ポケモンGO

【ポケモンGO】相棒チェンジの時

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分44秒です。

【ポケモンGO】相棒チェンジの時

目標としていたあめ100個をゲットし、次の「あめ集め」に入るタイミングが来たということで、長い事の相棒だったフタチマル君とのお別れの時がやってきてしまいました。

「あめ」はポケモンを進化させるのに必要なアイテムで、一緒に歩いた一定距離ごとに一つもらえるシステムになっています。

「何キロ歩くとあめを一つもらえるのか」はポケモンごとに異なりますが、フタチマルの場合は3キロごとに一つもらえるので、単純計算するとフタチマルを相棒にして以来300キロを歩いた計算です。

実際にはGPSの位置情報のズレなどでゲーム中のトレーナーが誤作動を起こしたり、イベントがあるとあめをもらえる距離が短くなったりするので、まんま300キロではないのですが、それでも結構な時間をともにしたことだけは確かです。

途中、中断期間も挟みましたしね。

当初は「あめ100個集めたら即相棒チェンジ!」みたいなつもりでいたのですが、100個のラインが近づいてくると同時に近づいてきたのが「最高の相棒」の勲章。

ならせっかくだからということで「最高の相棒」ラインも目指すことにした、そのラインもとうとうクリアしてしまったということで、いよいよその時が来てしまったわけです。

胸に勲章を付けてドヤるフタチマルくん。「最高の相棒」のみに許された勲章は「がんばリボン」です。

とはいえ、このフタチマル君は進化させずにそのまま残すことにしたので、今回はしばしのお別れといった感じです。

また相棒にしたくなったらいつでもチェンジできるところに控えていてくれるので、今は「お疲れ!」といったところ。

で、早速次のパートナー選びです。

当初予定していたポケモン、いるにはいたのですが(ヒトモシトゲピーなど)、どうにもしっくりこない。

元々「あめ」が主目的の部分もあるとなると、やっぱりどうしてもめったに手に入らないポケモン、かつあめもほとんどもっていないポケモンのあめこそほしくなって来るんですよ。

そもそも並み居る他候補ポケモンを押しのけて、フタチマル君が初代相棒になったのも、結局はそこが原因でした。

ということで、次の相棒です。ゴチムちゃんにしました。

手持ちのあめがほぼゼロ状態からのスタートで100個を目指すという、フタチマル君とほぼ同程度の長いお付き合いになりそうです。