【blog】読書は「一回こっきり」派?それとも「何度でも」派?

コラム/エッセイ

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分12秒です。

【blog/私見・所感】読書は「一回こっきり」派?それとも「何度でも」派?

本の読み方って、大きく二通りあると思うんです。

初読のインパクト重視で同じ本は二度は読まない、次から次へと新しい本を読んでいく(その代わり一発目を丁寧に読む)という読み方と、一発目は斜め読み、その代わり気に入った本を何度も何度も読む、というような読み方と。

完璧にどっちだとは言い切れなかったとしても、「なんとなくどっち寄りだ」という程度の偏りは出来てくるんじゃないかな、って思ったりします。個人的には割と昔は前者寄りだったんですが、このところ後者に偏りつつあるかな、なんて気がしてきています。

これまでってあまり「読み方」自体を意識する機会も少なかったんですが、最近は意図してそんな感じの偏りを作っています。

というのも、確か2~3年前だったと思いますが、「今でしょ!」の林修先生の本にはまったことがあって、何冊かたて続けに一気読みしたことがあったんですが、その中に「本の読み方」をテーマとした一節(章だったかな?)があったんです。

そこに林修先生は「気に入った本を何度も繰り返し読む」派だ、ってことが書かれていたんですね。

曰く、好きな本は何度読み返したとしても味わえる、読み返す度違った見え方をすることがある(新たなひらめきを得ることもある)、総じて、読めば読むほど勉強になるといったあたりがその根拠だったように記憶しています(もしかしたら微妙に違っているかもしれませんが、個人的にはそんな形で納得しました)。

これは「一度読んでも二度読んでも、本に書いてあることは同じだろう」としか思えなかった当時の僕からすると、結構なインパクトを持つ主張でした。「気に入ったパートを繰り返し読みたくなる」とかならわかるんですが、かつてとは見え方が変わり、なおかつ「新たな学びがある」とまで言われると半信半疑でもありました。

ただ、その主張にすごく考えさせられたんですね。

それが教科書参考書の類か、あるいは歴史小説等で感動を反芻したいというような場合であればわからなくもない気がするけど、それ以外の本でもそういう読み方・・・する? みたいな感じで。

で、騙されたと思って一度読んだ本を割とガッツリもう一度読んでみたところ、林先生のおっしゃる通りでした。

確かに、自分に合わない本というのは、どれだけ偉い先生・有名な作家さんが書いていて、どれだけ評判のいい本だったとしても、とにかく合わないものです。

反対に、自分との相性がいい本って、著者の地位や知名度の如何によらず、何度読み返しても自分の中にしみこんでくるような内容を持っていたりすることがままあります。

やたらめったら乱読して刺激を欲する、知識を欲するなんて姿勢でいるよりは、これから探すにせよ、二度目三度目読書を進めるにせよ、「好きな本」を大切にしていくというとらえ方が有益なんだよという「教え」は、かなりありがたいものでした。

今後も、より良い知識収集法みたいなものを目指して読書法一つにしても改善していけたら、なんて思っています。

タイトルとURLをコピーしました