりまとめると、以下のようになります。

港の見える丘公園エリア

↓ (1)外国人墓地アメリカ山公園等経由

元町公園エリア

↓ (2)カトリック山手教会山手公園等経由

イタリア山庭園

↓  ※元町中華街駅へ(次項参照)

 

石川町駅前スタートの時との違いは、山手本通りを歩き始めてしばらくは見どころ満載のエリアを通過しますが、元町公園をすぎたあたりから徐々に、やがてカトリック山手教会、山手公園入り口付近を過ぎると本格的に、通り沿いが住宅街然としてくるようになる点です。

駅から割とすぐのところにある最初の見どころ=イタリア山庭園をスタートした後しばらく住宅街の中を抜け、徐々に見所が増えてくるという石川町駅前スタートの場合の、正反対の道沿い風景が用意されています。

 

5.再び元町中華街エリアへ

山手本通りを端まで歩いて、再び元町中華街の駅前まで戻ってくるルートについても、石川町駅発の山手本通り歩き同様、いく通りかのルートがあります。

1.イタリア山庭園の側から、乙女坂地蔵坂と下りるか、小坂から下るか、大丸谷坂を下りるかというコースで、石川町の駅前から元町中華街駅前を目指すルート

2.山手本通りをフェリス女学院(中学・高校)校門手前まで歩き、フェリス坂を下って元町交差点傍に出て、元町商店街を歩いて元町中華街駅を目指すルート

3.外国人墓地の端、アメリカ山公園の手前に通された見尻坂を下った後、元町商店街を歩いて元町中華街駅を目指すルート

4.「3」のルートで見尻坂を下らずにそのまま直進、アメリカ山公園から元町中華街駅改札前に出るルート

5.山手本通りを端まで歩き、港の見える丘公園前から始まる谷戸坂を歩いて下るか、あるいは公園に入り、公園内のフランス山地区を下って元町中華街駅前に向かうルート

という、大雑把に上記5つのルートが考えられますが、帰り道についても、石川町駅前発のルートのほぼ真逆を通ります。

帰り道を「帰り道」として捉えるのであれば最短コースの山手本通り往復が、そこに遊び心を追加するのであれば、大丸谷坂で降りてアイキャナルストリート・元町商店街と歩くコースが、それぞれオススメです。そのほかのコースについても、結局は「どこまで山手本通りを歩いて進むか」という気分で決めてしまうのがベストかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました